« 昭和の歴史 | トップページ | セントラルパーク »

Commerce

早いものでもう去年になってしまうのですが、

久しぶりにリストに載せれるようなレストランに出会いました。

West VillageにあるCOMMERCEというお店です。

禁酒法時代にspeakeasyだったとこだそうなのですが、

とてもWest Villageらしい建物に囲まれて、まさしく隠されたような所にあるレストランです。

シェフのMooreさんは、最初に働いたDanielさんからおよそ3年に渡り学び、

その後Jean-George,Mercer,Montrachetと錚々たるレストランで修行を積み、

昨年春に自身のお店をオープンさせました。

レストランタイプとしてはアメリカンと言われてますが、

フレンチ、イタリアン、タイなども組み合わせたmenu構成です。

この店を紹介してくれたのが友達のRichard。

この人も何やってるかわからないような不思議な人なんですが、

どうしたことか色んなところに顔がきくんですよ。

我々が行くと知ったら連絡しておいてくれたみたいで、

そのMooreさんがご挨拶に来てくれ、お話しすることが出来ました。

とても落ち着いた紳士で、安心してお任せできるような方でした。

サービスは気取った感じはなく、とてもフレンドリー。

Runnerのアジア系の方が非常にいい動きをしていました。

肝心のお料理なのですが、これまたいいのです。

マッシュルームのラビオリ、子牛のレバー、Colorado Lambは絶品。

本当に久しぶりに美味しいLambを頂きました。Mooreさんのはからいで、

我々が頼んだ品数よりはるかに多い料理が出てきてしまい、

最後にはとても大変なことになってしまったのですが、

それでも次の日も行きたくなるほどでした。

あと忘れちゃいけないのが、自慢のBreadです。

全てin houseで作っていて、Breadとチーズだけでも十分満足のお味です。

お店の人に聞いて、持ち帰ったほうがいいです。

私はお腹が膨れ過ぎて、持ち帰りをすっかり忘れてました。

明日にでもBreadとLambだけ食べに行きたい気分です。

http://www.commercerestaurant.com/

|

« 昭和の歴史 | トップページ | セントラルパーク »

Dining」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Commerce:

« 昭和の歴史 | トップページ | セントラルパーク »