« 東京ソナタ | トップページ | 喉が・・・ »

Keens Steakhouse

久しぶりにニクニクしい美味しいステーキを食べてきました。

マンハッタンに数あるステーキハウスの中で、私のお気に入りはKeens Steakhouseです。

Peter Luger, Sparks, Wolfgangなどの有名なお店を差し置いて何を!という方もいるかもしれませんが、

ここにもちゃんとレジェンドはあります。アメリカの歴史もあります。もちろん、美味しいお肉といいサービスも。

私の大好きなピカピカも古いレストランなのにも関わらずちゃんとありますし、

積み重ねられたレストランならではの暖かさ、これまた私の好みの隠れ家のような特別感。

数年前になりますが、一度パーティーを企画したことがあり、

それ以来ステーキというとここに来るようになりました。

お店のDecorはいわゆるOld Fashion Steakhouseで、全米最大のChurchwarden pipesのコレクションが店内全てに展示してあります。

1885年の開店以来、Teddy Roosevelt, Babe Ruth, Will Rogers, Albert Einstein, J.P. Morgan,

General Douglas MacArthur 等の各界著名人が多く訪れる隠れた名店なのです。

Mutton ChopをNYで初めてサーブしたお店ということもあり、

今でも尚、このお店のLegendary MenuはこのMutton Chopで、

とてつもない大きさの”もの”が皿にのってきます。

日本人はギャートルズ、アメリカン人はFlint Stoneと思わず口にしてしまいます。

丁度いいサイズってことになるとFilet Mignonぐらいになると思いますが、

SirloinやT-Boneサイズが大きいからといって、決して味が悪いわけではありません。

ステーキハウスの例に漏れず、ここもとても賑やかですので、

小さなお子さん連れの方にはお薦めできないかもしれません。

でも、ここを知ってると少しは自慢できるかもしれませんよ。

一緒に行った玲子さんも大満足の様子でした。

|

« 東京ソナタ | トップページ | 喉が・・・ »

Dining」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Keens Steakhouse:

« 東京ソナタ | トップページ | 喉が・・・ »