« 歌舞伎 | トップページ | オオアメ »

masters

今日はヤスを饗屋に誘い出そうとおもっていたのですが、失敗に終わりました。

きみさんから連絡もらっていた鍋焼きうどんがどうしても食べたくて、

密かに計画してたんですけど、見事ゴルフの誘惑に負けてしまいました。

というのもですね、本日Final Roundが行われたMastersのせいなんですよ。

主役達が主役であることを忘れずに、また脇役と思われてた人達が主役になった、

大興奮のトーナメント最終日だったんです。

その興奮に付け込まれ鍋焼きうどんが負けてしまったんです。

きみちゃん、園さん、すみません。(もう鍋焼きうどんやってないかもですね)

ゴルフに興味のない人は全く訳の分からない話しだと思うのですが、

云わば年に4回ある大舞台なわけです。

その大舞台で優勝争いするってのはとても大変なプレッシャーなんですよ。

48歳のおじさんプレーヤーがタイガーウッズやフィルミケルソンを負かして、

史上最年長の優勝者になるかもしれない、

日本代表の片山晋吾が優勝争いに食い込むかもしれない、

史上タイの7打差からの逆転優勝を成し遂げるかもしれない、

等などドラマはたくさん仕込まれていたんです。

ドラマはそれぞれの18ホール全てにありました。

タイガーの18ホール、ミケルソンの18ホール、ケニーペリーの18ホール。

観てる我々が疲れてしまうほどに、彼らが見せてくれたドラマが感動的だったんですよね。

家族の思いがあったり、コーチとの絆があったり、大会へのこだわりがあったりと、

とても私のしがない言葉では言い表せないほどの気持ちが、そこにはあったんだと思います。

優勝したのはカブレラというアルゼンチンの選手です。

アルゼンチンの選手としては二人目のグリーンジャケットを手に入れたわけです。

昨年は南アフリカ出身の選手、今年はアルゼンチンと本当に誰が勝つか分からないのが、

年に4度の大舞台なんですね。次はNYで行われる全米オープン。今からドキドキしてます。

先日行ったRiviera Country Clubのキャディーさんが言ってたのですが、

ゴルフほど集中力を持続しなければいけないタフなスポーツはないそうなんです。

そういわれれば、他のスポーツで4時間を越える試合時間って有得ないですよね。

ゴルフの場合、最短でも4時間はかかります。それだけ、ドラマが起こりやすいんでしょうね。

4時間集中力を持続させるって・・・私には到底無理な話です。

|

« 歌舞伎 | トップページ | オオアメ »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: masters:

« 歌舞伎 | トップページ | オオアメ »