« L’Atelier de Joël Robuchon | トップページ | 歌舞伎 »

Matsugen 松玄

NYでもようやく桜が咲きました。

一年の中で一番嬉しい季節です。冬が長いだけに、春になると異常にワクワクします。

しかも桜好きなだけに、どうにもたまらない季節です。

そのせいかどうかは定かではないですが、本日のタイム55:27。

何かの間違いじゃないのかと何度も時計をみてしまいましたが、今季最高タイム更新。

途中で偶然すれ違ったお友達のアキラさんの45:00目指して頑張ります。

でもこのまま行ったら本当に11月には・・・勘違いしないように気をつけないといけません。

桜も好きなのですが、蕎麦も大好きなのです。

NYでこれだけ日本のものが手に入れることができるようになっても、

これだけ本格的な日本料理を食べれるようになっても、

日本で食べるような、うなぎと蕎麦とうどんだけはどうしても食べれない。

まぁNYなんだから仕方がないのです。それは十分承知してるのですが、

たまにどうしても食べたくなる時があるんですよね。

美味しいうなぎ屋が出来ないのは残念ながらわかるような気がします。

うどん屋さんは、鶴松くんのお母様からの紹介で”おめん”によくうかがわせてもらってます。

京都本店とほぼ同じうどんが味わえます。

それで蕎麦なのですが、さすがに砂場や藪で出てくるようなお蕎麦は望めませんが、

ここ数年で本むら庵(すでにないですが)から始まり、手打ちの蕎麦を出してくれるお店が増えました。

どこが美味しい、どこのつゆがどうだとか言うつもりは全くありませんし、

どこの蕎麦も好きでよく食べにいかせてもらってます。

もうだいぶ前になってしまいますが、松玄にも行ってみました。

ヤスと一緒だったので、日本からいらしてた松下さんを紹介してもらい、

お話しを伺うことが出来、久しぶりに美味しい鴨南蛮が食べれたので、生意気にも感想をお伝えすると、

私にとっては非常に嬉しい言葉が帰ってきのです。

日本とNYじゃ水も違うし仕方ないかなと、何かが物足りないと思いつつも納得しようとしてたんですが、

松玄さんではそこをちゃんと気にしてくれてました。

それが何かを私が偉そうに紹介するわけにもいきませんので、

是非一度試して下さい。鴨南蛮、美味しいです。

|

« L’Atelier de Joël Robuchon | トップページ | 歌舞伎 »

Dining」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Matsugen 松玄:

« L’Atelier de Joël Robuchon | トップページ | 歌舞伎 »