« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ZENKICHI

オリンピックも遂に終わってしまいましたね。たくさんの感動と共に元気をもらいました。

本当にこの”オリンピック”というものを始めた人は凄いと思います。

こんなに素晴らしい祭典が、この世に存在することに感謝です。

一つだけ我侭を言えば、この国で観る限り無理な話ではあるのですが、

もう少しアメリカ人が活躍しそうもない種目も中継して欲しいですね。

さきほど閉会式を前に、今回のオリンピックのダイジェストをやっていたのですが、

フィギアスケートのところなんか、金メダルのキム・ユナ、銅メダルのロシェルだけ紹介して、

銀メダルの真央ちゃんのことは全く触れず。映像もなしですよ。

いくらなんでも金と銅を流して、銀の真央ちゃんを(しつこい?)ながさないなんて、酷すぎますよね。

まぁ、アメリカ人にしてみたら興味が全くないことだからカットなんだと思いますが、

あまりのあからさまさにちょっとへこんでしまいました。

先日のAdachi Family Partyの時に久しぶりにブルックリンのBedfordに行ったのですが、

その時にZENKICHIによってみました。

以前あった、LAN Restaurantの秋山シェフが週に何度かアドバイザーという事でお手伝いをしていると聞き、

お邪魔させてもらうことにしました。

Modern Japanese Brasserieということで、店内は全てが半個室のような作りになっていて、

いかにもBedfordあたりのお店のような”いい感じ”の雰囲気になっています。

写真を撮ったのですが、店内の照明が暗くて全く何がなんだかわからないのでアップしないでおきます。

もちろんのことお食事も美味しく、サービスも素敵でした。

ブルックリン価格でとてもお手軽な感じの値段設定ですし、日本酒のリストがとても豊富なので、

それこそ”一杯ひっかけて”から周りの遊び場に行けるような感じです。

地下鉄でマンハッタンから一駅という便利さも魅力的ですよね。

たまにはBedfordを楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛吹雪

またしても吹雪です。しかも猛吹雪です。

チョビ執事を始めたのが、ちょうど一年ぐらい前でしょうか。

これまでの執事経験の中でも、一番大変な気象状況になってます。

初日から吹雪でしたからね。大雨があって今度は猛吹雪。

でも、気象条件が悪くなればなるほどチョビはテンションがあがります。

Img_07561
やっぱりハスキーってタフなんですね。

それにしても凄い吹雪です。The Weather Chによりますと、

今夜の積雪は2to3 inches per hour and wind gusts up to 45mphなんだそうです。

明日の朝にはどれだけ積もってるのでしょう・・・恐ろしい・・・

今日濡れてしまったコートや靴が乾いてくれることを願うばかりです。

それにしても、忙しい。なんでこんな天気なのに忙しくなるんでしょう。

チョビの散歩時間に合わせるっていうこともあるのだと思いますが、とっても時間が足りません。

早く美味しいお酒が飲みたいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊婦さん

いよいよ、冬季オリンピックのプレミアムイベントの一つである、女子フィギュアスケートが始まりました。

真央ちゃんもキム・ヨナさんも、素晴らしい演技でしたね。カナダ代表のロシェットさんの涙にも感動でした。

トルコ人として初めてのオリンピック参加の選手も、アメリカ代表の長洲さんも、安藤さんも鈴木さんも、

とってもとっても素晴らしかったです。何もこんなに興奮しなくてもって感じですが、

なんとかチョビに相手してもらいながら釘付けでした。25日も楽しみです。待ち遠しいなあ・・・

Oai1002241311009p11

Oai1002241311009p20

いつも地下鉄に乗ってる時に考えてしまうことがあります。

それはですね、自分が座っていて、目の前に立った人が妊婦であるかどうか?ということなんです。

妊婦さんだったら、勿論の事、席を譲ってあげたい気持ちになりますが、

なんせNYにいる女性は年齢関係なく、妊婦なんだかただ単に太ってるだけなのか、

分からない人が多いのですよね。妊婦じゃないのに席を譲るのが嫌なのではなくて、

妊婦でない人に”妊婦さんはどうぞ座って下さい”っていうのも、失礼な話かな?と。

地下鉄に乗って普段はあまり座りたいとは思わないのですが、

たまたま乗った時には空いてて思わず座ってしまったら、だんだん混んできちゃって、

ああ、目の前にはお腹の膨らんでる女性が・・・どうしよう・・・?って感じなんですよ。

特に冬だからコートとか着てると尚更わからないんですよね。

今日だけでも、3回ぐらいそういう場面に遭遇しました。

もうそんなの考えながら地下鉄乗るの面倒だから、これからずっと立ってようかと思ってます。

すみません、こんなくだらない話で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

missing person

ずっと天気がよかったのですが、今は雨が降ってます。

明日も明後日も雨の予報がでてました。

雪と雨、どっちがいいのですかね?チョビと一緒なら雪ですが、一人だったらもう雨がいいですね。

2月も終わりかけてるので、もう雪はいいかなって感じです。

チョビとの散歩中こんな張り紙をよく見かけます。

New

このような張り紙って今まで「ペットがいなくなって探してます」っていうのが多いので、

このようなMissing Personっていうのは滅多に見かけません。

ニュースでやってましたが、最後に会った人がご近所のにいちゃんなのだそうですが、

そのにいちゃんは知らぬ存ぜぬで、お母さんは涙ながらに「何か知ってたら言って欲しい・・・」って。

そのにいちゃんが犯人って決まった訳でもないけど、とっても疑わしき映されかたをしてました。

今、滞在してるところの近くで起こってる事だけに、とても気がかりな出来事です。

身近な人が突然姿を消すって、考えただけでも恐ろしいです。

何か理由があってならともかく、突然に訳も分からなく忽然と消えてしまう。

ご家族の方々は毎日居た堪れないでしょうね。一日も早く無事が確認されることを祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

moving party of adachi family

このところとっても天気のいい日が続いていて、チョビとの散歩も気持ちよくて楽しいです。

このままずっといい天気が続いてくれることを願いますね。

先週の有働さんに続き、今週はAdachi Familyの送別会がありました。

昔から長くNYにいる友達の一人なんですよね。また一人NYを去り帰国します。

彼は私と同じ歳。素敵な奥さんと可愛い子供達に囲まれて、もちろん仕事もプロとして素晴らしい実績のある人です。

同じ歳でこうまで違うか・・・?と、真剣に頭を抱えてしまうぐら、彼の生き方はかっこがいいのですよ。

友達でいれてよかったと思えるような人なんです。

その彼が諸事情により帰国してしまうことに。また寂しくなっちゃいそうな気分だったのですが、

彼と彼の家族が新たな旅立ちを楽しみにしてる姿をみてるうちに、とても刺激を受けることになりました。

この時代、世界中どこにいても簡単に連絡とれるし、一昔前は夢のようだったテレビ電話もできますしね。

私のホームページもデザインしてくれて、個人的にはまだまだアドバイスが必要なので、

これからも連絡することになるとは思うのですが、Moving Partyなんてあるとやっぱり寂しいですね。

でもですね、一番驚きなのはですね、もともと付き合いも幅広く、後輩の面倒見もいい人なので、

人望があついのは分かっていたのですが、昨日集まった人の多さには本当に驚きました。

彼と彼の家族の為にこれだけの人が集まって、あれほどのパーティーが開かれるなんて、

その場所にいるだけで涙出る思いでした。としくんここにあり!ですよ。

こんなに凄い足跡を残してるんですね。私のパーティーには絶対こんなに人は集まってくれないです。

それに、人が多いだけじゃなくて、勿論、世界で、NYで一線で活躍してる人達ばかりなんです。

一流の人には一流の人が集まるのですね。

Img_07161

Img_07251

Img_07341  

Img_07291

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dish Washer

連日、オリンピック観てますが、選手の表情には心打たれますね。

メダルをとって嬉し泣きしてる人も、メダルを逃して悔し泣きしてる人も、

そのコーチや家族、関わる大勢の人達、そのみんなの思いがその表情に現れてるように思います。

オリンピックって、やっぱり素晴らしいんですね。

話題の国母くんも、もう少し大人になってくれたらよかったのにね。

彼の格好やポリシーを否定するつもりはないですけど、”チェッ!うるせーな!”はよくないですよ。

そんなこと言われるのは分かってるはずじゃないですか。

言われたくなかったら出なきゃいいのに・・・って思うのは私だけでしょうか?

知名度が上がれば注目されるし、注目されればいらぬことまでも書き立てられる。

顔さされるのが嫌なら、余計なこと言われるのが嫌ならやらなきゃいいんですよ。

うるせーなって言っちゃダメですよね。正しい事してる訳じゃないんだから。

って小言はどうでもいいのですが、タイトルのディッシュウォッシャーなんですけど。

こんな私的な事を言ってもいいのかどうか心配してしまいますが、この度初めてディッシュウォッシャーを使ってみました。

勿論、今までも見たこともあれば、使ってるところも見ています。

でも残念ながら、ディッシュウォッシャーが付いてるアパートになんて住んだことがない私は、

実際に自分が使った食器を、自分の手でディッシュウォッシャーに入れて作動させたことがなかったのですよ。

人のお家にお邪魔してるので、そんなに料理ってしてる訳じゃないのですが、

ちょっと試しに使ってみようと思って、いけないことだけど洗い物をためてみたんです。

そんで、一気にディッシュウォッシャーの中に。

使い方を事前に教えておいてもらったので、緊張しながらスイッチオン。

おお!!動きだした!(って当たり前だけど)いちいち感激しながら、しばらく音だけ聞いて楽しんでました。

それがですよ、ある欲求がふつふつと沸いてきたんです。

”見たい!どうしても洗ってるところが見たい!”って、本気で思い出したんですよね。

ちなみに私、大竹しのぶさんと同じで、洗濯機がまわってるのも見たい方なんです。

どうにかして見れないもんかと思いあぐねいていましたが、ディッシュウォッシャーの場合、

どうやっても無理なんですよね。無理やり開けたらとんでもないことになるだろうし、

もともと安全面から絶対開かないだろうし、ここがガラス張りだったらなぁ・・・、

ガラス張りのって売ってないのかな??なんて、まんじりともせずに目の前で座っていました。

思いの他、終わるまでに時間がかかりチョビも巻き込んで座り込みしてましたが、

何が一番驚いたって、こんなにも綺麗になるもんなんですね。

前に聞いたことがあるのは、言ってるほど綺麗にならないから、結局自分で洗わないとダメなんだよっていうことだったのですが、

開けてみて本当にビックリでした。最初の期待感が低かったせいもあるのかもしれませんが、

想像を遥かに超える綺麗さでほんと驚きました。これは便利なものですね。

欲しい・・・

こんなにアメリカ生活長いのに、なんで使ったことがなかったんだろう・・・?

もっともっと頑張って、ディッシュウォッシャー付きの部屋に引っ越そうと、心に誓った日だったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっこプラス

こんにちは。

今日もチョビ様と仲良く暮らしております。

日に日に仲良さが増していってくれるといいのですが、仲良しさというよりも使われ方が上手くなってきてるように思います。

218_1

タイトルの”かっこブラス”なのですが、日本のテレビ番組はほとんど見ないのですが、

好きで見てるのが二つあります。”よゐこ部”と”飛び出せ科学くん”という番組です。

よゐこさんとココリコの田中さんがそれぞれやってる番組なのですが、

個人的にはとても好きな番組です。何が?ってきかれると上手く説明できないのですが、

強いて言えば、”心に響く”とでもいうのでしょうか、感動とか影響を受けるとかそんなんじゃなくて、

リラックスして楽しめる上に、色んな意味で為になるんですよね。

ん・・・何て言ったらいいのかな・・・??

とにかく、そんなに気張らなくても楽しめてためになりますよってことです。

で、そのよゐこ部でこの半年間続けてきたのが”よゐこちゃんバンド”という、

ブラスバンドを基本としてパフォーマンスをするグループなんです。

正確には”かっこブラス”とは言いませんが、よゐこ部曰くでかっこいいブラスバンドってことらしいです。

最近始まったものではなくて、NYでは地下鉄駅のいたるところでパフォーマンスしてました。

今日出会ったバンドもその一つです。

Img_06901

ずっと以前にユニオンスクエアにいた人達とは違いますが、この人達もとっても楽しそうでした。

音楽がなんたるものかなんて偉そうなことは言うつもりは毛頭ございませんが、

演奏してる人も聞いてる人も楽しめるって、とっても素敵なことなんですね。

ほんの僅かな時間でしたが、通り過ぎる人達がみんな笑顔で過ぎて行ってました。

素敵な一瞬がそこにはあるんですね。ちょっと感激してしまいました。

おお!

チョビ様が唸りだしました。散歩の時間のようです。ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お留守番

昨日から、チョビの執事でブルックリンの玲子さんのアパートにいます。

仕事もしながらなので、PCと向かい合いながらチョビとといいますか、チョビに使われている中、

PCに向かわないといけないのですが、どうしてもプリントアウトしたい書類が添付されてきてしまいました。

そこで、ここのお家のプリンターを使わせてもらおうとドライバーをダウンロードして、

早速セットアップしてさぁ仕事と思っていたら、なんとこのセットアップに時間がかかるかかる。

まずは、WiFiのパスワードを玲子さんに確認しないといけない。なんとかすぐにメールで連絡がとれて、パスワードはOK。

次に起こったのが原因不明のプリンターが認識されない事態。

いくら泣いても喚いても、ここは遥かブルックリンって台詞はないけど、

うんともすんとも言わないのですよね。こんなことで折角楽しんでる玲子さんいいちいち聞くのも悪いし、

しかもプリンターのセットアップごときだし、何たることだ・・・

歳とともにこういうことも出来なくなっていくものなのでしょうか?

結構、長い時間費やしてますが、まだプリントアウト出来ません。

これじゃ明日自分のアパートに一旦帰ってやったほうが早いかもしれないです。

ああ~、なんと情けないことか。こんなの昔はすぐに出来たような気がするんだけどなぁ。

さっきまで付き合ってくれてたチョビは、もう爆睡してます。

Img_06781

| | コメント (0) | トラックバック (0)

送別会

このところいい天気が続いてます。

心地よく走れる感じではまだないですけど、お日様を気持ちよく浴びていれるのは有難いことです。

昨日は、花菱アチャコさん、NYC市長ブルーンバーグさん、ノリピー、JUJUの、そして忘れてはいけない玲子さんのお父上のお誕生日

世間一般的には、Valentaine's Dayでしたね。あとChinese NewYearでもありました。

そんな日に私達は、3月初旬で帰国してしまうお友達の送別会でした。

またしても友人が帰国します。今月末にも長くいた友達が帰国するのですが、

新しい門出を心から祝う気持ちはあるのですが、どこかしら寂しさが漂うのは否めません。

春に向けて、新たなチャレンジ。何かと刺激を受けそうな出来事です。

昨日は、みんなで会ったのも行ったお店も久しぶりで、送別会というよりも前回会った時から今日までの報告会のようでした。

Img_06641_3
電話やメールはいつもしてるのですが、こうして会って話すと一段と楽しいですね。

Img_06681_2
Momokawaの女将さんも一緒に。閉店時間をとうに過ぎてるのにすみません・・・

Img_06671_2
Momokawaでは帰国する方やNYを離れる方に、一言頂いてるのだそうです。
昨夜の主役も一筆書いてました。(何て書いてたかな?酔ってたんでよく覚えてないです・・・)

何かの変化を常に求めている此の頃。こういう変化に気付かないといけないのですね。

「気づき」の大切さ、「気づき」の幸せを思い出させてくれた一夜でした。

何はともかく、有美ちゃん頑張れ!!NYの仲間はいつも応援してるよ。今度は東京で会いましょう。

(そういうお前も頑張れ!です。ハイ、頑張ります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らない事

このところ、新たな海外イベントに向けて事前交渉を進めているのですが、

プロの翻訳家ではない私にとっては、難しい日本の文章を上手く訳すのはなかなか時間のかかる作業です。

なんといってもまどろっこしい日本語の解釈から始めなければいけないので、

国語やら和英やら、様々な辞書を持ち出して仕事をしています。

簡単な翻訳は今までにもやったことはありますが、こんなに日本語を訳すのに骨が折れると思ってませんでした。

プロの翻訳家の方々は本当に凄いお仕事されてるんですね。

改めて”プロ”へのリスペクトを感じてます。

先ほど、息休めに朝日新聞のサイトを見ていたら、かのロッキード事件もみ消しの記事がありました。

米国立公文書館の分館であるフォード大統領図書館に保管されてるというこの文書。

驚きと共に何故かやっぱり・・・という思いがしたものです。

日本にもアメリカにも大事件について、一般市民がしらないことがまだまだたくさんあるのでしょうね。

リンカーン大統領暗殺の謎、ケネディー大統領暗殺の調査報告書、ウォーターゲート事件、911同時多発テロに関する報告書、

日本で言えばまさにこのロッキード事件、日本航空123便墜落事故、旧国鉄に関する事件(下山、松川、三鷹など)、グリコ・森永事件など等、

一応は解決ということになっていても、真相は明らかにされていないことがたくさんあるのでしょうね。

最近では都市伝説という名の下に、UFOや宇宙人のことやフリーメイソンのこと等も話題になってるようです。

身近なところで言えば、芸能人のスキャンダルなんかの報道は7割ぐらいはデフォルメされて報道されてるので、

そう思うと、様々な事件もそんなに秘密めいたことはないのかな?とも思うし、

でもこんな文書が出てきちゃうとやっぱりなとも思うのですよね。

真実を知った方がいいのか、知らない方がいいから公表しないのか、

一体誰が何を基準にして決めてるのでしょうかね。

息抜きのつもりが、大きく外れてしまっています。

仕事、仕事。週末になる前に、メール送信しておかなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪警報

今日は。

今夜は先週の金曜日に」引き続き、大雪警報がでています。

先週は見事にはずされ、朝の6時近くまで起きて待っていたのですが、

(内を待ってるかというと、それこそ雪をです)

一ミリも降らずに朝を迎え、苛立たしさのなか床に付いたのですが、

どうやら今夜は本物みたいです。既に明日の学校閉鎖の知らせもしていますし、

予報士も2回続けてはずす訳にはいかないから、きっと降ってくれると思います。

何もそんなに雪に拘らなくてもいいのですが、何せ雪国育ちなもので、

雪をみると異常にテンションあがるんですよ。何するわけでもないのですが、

満月と雪の日は、周りにの人には気づかれないようにとにかく隠すものの、

心の中では大変なはしゃぎようなのです。

ですので、今夜から明日にかけてにはとても期待しています。

でも、でもなのです。

今、ちょうど大切なお客様がNYに研修でいらしていて、その方々がこの雪で困ってしまうのではなかと心配しています。

昨日NYに到着されて、そのまま市場視察へ向い、今日も一日視察していました。

勿論、私も同行し、レクチャーを(何かと御託を並べてるだけなのですが)させて頂き、

WalMartの新店舗なども見学でき、和気藹々と和やかに今日まで充実した研修を終えたところなのです。

Img_06521
こちらがその新しいWalMart Super Centerです。とっても近くていいですよ。お薦めです。

そんでもって、明日ようやく自由行動の日なのですよ。

みなさん思い思いに、観光したりご買い物したりという日なのに・・・雪なんです。

せっかく一日しかない、自由時間。

これでNYの印象が悪くなったら、とても嫌な感じですよね。

でも自然現象だから仕方ないし・・・何もこの日じゃなくても・・・

明後日またみなさんとお会いするのですが、どんな感じか今から心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必然?

先日、明日から始まる視察ツアーのミーティングに行ってきました。

そのオフィスへお伺いするのも、その方へお目にかかるのも、本当に久しぶりでした。

お仕事の依頼を受けていなかった訳ではなく、偶然にも全てメールと電話だけで、

オフィスに立ち寄る必要がなかったのです。

久しぶりに会っても、何かと共通の話題があり、意外に話は尽きないものなのですね。

ミーティング中に確認してもらうことがあって、これまた偶然に以前私がお世話になっていた会社と連絡をとることに。

話をしている方の名前や、そのやり取りを聞いてるうちにとても懐かしくなり、そこの会社を出た後、

以前お世話になっていた会社へご挨拶に赴きました。

社長さんはじめスタッフのみなさん、どなたも懐かしく思う方ばかりなのです。

沙汰の無礼のご挨拶が一通り終わり、ミーティング中の社長さんを待ってる間に、

どちらかというと礼にかけてるぐらい、常日頃のご挨拶を怠ってる私なのにも関わらず、

みなさん嫌な顔せずに入れ替わり立ち代りお話相手をしてくれるのですよ。

こんな久しぶりに現れた私のような奴にですよ。さすがに、なんか胸にグッとくるものがありました。

恩を返すには、時間かお金を十分にかけなければいけないと誰かが言ってましたが、

まさしくその通りですね。私は時間もお金も全くかけていなかったことに気付かされ、

自分を恥じ入るばかりでした。このよなことを知らされることになるとは、

決して偶然訪れようと思った訳ではなさそうでした。

全て偶然ではなく必然だと常に思っていても、実際ことが起こると実感するまでに時間がかかるものです。

その後も次々と、え?こんなところでなんで?という人達とそこのオフィスで会うことになるのです。

米系航空会社で日本人としては前代未聞の役職についてらっしゃる方なのですが、

何故かもう十数年来公私とも仲良くしてもらってる方で、しかも現在はLA在住のはずなのにそこにいたり、

以前、大手旅行会社のNY支店長を勤められていた方も退職されたと噂に聞いていたのですが、

これまた驚くことにそのオフィスでデスクを構え、自分探しをしてるということなのです。

どの方々ももう十年以上のお付き合い。このところそういう方々とお話させてもらう機会がなかったもので、

時間がたつのも忘れて、すっかり辺りが暗くなるまでたくさんお話させて頂きました。

滅多にお目にかかれない人達と、昔を懐かしみながらこれからのことを心行くまで語り合う。

私にとってはとても非常に貴重な一日を過ごすことになりました。

偶然ではなく必然なのですね。感謝です。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝青龍関引退

今朝のニュースに驚きました。とても残念です。

横綱の品格を問われ続けてきた人ですが、初場所優勝した力士がこういう形で引退とは・・・

暴行となると今までの不祥事と事が違うものだとは思いますが、

仕方がないとだけでは片付けられないものがあります。

私の大好きな相撲ファンのデーモン閣下のコメントが、うまく説明できない私の心境に近いものでした。

デーモン閣下のコメント
「実に残念な結果。理由は第一人者の力がありながら、これだけのスター選手が体力気力の限界とは別の理由で引退しなければならないとの点に尽きる。朝青龍はスポーツ選手・力士としては、たぐいまれな身体能力や気力、闘争心を備え優秀だったが「横綱」が単なる最強者ではなく、日本人の心の奥底にある美徳を具現化し、全力士の模範たる存在だとは最後まで理解できなかった。「横綱」を理解できないまま、番付ばかりが上がってしまった朝青龍は、かわいそうな被害者だったとも言える」

被害者だったかどうかは分かりませんが、

まさしく、美徳の具現化と模範たる存在の横綱になれなかったのでしょうね。

「何もないモンゴルの大草原の少年が横綱になって、支えてくれた人に感謝したい」

こういう朝青龍の気持ちとってもよく分かります。本当にお疲れ様でした。

Spf1002041802015l1_2

最後にぼやきを追加です。

内舘牧子さんとやくみつるさんには、非常に不快感を抱きます。

あの二人に品格のかけらも見受けられないのに、品がどうのこうのと言って欲しくないです。

何故にあの二人の発言が、あれほどまで影響力のあるものにしてしまったのでしょうか?

私の個人的な言い草なので、本当に勝手に言わせてもらうのですが、

どうみてもあのお二人には品はありません。

誰かメディアで声を大にして言ってくれる人はいないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

氷河期来襲

ニューヨークのセントラルパークにぽつんと「迷子石」と呼ばれる石があ る。

この石は、かつて氷河がマンハッタン島を埋め尽くした証拠という。

氷河期の地球は、北米大陸やヨーロッパに厚さ数千メートルの巨大な氷床 を作り、

大地の三分の一が氷河に埋まる世界であった。

今回は北米大陸を 舞台に巨大氷床出現のミステリーを解き明かす。

「NHK特集 世界大紀行 第8集 氷河期来襲」より

私の大好きなセントラルパークには、まだまだ知らないことがたくさんあります。

上記の記事も、かのNHKが特集を組むような凄いものが残っていたりするんですよ。

氷河擦痕(さっこん)や 迷子石、マンハッタンの歴史ですね。

昨日の雪のせいで、擦痕の写真は撮れなかったのですが、

Img_06551
ここの近く。

Img_06581
やってないけど・・・ここも近い。パーク内にあるカルーセルです。

Img_06561
ジャーン!!

どこか分かりますかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYの駄菓子屋

もう2月になってしまいました。本当に早いですね。

あまり言いたくはありませんが、歳をとるとともに時が経つのが恐ろしく早いものです。

”坂を転げ落ちるように”と池波先生もおっしゃてましたが、まさしくその通りですね。

この速さに思わずつまずいて怪我しないようにしたいと思います。

KyokoさんのいるUltraの近くにある駄菓子屋さんが好きで、Ultra行った帰りには必ず寄ってます。

キャンディー屋さんというと、Dylan's Candy Barが有名ですが、こちらはきれいなキャンディー屋さん。

ラルフローレンのお嬢様が2001年にオープンした当時から、アッパーイーストあたりの子供達に大人気で、

今では多くの観光客も訪れるという有名店です。

もちろん、小ぎれいなお店もいいのですが、私が好きな駄菓子屋さんは、

下町の駄菓子屋さんの雰囲気そのままです。

Img_0402
山積みです。

Img_0404
ちょっとしたコレクターものも。

Img_0405
大人買いも出来るのです。(お客さんは、何故か大人が多いです。)

お店の名前は、Economy Candyです。LESのRivingtonにあります。

帰国の時にも親戚の子供達に、大量に買って帰ります。

安くて大量に買えるので、こんなキャンディーでもよければお薦めですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »