« 無事終了 | トップページ | いい天気 »

逃亡

玲子さんがブログにサイン会の報告をのせてまして、

とある方がそこに私に関するコメントを残してくれたんです。

それがまた、嬉しい言葉がたくさん並んでおり、かなりテンションあがってしまいました。

例えお世辞だったとしても嬉しいお言葉で励みになります。ありがとうございました。

それでですね、タイトルの逃亡なんですが、

今日、お知り合いが車を借りてくれて、郊外に行ってきたんです。

途中の高速が渋滞していて流れがとまりそうになったんですが、

その瞬間に後ろからもの凄い衝撃が。いわゆる追突事故です。

ズド~ンっていうぐらいの衝撃だったので、まずは同乗者の身体の無事を確認し、

今度は外へ出て車体のへこみの確認へ。高速道路のど真ん中だったのですが、

渋滞してたのでとりあえず相手の人と話をしようと降りたんです。

それがまぁ、驚くことに全くへこみもキズも何もないのですよ。

あれだけの衝撃だったんだから、絶対何かあるはずだってしつこいぐらいにのぞいて見てたんですが、

どこをどうみても何もない。相手もそれを見て安心しきったのか、”Sorry”って言葉を出したんです。

アメリカじゃ(NYだけかもしれないですが)自分が悪い事故であっても、絶対に”Sorry”と言ってはいけないのです。

自分の過失をいかに少なく見積もらせるかってことしか考えてないので、

何があっても”Sorry”は言うなって、これはもう常識中の常識。

それがですよ、何もないと思った瞬間に”Sorry”連発なんです。

我らがもめてる横をすり抜ける輩どもは、何もないんだから早く車どかせ!とか、

許してやれよ、傷ついてないんだから!って、勝手放題なことを言って通り過ぎて行くしで、

被害者のこっちが悪者扱いの状況なんですよ。

調子にのった加害者アミーゴ系の輩くんも、もう頼むから勘弁してくれよ。

何にも無いのに大袈裟にするんじゃないよ、全く!みたいになっちゃってる訳ですよ。

ちょっと待て、車は何もなくても我らの身体には異変があるんだよ!

車体なんてどうでもいいんだよ、それより首の痛みどうしてくれんだ!って、

あんまり腹が立つので痛くもない首をさすりながら(でもその時の衝撃からいったら痛くても不思議はないぐらいでした)、

ポリス呼んで病院行くよ!、ライセンスやインシュアランスの情報をこっちによこせ!等と、

ちょっといちゃもん付けたんです。

そしたらですよ、その輩くんが驚きの行動に出たんです。

分かったじゃぁそこの路肩に車をよせてからにしようって言うので、よ~し分かった!覚悟しろよ!何て、

こっちも調子に乗って車に戻って路肩に寄せようとしたんです。

そこで衝撃の出来事が(って大袈裟にふりすぎですね)!

路肩に止まると思っていたアミーゴ系輩くん、そのままどっかいっちゃったんですよ!!

こんなことってあります??

長年NYで生活してますが、こんなことは初めてでした。

逃げちゃうんですよ!知らん顔してそのままブーーーーンって。

なんだよ、お前が路肩に止めるって言ったんじゃないか~~~~!って、

わめいてみましたが、そんなアホな事してる自分がむなしくなるだけだし、

ナンバープレートも何も控えておかなかった、写真もとらなかった自分を恐ろしく反省しなければならなく、

そのショック状態のまま目的地まで、車を走らせるしかありませんでした。

日本じゃ考えられない!って言葉を口にするほど不粋じゃありませんが、

こんなことは今まで一度もなかったことなので、たとえ何でもありのNYでも珍しく驚きとダメージはかなりありました。

何もないとは思いますが、後遺症がでたらどうしよう・・・?とか、同乗者の方が何かあったらどうしよう・・・?とか、

心配事はつきません。たまたま夕べ食事を一緒にした人が、それを尚更あおるので、

余計心配になってきてます。ムチ打ちの症状ってどうなるんですかね?

ちょっと弱気、ビビッてます。

|

« 無事終了 | トップページ | いい天気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡:

« 無事終了 | トップページ | いい天気 »