« 暑い!! | トップページ | Manhattanhenge »

激痛

このところブログの更新をしてませんで、既に忘れられてるように感じてます。

何だかんだとバタバタしてまして、いつもなら自宅にいる時間が長いのに、

ここ数日は外にいる時間が殆どで、家には5時間ぐらい寝に帰ってくるだけのような感じです。

そんな中、昨日玲子さんから連絡があって、愛しのチョビが元気ないって言うんですよ。

国松さんすぐ来てくれない?って言われたら、そりゃもう執事としては気になって気になって、

仕事どころじゃありません。

チョビの手を借りたいぐらい仕事を、適当にあしらって、手早く済ませてブルックリンまでの長旅に行ってきました。

玲子さんのブログでも説明してますが、

こんなチョビみたことないっていうぐらい、寄り添って離れないんですよ。

いつもなら私に何か甘えて来ることなんかないんですよ。

何か欲しいときは連獅子のようにぐるんぐるん首まわしてうなってるだけだし、

お外見するときも振り返って一言”ワン!(開けて!)”で終わりなのに、

わざわざ足の上に身体を乗せて横になるんですよ。

そんで撫でて撫でてって。撫でられながら寝ちゃうし、苛められて喜んでるわけじゃないけど、

弱気なチョビだと本当にどこか悪いんじゃないかって心配になっちゃう

引越しで落ち着かない玲子さんが心配でたまらないんでしょうね。

その玲子さんがチョビごめんね、ごめんねってばかりいうもんだから、

チョビはお母さんそんなことないですよ、私は大丈夫ですよって、

健気に頑張ってたみたいです。そこの何でも好きな事が言える執事登場で、

ちょっと聞いてくれる?お母さんが引越しで疲れて大変なのよ。何とかしてあげて!

私はこうしてちょっと横にならせてもらうから、よろしくね!って言ってる感じでした。

確かに玲子さんも疲れてた。そりゃねぇ、引越しって本当に大変ですよね。

私に何が出来るって訳じゃないけど、チョビも玲子さんも頑張ったねって、

2人を褒めてあげるしか出来ませんでしたが、少しでも元気になってくれたらいいのですがね。

タイトルの激痛なんですが・・・

こうしてあっちこっちと出かけてる間にも、何とか時間を作って走っています。

今日も明日の早出を条件に早めに帰ってきて、少し暑い中を走ってきました。

体調がイマイチっていうのと暑さのせいで、体温が上がり過ぎ、

いつもと同じぐらいの距離なのにオーバーワーク気味。ちょっと頭痛がする感じですね。

無理しないと前には行けないと勝手に思ってるので、つい無理しがちなんですが、

やっぱり無理はいけません。今は頭よりもっと大変なところに激痛が走ってます。

右足の外側の付け根。こういう時に表現力が全くない私は脂汗をかいてしまうのですが、

右骨盤から背骨にかけてお尻の上から腰にあたり一体が痛いのです。

座ってる分には問題ないのですが、

一歩踏み出すときが最悪。もう激痛で腰砕けます。

ずっとストレッチしてましたが、一向によくなりません。

もう今は歩きたくないです。勿論、走れません。

なんだ、これは?アイシングし過ぎて皮膚に感覚がなくなってるけど、

ストレッチして伸ばせるだけ伸ばしてみてるけど・・・

魔法のようにすぐに痛みがなくなるようなことはないと思うのですが、

さすがにこんなに痛いと焦ります。

もう6月になろうとしてる時に、長期では休めません。

この時期に長期で休むってことは、本番走れないってことです。

休み明けに頑張ると、どうしても無理しちゃうから故障するし、

時間ないから目標なんて到底達成できません。

痛いってことは何かが悪いのは確かなんですが、

ぶつけて腫れてる訳でもなし、変な動きして痛めた訳でもなし、

無理に長距離のトレーニングした訳でもなし、何が原因なんすかね。

走るフォームが悪いのかな・・・?

色んなこと考えちゃいますね。明日は仕事どころじゃないかもしれない。

|

« 暑い!! | トップページ | Manhattanhenge »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激痛:

» ストレッチ 方法 [ストレッチ 方法]
ストレッチの方法について書いてみました。 [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 00時51分

» 簡単♪骨盤体操のやり方 [骨盤体操のススメ]
簡単にできる骨盤体操のやり方をご紹介します。本当に驚くほど簡単な骨盤体操です。骨盤体操をまだやったことがない、骨盤体操を是非始めてみたいという方、自宅で簡単に出来るので、骨盤体操是非やってみてはいかがでしょう?〜簡単な骨盤体操のやり方〜1.あおむけになり足の親指をくっつけて、ひざの方に足の甲をそらします。2.大きく息を吸い少しずつ息を吐きながら、かかとを床から30cmほど浮かせます。3.息を吐き終えたら、力を抜いてか�... [続きを読む]

受信: 2010年6月10日 (木) 13時43分

« 暑い!! | トップページ | Manhattanhenge »