« 飛鳥Ⅱその2 | トップページ | 食客天下 »

Bethpage Black Course

今日のニューヨークはとってもいいお天気でした。

昨日までとは大違い。まさに爽快っていう天気。気持ちよかったです。

先週末、調子にのって恐ろしく暑い日に数年ぶりに野球を楽しみに、

次の日には、今年初めてのBethpage Black Courseでプレーしてきました。

野球って思ってる以上に色んな筋肉使うんですよね。

いつも走ってるからなんとかなるだろうと思ってたけど、やっぱり甘かったです。

下半身はいいにしても、腰から上が言う事ききません。

土曜の夜には、次の日にBethpage Blackに行く予定にしたことを酷く後悔しました。

折角のBlackをまわるんだから・・・って、思ってみてももう遅い。

頑張ってプレーするしかないんですよね。

で、もって、次の日老体にムチ打って頑張ってきました。

Img_10091

暑いのなんの。タフなコースに暑さも加わり前半でもうグロッキーです。

やはり凄いコースです。

これまで色んなゴルフ場でプレーしてみました。

去年は石川遼くん全米デビューのコースでもプレーしましたし、

ワシントンDC近郊のコングレス(来年の全米オープン開催コース)でもプレーしましたが、

やっぱりこのBethpage Blackが一番タフで、面白くて、素晴らしいコースだと思います。

ゴルフが好きなかたは絶対に一度プレーすべきです。

今回、他にも凄かった事があって、一緒にプレーした仲間に驚かされたんです。

Img_10131
仲良し4人組(私を入れてくだされ)

一番左がTravesでその隣がRicky,そんでお馴染みのヤスくんです。

そんでこの2人のアメリカ人パワーったら凄いのなんの。

こんなに飛ぶ素人見たことないです。私らドライバーで髪振り乱して振ってるのに、

彼らはアイアンとかユティリティーで打ってもオーバードライブ。

プロみたいな球を打つんです。

あそこまで違いを見せ付けられると、こっちは控えめに打てていいですね。

2人ともまだ20代なんですが、とってもジェントルなプレーするんです。

それに何に驚いたって、とにかくタフ。とんでもなくタフ。

あんなに暑くて、あんなにタフなコースなのに、

ティーショット打った後、走って坂道おりていくんですよね。

しかも16番とかで(分かる人しか分からない16番。疲れもピーク、勾配もきつい)。

それに深い深いラフでもなんのその。私らが必死こいてラフから出してるのに、

深いラフから軽々と打ち出してる。プロってこうなんだろうな・・・って思わせるショットなんですが、

一緒にプレーすると驚きの連続なのです。

この2人こんなに凄いプレーするとは思わなかったです。

もう少し体調がよくて、天候の条件がよかったら・・・なんて、

ゴルフにはご法度の”たら””れば”を連呼してしまってました。

次ブラックをプレーする時はもう少し頑張れるようにしたいですね。

次回のリベンジを誓い聖地を後にしました。

濃すぎる週末を過ごしました。楽しかった!!

|

« 飛鳥Ⅱその2 | トップページ | 食客天下 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bethpage Black Course:

« 飛鳥Ⅱその2 | トップページ | 食客天下 »