« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

パーティー

このところ毎日暑い日が続いてます。

ニューヨークのブロガーさん達は、暑い、暑いと、みんな同じ事でブログが始ってるでようね。

それぐらい暑いんです。でも日本の蒸し暑さや、個人的には寒すぎるよりはいいほうだと思ってます。

先日、ニューヨークでもとても有名なホテルのバンケットで、イベントの仕事がありました。

来客総勢約220人。そんなに大層な人数とは思えないのですが、

何せ来客は殆どが日本人。ということは、日本のホテルで催されるパーティーを知ってる人達が来る訳です。

去年の10月に、オークラで600人規模のパーティーに参加して、

そのサービスの素晴らしさに体感してる私としては、

現地の手配してる方々とのギャップがあり過ぎて、どうにもこうにももどかしい事がたくさんありました。

Img_10531
これぐらいしか(と言っても見えてるのは半分)ないんですよ。

何も問題ないように思うのですが、何せ手配が・・・

座席表だって前日になってもまだ出来てないんですよ。そんな事有得ませんよね。

当日手伝いに来てくれた方に、上座には誰が?と聞いたところ、

え?何?何のこと?って顔をされてしまう始末。

ここはニューヨークだからって理由にはなりません。

だったら何も高い経費をつかって日本人に頼む必要はないのです。

わざわざ高い経費であっても日本人にお願いするということは、

オークラとまでは言わなくても、それに近いことをしてくれるとの期待の現れなんです。

オークラや帝国ホテルでサービスを受けたことがないから、仕方ないのかも知れません。

美味しい料理を食べた事がない人が、美味しい料理を作れないのと同じかもしれません。

でもそれを理由にしてしまったら、仕事って一体何なんですかね?

体験したことなくても、それに近づけるように努力するのが仕事じゃないんですかね?

今回のイベントに関しては、全く見解が違いすぎて、ある意味私が浮いた存在になってしまいました。

Img_10541
そんな中、唯一の私の味方がこの人達。ホテルのスタッフです。

国は違えどやっぱりプロのスタッフは違いますね。

彼は私が何を思い描いてるのかよく理解してくれました。

勿論、彼らの部下がそれを理解できるのかは別問題なのですが、

少なくとも手配してる人達よりは、私の言う事に納得してくれている人達です。

いつも思うことなのですが、こんなに温度差があってもいいものなんですかね?

オーガナイザー、日本で依頼されてる人、現地の手配する人、現場で対応する人、

全ての人が同じ情報を共有してないので、それぞれの人がおのおの考えで手配するんですよ。

元々のオーガナイザーや来客がどういう人かなんて考えてもしてない。

バジェットの事しか考えてないのです。

だったらバジェットがこれだけしかないから、それぐらいでいいですって言えばいいのに、

常にそれ以上を求めてる理不尽な自分には目をつぶるんです。

私としてはイベントって、無理してでも壇上にいる人間を輝かせるためにあると思ってるで、

それに同じ思いでいてくれないと、一緒に仕事ができないと思ってしまうのですよね。

こんなこと言ってても、最終的にイベントが成功すれば何も問題ないんですけど、

もっと何か出来たんじゃないかと常に思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノスタルジック

昨日、用事があって久しぶりにクイーンズにあるフラッシングという街に行ってきました。

7番線の終点で、私がニューヨークに来て初めて住んだ街です。

30年ぐらい前は日本人もたくさん住んでいたところなのですが、

20年ぐらい前からは韓国人と中国人、ちょっと南に下がるとインド人、そしてもっと南にいくとユダヤ人と、

かなりの人種が入り混じった街に変貌を遂げました。

私が住み始めたのは今からおよそ20年前。

もうその時には駅の周りは韓国人街と中国人街が出来ていまして、

すっかり日本人はいなくなっていました。辛うじて大同があったぐらいでしょうか。

個人的にはやはりとても馴染みがある街で、いつ行っても住み始めた頃の気持ちを、

思い出させてくれる大切な街です。

(実際にいくと、いい雰囲気なんてのはゼロです。あくまで個人的にってことなのです)

NYに着たばかりの数年を過ごし、訳の分からないまま学校に通い、

週末にはあっちこっちに遊びに出かけ、危ない目にあい、色んな経験をしました。

たくさんの友達にも巡り合い、本当にアメリカ生活の原点です。

ちなみにBuddha BrandのDave Largeと会ったのもこの街、しかも到着したその日の夜中でした。

昨日は、用事が済んだ後一人だったということもあるのでしょうか、

妙にノスタルジックになってしまい、懐かしい場所を散策してしまいました。

Img_10831
初めて住んだアパート。ここだけは全く変わっていませんでした。

といいますか、ここに一番行きかったんですよね。

出来れば中にも入りたかったです。街の中はもう全く変わってしまっていて、

昔あったお店は皆無に近いです。

懐かしくさのあまりフラフラとメドウパークまで歩いて、その足でメッツのスタジアムまで歩きました。

昔はよくこうして、メドウパークで遊んだ後、予定もないのにメッツの試合を観に行ったことがありました。

Img_10801
このスタジアムも新しくなり、昔の面影はこのホームランの時に飛び出すアップルのみ。

初めて観たコンサートが昔のメッツのスタジアムで行われた、

ローリングストーンズのコンサート。死ぬほど痺れてました。

(すみません。途中の街の風景を撮ったのですが、どうにも伝わる絵が撮れなかったのです。

是非一度7番線に乗って終点まで行ってみて下さい。)

何から何まで、ノスタルジックな気分になるこの街。

何度も繰り返しになってしまいますが、私にとっては本当に思い出深い街です。

今日も用事ないけど、行っちゃおうかな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Let's Move

相変わらず暑い日が続いてます。

でも日が落ちると過ごしやすくなるので、個人的にはとても気に入ってるお天気です。

今日もセントラルパークにはたくさんの人が身体を動かしにきてました。

以前のメールマガジンで説明したのですが、

ミシェルさんが先頭をきって立ち上げた"Let's Move"が功を奏して、

今や全米で大ブームのダイエット。セントラルパークだけでも、たくさんのプログラムが組まれ、

本当に多くの人達が本気で参加しています。

一対一でやってるのもあれば、グループトレーニングもあれば様々です。

その上、マラソントレーニングのクラスで走ってる人がいて、

自転車かっとばしてる人達もいるってんで、

そりゃセントラルパークには人があふれてますよね。

この暑さなんてなんそのです。

私個人的にはこの暑さで少々オーバーヒート気味。タイムが一向によくなりません。

今はジッと我慢の時なのでしょうか。

そんなセントラルパークでのトレーニング風景を見た後、アパートに帰る途中でこんなのみました。

Img_10751
タイヤ転がし!

ここって結構な坂道なんですけど、そこを下からタイヤを転がしてました。

こんな大きなタイヤどこから持ってきたんでしょう・・・?

いずれにしても、ニューヨークもトレーニングブームですね。

みんなで汗かいて、ストレス解消しましょう。

ちなみに、わたしのようなメールマガジンででも読みたいと思う方がいらっしゃれば、

メールアドレスお知らせ下さい。すぐに登録致します。

ただ内容や配信日時も不定期ですので、いつ届くかわかりませんが、

ニューヨークの事を中心にお伝えできればと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

指導者

先日、たくさんの指導者、もしくは先生と呼ばれている方々とお目にかかりました。

普段、私が接してる先生方とは違い、初めて垣間見る世界の方々だったのでとても興味がありました。

日本にもアメリカにもたくさんの支部の方がいて、それぞれに先生方いるのです。

私がお付き合いさせてもらってる先生のところも、全米に先生方がたくさんいらっしゃるので、

あまりおかしなことは言えませんが、色んな先生方がいて、その方々に従うお弟子さん達がいるのですよね。

お弟子さんをみればどんな先生かわかるし、先生の人柄がそのままお弟子さんに現れてるのですよね。

初めてお目にかかった先生方は、とても素敵な方ばかりで、

もちろんお弟子さんたちも素敵な方多かったのですが、

一人だけ残念な方がいらっしゃいまいした。愚痴を言うわけではないのですが、

その方がNYの人だったんですよ。それが残念でならないのですよね。

まぁ、NYじゃなかったらいいのか?って言われれば、そんなことはないのですが、

NYってことで尚更って感じだったのです。

侘寂の世界なのに、落ち着きがなく相手の立場や状況を考えてあげられないような先生だったのですよ。

本当に残念。特別に大きな問題じゃないような状況で、グチグチ文句を言ってるのを見て、

お弟子さん達が可哀想に思えました。

きっとそいうこと意外はちゃんとした先生なんで、お弟子さん達がついてると思うのですが、

指導者がそのような態度では、そのグループは全てそう見えてしまいますよね。

はっきりとしたことが言えないので、これを読んでる方は何のことやらさっぱりわからないと思いますが、

たまにはちょっとだけ管を巻いてみたいと思ってるのをお許し下さい。

指導者、先生になるには、本当に相当な覚悟がいりますね。

いつでも見本になるような姿勢を持つ事が出来るのか、

それとも誰に何言われても気にしない、人にはない心臓の強さを持つか、

そのどちらかなんでしょうね。

今回、初めてこういう先生と呼ばれてる方々にお目にかかり、

改めて先生となんなのか?を考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PingPong

夏でも冬でも、いつ行っても人が多いBryant Park

今年も夏のイベントがたくさん行われています。

Img_10731
Film Festivalはとても有名ですよね。

ここ芝居小屋を建てての公演を実現させたいと思って夢見てたころもありました。

ファッションショーやってるから、もしかしたら出来るのかなぁ・・・なんて、

若かったから物凄い甘い考えでいたことを思い出しますね。

喧騒とした42丁目に面していながらも、いつ行ってものどかな感じ。

今は、卓球台も用意され、ランチタイムも爽やかに楽しむ事ができますね。

Img_10681

今度はバドミントンなんか出来るようにならないですかね。

密かにバドミントンファンです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

茶の湯

暑い日が続いてますね。

湿度さえ低ければ暑くてもいいのですが、湿度が高いと動きが悪くなります。

頭も身体も、何もしたくなくなりますね。

先日、初めて”お茶”を頂きました。

Img_10631
こんな感じで、

Img_10641
お茶菓子も、

Img_10671 
美味しく頂きました。

初めてだったので、礼儀作法なんかは全く無視。

侘寂なんかも全くわからなかったですが、とにかくいい香り。

改めて抹茶の香りの豊かさを教えてもらいました。

東部支部が発会されるとのことなので、今後イベントに行ってみようかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレルギー

何に反応してるのかは不明ですが、アレルギーが酷くて困ってます。

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、ありとあらゆるアレルギーの症状が出ています。

今朝は微熱も感じるほど。

こうなると、思考能力ゼロにちかい状態になってしまいます。

お友達がこのところお部屋探しをしているのですが、話を聞いてると色んな部屋をみるのはなかなか楽しそうなのです。

それにつられて昨日はくっついて行っちゃいました。

ダウンタウン、ミッドタウンと行ったりきたり。

自分じゃ住めないようなお部屋ばかりだったので、現実的はなかったですが、

最近のはやりのコンドなんかが見れてとても楽しかったです。

一番アガッたのはこの写真。

Img_10421

懐かしのケミカルバンクだったビルがコンドになってるので、

その当時の金庫がそのまま残されてるのです。

不動産の人が言ってましたが、重すぎてどけれないんだそうです。

Img_10431

懐かしいケミカルバンクとこの金庫。妙に気に入ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猛暑

今、ワシントンDCに来ています。勿論、遊びではなく仕事です。

年に数回は来ることがあるのですが、必ずと言っていいほど好天に恵まれます。

今回も例に漏れず天気良過ぎです。よ過ぎて暑すぎます。

雨よりはいいですが、今日はバスのエアコンが壊れて汗だくで移動してました。

しかしながら、出張時には必ず走ることにしてる私は、

これまた例にもれずこの暑さの中を走ってきました。

セントラルパークが嫌だっていってるのではなく、セントラルパークも大好きですが、

見知らぬ街を走るのはとっても楽しいものなのです。

不思議とワシントンに来る度に泊まるホテルが違い、走るコースもさまざまなんです。

今回はジョージタウンにあるホテル。近くに副大統領公邸があって、

その周りには各国の大使館が立ち並んでいます。

見た目でなんとなくどこの国かが分かるのが不思議でしたが、

しつこいぐらいに例にもれず日本の大使館も物凄く分かりやすかったです。

金の菊花紋章が正面玄関の上に飾られてありました。

こんなこといったら怒られるのかもしれませんが、ちょっと異様に映りました。

でも日本だけじゃないんですけどね。きっとそれぞれの国の方が自国の大使館を見たら、

同じような感覚になるのではないかと思いました。インド大使館はゾウでしたからね。

今回のワシントンはそんなものを見ながらのジョギングでした。

走ってたんで大使館の写真はないですけど、いかにもワシントンって写真です。

Img_10341

Img_10331

Img_10311 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食客天下

先週の暑さがどこかに行ってしまいました。

今日のニューヨークは雨模様。しかもとっても寒いです。

クラーなしでは寝れない夜だったのに、今夜は窓も開けてられません。

チョビは喜んでるだろうなぁなんて思いつつ、今日一日過ごしてました。

先日、久しぶりにクイーンズで食事をしてきました。

行ったお店は、先週の水曜日、丁度一週間前にオープンしたばかりの食客天下

すみません。HPはハングルになってます。

仲良し3人(ヤス、アキラ、そして私)でチャレンジです。

何がチャレンジかといいますと、このボリュームにチャレンジなんです。

Img_10221
凄いですよね。

オーダーするときに聞いたら、3人から4人でいけるって言われたから頼んだら、

4人どころじゃなくて6人ぐらいじゃないと絶対無理です。

このお店はFlushingに本店があって、2号店ってことでSunny sideにオープンしたんですが、

いわゆる韓国風居酒屋です。新大久保辺りにありそうな感じのお店で、

入った瞬間に”おお、新大久保”って思ってしまいまいた。

ニューヨークにある日系の居酒屋に比べれば、まだ静かに過ごせるし、

スタッフもとってもいい人ばかりで、入れ替わり立ち代りで話にきて、

それがまた邪魔にならない程度に話こんでくれるんですよ。

Img_10161
ヤスと一生懸命話してます。

まさか、ヤスがその関係の仕事してるって知ってる訳じゃないよね・・・?

いずれにしても、ボリューム満点、何でも美味しい、言う事ありません。

値段もそこそこだしお薦めですよ。朝の4時までやってるのも魅力的です。

6人ぐらいでいくなら、Octopus Hot Potがお薦めです。写真のものです。

だってこのタコ生きてます。ちなみにロブスターも生きてます。

とにかく新鮮なのがいいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bethpage Black Course

今日のニューヨークはとってもいいお天気でした。

昨日までとは大違い。まさに爽快っていう天気。気持ちよかったです。

先週末、調子にのって恐ろしく暑い日に数年ぶりに野球を楽しみに、

次の日には、今年初めてのBethpage Black Courseでプレーしてきました。

野球って思ってる以上に色んな筋肉使うんですよね。

いつも走ってるからなんとかなるだろうと思ってたけど、やっぱり甘かったです。

下半身はいいにしても、腰から上が言う事ききません。

土曜の夜には、次の日にBethpage Blackに行く予定にしたことを酷く後悔しました。

折角のBlackをまわるんだから・・・って、思ってみてももう遅い。

頑張ってプレーするしかないんですよね。

で、もって、次の日老体にムチ打って頑張ってきました。

Img_10091

暑いのなんの。タフなコースに暑さも加わり前半でもうグロッキーです。

やはり凄いコースです。

これまで色んなゴルフ場でプレーしてみました。

去年は石川遼くん全米デビューのコースでもプレーしましたし、

ワシントンDC近郊のコングレス(来年の全米オープン開催コース)でもプレーしましたが、

やっぱりこのBethpage Blackが一番タフで、面白くて、素晴らしいコースだと思います。

ゴルフが好きなかたは絶対に一度プレーすべきです。

今回、他にも凄かった事があって、一緒にプレーした仲間に驚かされたんです。

Img_10131
仲良し4人組(私を入れてくだされ)

一番左がTravesでその隣がRicky,そんでお馴染みのヤスくんです。

そんでこの2人のアメリカ人パワーったら凄いのなんの。

こんなに飛ぶ素人見たことないです。私らドライバーで髪振り乱して振ってるのに、

彼らはアイアンとかユティリティーで打ってもオーバードライブ。

プロみたいな球を打つんです。

あそこまで違いを見せ付けられると、こっちは控えめに打てていいですね。

2人ともまだ20代なんですが、とってもジェントルなプレーするんです。

それに何に驚いたって、とにかくタフ。とんでもなくタフ。

あんなに暑くて、あんなにタフなコースなのに、

ティーショット打った後、走って坂道おりていくんですよね。

しかも16番とかで(分かる人しか分からない16番。疲れもピーク、勾配もきつい)。

それに深い深いラフでもなんのその。私らが必死こいてラフから出してるのに、

深いラフから軽々と打ち出してる。プロってこうなんだろうな・・・って思わせるショットなんですが、

一緒にプレーすると驚きの連続なのです。

この2人こんなに凄いプレーするとは思わなかったです。

もう少し体調がよくて、天候の条件がよかったら・・・なんて、

ゴルフにはご法度の”たら””れば”を連呼してしまってました。

次ブラックをプレーする時はもう少し頑張れるようにしたいですね。

次回のリベンジを誓い聖地を後にしました。

濃すぎる週末を過ごしました。楽しかった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥Ⅱその2

暑いです。

NYとっても暑いです。

何でこんなに暑いのですかね?

私の個人的なイメージでは、NYは6月が一番暑いような気がするのですが、

よく考えたら7月ぐらいには暑さになれてるから、そんなに暑さが気にならなくなるのでしょうね。

今日も暑くなりそうです。

3日の朝に飛鳥ⅡがNYのハドソンリバー沿いのピアに入港しました。

Img_09991
朝日に輝く飛鳥Ⅱ.

以前、船内を案内してもらったことがあるのですが、やはり日本的って落ち着きますね。

カーニバルやクイーンメリーも豪華だし、もっともっと規模も大きいのですが、

数ヶ月滞在しようと思ったら、やっぱりこういったほうがいいのかなと思わせるような感じです。

食事もそうですが、スタッフが日本人というのが一番安心できるのだと思います。

比較的、年配の方が多いので日本語でのサービスはとても重要なんだと思います。

そんなお客様のNYでの滞在中のお世話をするのが私のお仕事。

といっても直接お客さまに接するわけではないのですが(お客様をご案内するのは観光ガイドさん)、

他の寄港地に引けをとrないように、もしくはそれ以上に楽しんでもらう為に、

出来る限りのリクエストに応えれるように、事前に手配をしたりリサーチしたりしてました。

入港してからは、ツアーマネージメントスタッフと共に、

ガイドさんと最終打ち合わせ、バスのディスパッチ、クレーム処理等など、

休む暇なく動いておりました。

少しというよりもかなりこの飛鳥Ⅱには思い入れがあるので、

なんとか何も問題なく楽しんで頂きたいと必死になってました。

というもの、ツアーマネージメントのスタッフの一人の方が、

以前NY在住の方で、私も知り合いの一人に加えてもらえておりまして。

ただ単に知り合いだからというのではなくて、その人の為にだったら多少の無理でも何とかしたい、

迷惑だけはかけられない、顔をつぶすわけにはいかないって思いが強くてですね、

とにかく協力して何でもしてあげようと思っちゃうのですよね。

それぐらい未だにその方の人柄に心惹かれてるです。

来年には定年だそうで、次にあえるのがいつになるのかとても心配で、

今回が最後のNY寄港になりそうだって聞かされて、尚更気合が入ってました。

昨日の夜、出港してしまいましたがまた月曜日から、事後処理がまってます。

何もないといいのですが、今回はそうもいかなさそうです。とっても残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥Ⅱ

鳩山さん辞任したんですね。

正直、残念です。全くどういう状況だったのか分かってないので、

知ったかぶりはできませんが、何かを変えようと世に選ばれて出てきた人なんですよね。

なのに何故志半ばで、こういう事になるのでしょうか?

散々、これまでの首相が辞任することを非難してきたのに、

自分がそうなるなんて彼自身夢にも思ってなかったでしょうね。

何がどうしたのか、語りあってみたいものです。って無理なことなのでこんな調子で軽く言えますが、

本当に語りあったら何言ってるか理解出来ないと思います。

難しい言葉って心に響かないから、それもあって伝わらなかったのかもしれませんね。

首相が辞めて国益に繋がるって、なんか寂しい国のような気がするのは私だけでしょうかね。

このとこの忙しさは、実は明日からNYに飛鳥Ⅱがやってくるのです。

NYの前はバミューダ。そこの手配もしていたので、

先週からずっと毎日、船のコーディネーターの方とコンタクトをとっていましたが、

ほんと凄いですね。何が凄いって、各寄港地でのツアーを取り仕切るってるのですが、

遠隔操作でこちらの動きを指示するって、相当なイマジネーション力ですよね。

もちろん私もバミューダに関しては、向こうのベンダーさんへんは遠隔操作ですが、

バミューダだけですからね。飛鳥のスタッフは世界中どの寄港地もやらなきゃいけないから、

それはそれは大変な作業だと思います。お客様に楽しんでもらえるようなツアーを企画して、

実際にそれを催行して、楽しかったと言ってもらう。そこに少しでもミスがあったら、

クレームになってしまいますからね。でも”楽しかったって言ってもらえれば、

それだけでその苦労も報われる”って、スタッフの方が言ってました。

本当、そうかもしれないですね。

コーディネートしてる私からすると、ありがとう、よくやってくれましたって言われれば、

打ち上げも最高に楽しくなるってもんですよね。

お客様に楽しんで頂く。何人もの人が頑張った結果なんですね。

そこに関わっていれるだけで幸せなんですね。

逆にこちらから”ありがとう”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »