« 厚かましくてすみません | トップページ | 気をつけましょう »

消防車

みなさま、わたくしの我侭で厚かましいお願いを優しい心で受け止めてくださり、

ありがとうございます。もしかしたら、文句の一つもコメントされるかもと不安に思っていたもので、

ちょっと安心しております。(って、まだこれから来るかもしれませんもんね。)

今日は8mile run。いつもよりマイルあたり20秒ほどペースを落としたら、とても楽に走れました。

高橋尚子さんが、秘訣は”温存”って言ってたんですが、ほんとそうなんですよね。

無理に飛ばさず、30キロ過ぎるまでは”温存”ですね。身体に覚えさせないと・・・

数年前、仕事半分、遊び半分のハワイ出張から返って来たその日の夕方、

楽しい思い出に浸りながら気持ちよく飲んでると、何やらきな臭い臭いが。

だんだん、しゃれにならないぐらいの臭いになって来たところで、

ファイヤーファイターが登場。次から次とアパートの前には消防車が。

男の子だからなのか、私だけなのかはわかりませんが、

消防車が止まると妙にテンションがあがっていたものなのですが、

その消防車から降りてきたファイヤーファイターが続々とアパートの中に来たってんで、

もう何が何だか分からない興奮状態のまま、部屋から非難させられました。

ドカドカと部屋に入ってきて窓から外に出て行く人もいれば、

いない人の部屋のドアをぶち破ってる人もいれば、もう滅茶苦茶な状態です。

でも、でも、どう考えてみてもうちのアパートじゃないように思うんだけど・・・???

とりあえず、非難しろって怒鳴られるから外に出てみたら、わんさか煙を上げてるのはくっついてる隣のビル。

隣のビルなのにあんなにドア壊しちゃうの??って、燃え具合よりもそっちに驚いた。

NYに来てから大火事なんてのは見たことがなかったので、これもすぐに消えるだろうって、

隣に住むおじいちゃんと話してたんですが、これがまたなかなか消えなくて、煙の量がどんどん増えてくんですよ。

これは・・・?え?もしかしてうちらのビルにも飛び火した?

それまでは結構冷静だったこのビルの住人が急に集まりだし、

中でもいつも口やかましくマネージメントに言ってるおばちゃんが出て行って、

オフィサーに何度も何度も本当にしつこく何度も状況はどうなってるんだい?

みんな心配してんだから、ちょっとぐらい教えてくれもいいじゃないのよ?って詰め寄ってる。

いいぞ、おばちゃん!頑張れ!いつもは会うとちょっと面倒なんだけど、今日だけは応援するぞ!

でも、結局そのオフィサーも中に入って確認しないと状況は分からないから勘弁してくれってことで、

我々はただ見守るしかない状態になってしまいました。

その頃にはストリートは完全閉鎖で、住人以外はそこにはいません。

締め出された人の為に、1時間もしないうちにRedCrossがやってきて、

緊急お助け場所を設置。全員の名前と家族構成を聞き取って、今日行くところがあるか?

お金は持ってるか?誰か頼れる人は近くにいるか?って、

色々と次々に聞かれ、何か困ったことがあったらいつでも相談して下さいとまで言ってくれました。

日が落ちるにしたがって肌寒くなる季節だったので、みんなが震えてるとRedCross毛布を配布しくれて、

コーヒーに甘い物まで出してくれちゃって、もう至れりつくせりで鎮火したかも忘れるぐらい感動してました。

こう時の対応の速さはさすがです。こんな火事現場にもこんなに素早く駆けつけてくるなんて、本当に驚きでした。

で、結局鎮火したのが、夜の10:30ぐらい。避難してから約6時間。

もう寒いから暖かいコーヒーばっかり飲んじゃうし、コーヒー飲むとトイレ行きたくなるし、

どうなるか分からないからご飯も食べいけないし、ジリジリしながらそれからまた1時間半ぐらい、

ようやくこっちのビルの住人に集合がかかりました。

オフィサー曰く、ビル自体はファイヤーダメージはないものの、ウォーターダメージはあるかもしれないとのこと。

一部屋ずつ確認したわけではないので、部屋を自分で確認してくれとのことです。

IDをしっかり確認され部屋に戻ると、出て行った時とはまるで違う状況に。

確か窓開けて出て行った時には、デスクからは何も落ちてないし、デスクの上に足跡もなかったし、

部屋中に土足で歩いたブーツの足跡が残ってるし・・・

とは言っても何か壊れてた訳でもないし、無くなってる訳でもないので、

一生懸命お仕事してくれた跡が残ってると思い片付け始めたんですが、

幸い何のダメージもなかったと思いきや、火事の後のあの臭いが充満してるんです。

もう臭いのなんのって、この部屋だけじゃなくてビル全体がその臭いに包まれてるから、

たまったもんじゃないんです。そりゃ、隣が火事で消火が終わったばかりじゃ仕方ないけど、

もともと火事さえなければこんな臭いしてないし、昨日まで常夏のハワイで楽しかったはずなのに、

なんでこんな切ない思いしてるんだろう?って、かなりヘコミましたね。

その日の昼過ぎに帰ってきたばかりですよ。その日の夜にこんな臭いと寒さに震えてる状況が、

今でも思い出すと悲しくなります。火事って本当に嫌ですね。結局臭いは2ヶ月ぐらい残ってました。

地震、雷、火事、親父。このうちの火事に当たちゃったんですもんね。そりゃ悲しいですよ。

で、このところよくこのビルの前に消防車が止まるんです。悪夢が甦るから、お願いだから来ないで!って思うのですが、

昨日も来てくれちゃいました。原因は下の階のカップル。毎日ケンカしてる大声が聞こえてくるのですが、

何をしてるのか分かりませんが、必ずそこの部屋にファイヤーファイター達が入っていって、

何かを確認して帰って行きます。となりのおじいさんと顔を見合わせて、

”勘弁しくれよ”って、無言で話してます。

ほんとお願いしますんで、口うるさいおばちゃん登場しくれないかな・・・?

どうして、こういう時にいないんだろう???

Img_12311

|

« 厚かましくてすみません | トップページ | 気をつけましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消防車:

« 厚かましくてすみません | トップページ | 気をつけましょう »