« Locanda Verde | トップページ | 場の空気 »

Good Exercise

今週末、人生初の空手を体験してきました。

ご近所さん付き合いをさせてもらってる方が、空手道場を数ヶ月前から任されてるということで、

以前からお誘いを受けていたんです。

もともと空手の印象派あまりよくなくて、日本にいたころに観た試合やその後の処理の大変さから、

あくまでイメージですがk”恐い”しかなかったんですよね。

もちろん、殴りあうからとかそういう意味じゃないですよ。

気合の意味合いが自分とは違う意味として存在するのではなかろうかという意味です。

空手だけではなく、格闘技全般見るのは好きでも自分でやるのは絶対に嫌なのです。

高校時代には、体育の授業で柔道があり、何よりも得意な科目にも関わらず、

その時の成績は最低の評価。だって、まともに授業に出ないんですから。

まさに”ズル休み”です。あっちが痛いとかこっちが痛いって休んでて、

放課後の部活にはしっかり参加してるぐらいですからね。先生も諦めてたみたいです。

で、そんな私が何故この歳になってチャレンジしてみようと思ったかといいますと、

なんと”なんとなく”なんです。たまたま知り合った人がいい人で、

その友達も私の知り合いで、みんなで行ってみる?って感じだったのです。

兎に角、格闘技を自分がするのは嫌い。柔道、空手、ラグビーのようなぶつかり合うもの、

もう痛いのが嫌なんです。でも、自分に言い聞かせました。

食わず嫌いじゃいけません。やってみてから判断しましょうと。

初心者の体験入門なんで、そんなに痛いこともないだろうと思い、

やるなら精一杯ということで、先生の教えをそのまま全力で頑張りました。

およそ90分のお稽古は、そりゃもう大変でした。実際にやる蹴りや突きはあまりしたくはないのですが、

基本練習はとても興味がもてました。空手の知らない世界が見えて、

新しいことを知ることの喜びを感じてた90分だったのです。

詳しい用語が全く思い出せないので、なんと説明したらよいのか分かりませんが、

基本の立ち方、突きや蹴りの姿勢、、すりあしで前に進んで後ろを振り返るなど等、

結構汗だくになりながらのお稽古でした。

今後も空手を続けていくか?と問われれば、正直に言ってまだ分かりませんが、

自分の中で誤解を少しでも解けたことが一番だったように思います。

何でも変えてしまうアメリカ風に言うなれば、空手エクササイズなら続けれられそうかなってところです。


その空手のお稽古の前に、何を血迷ったか午前中に6マイルを走りに行ってしまったのです。

朝起きて、とっても気分がよくて我慢し切れなかっただけですが、

ウォーミングアップを兼ねてと思いしっかり走ってきました。

その後の空手初体験。そんでもって、今日は一緒に走ってくださいと頼まれ、

セントラルパークでの4マイルラン。4マイルでとてもゆっくりしたペースなんで、

今日に関してはさほど影響はないと思うのですが、

たくさん身体を動かした証の”筋肉痛”がきています。

特に上半身。マラソントレーニングをまだ始めてないので、上半身のトレーニングは全くしてないこの数ヶ月。

やはり空手でのダメージは大きかったようで、ミットをもって白人の大男のキックを(蹴りじゃなくてキック)、

受け止める衝撃は恐ろしく凄くて、想像をはるかに超えてました。

負けてられない!吹っ飛ばされたらみっともない!って、

勝手に日本男児意識が働き、必死にミットを持っていたのですが、

そのミットを持っていた腕が今日はボロボロになってました。

あまりの衝撃にむち打ちになってるような気がしないでもない感じ。

2日続けてのランで、背筋が少し痛くなってる気がしないでもない感じ。

いずれにしても、こういう痛みは嫌いではなくむしろ喜んで受けたい方なので、

とっても気持ちよくお酒が飲めた日曜日の夜だったのです。

みなさんも空手やってみませんか?

先生が優しい方なので、初心者でも問題なく入門できますよ。

ちなみに、走り始めたい方はお付き合いします。

今日、一緒に走った人が初めて4マイル走れたんです。(これまでは3キロが最高)

一緒に走ることで、走る楽しみを味わってもらえるなら、喜んで走らせて頂きます。

とは言っても4時間切れないへなちょこランナーですがね。そこんとこよろしく!





|

« Locanda Verde | トップページ | 場の空気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Good Exercise:

« Locanda Verde | トップページ | 場の空気 »