« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

マザコン

今日、仕事中だったのですが、待ち時間に色々な人とはす機会がありました。

最後の夕食の時間に、一番盛り上がったのが子供の話。

子供がいない私にとっては何のことやらさっぱり分からない会話だったのですが、

男の子は母親に、女の子は父親に甘えるって話だけは妙に納得しました。

私はマザコンであることを否定はしませんが、

殆どの男子が母親が大好きなのも間違いないことだと思います。

誰に一番褒められたいかって言ったら、絶対母親です。

奥さんでも彼女でも、もちろん上司でも同僚でもなくて”母親”なんです。

母親の為に頑張ってるといっても過言じゃないぐらいです。(ちょっと大袈裟かな)

そんな人の事を世の中ではマザコンと呼ぶらしいです。

だったら私はマザコンである自分を否定しません。

何故か分かりませんが、突然にそう強く主張したくなった今日一日でした。


母の愛ほど偉大なのはないと感じる今日この頃です。

これだから男はいつまでも女性に敵わないのでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モチベーション

先週、有難いことに仕事が忙しく、家にいる時間がとても短かったんです。

いつもこのぐらい忙しくしていられるように、もう少し頑張らないといけませんね。

皆様、お仕事よろしくお願いします。(笑)

で、この数日間、知り合いの子供が産まれてテンションが上がった以外は、

何もエクササイズしてなく、仕事のイライラではなく汗を流してなく、その不快感でのいらいらがつのってました。

ようやく昨日久しぶりに10マイルを走ることができ、調子にのって夕方からは空手のお稽古に。

さすがに身体が痛いです。ちょっと調子に乗り過ぎました。

でもこういう筋肉痛って気持ちよく感じてしまうのですよね。もっとやろうかな?とか思ってしまいます。

昨日、突然に10マイル走って空手までしようと思ったのは、まずは東京マラソンがあったことなんです。

結構、知り合いが出場してて、メールやツイッターで応援してるうちに、

妙にテンションが上がってしまって10マイルです。

まだこの時期に10マイルも走ることはないのですが、トレーニングでもないのに距離を延ばしてしまいました。

そんでもって、走り終わって一息ついたら日本短水路選手権の結果のニュースが。

実際には一昨日ぐらいのものなのですが、あの北島康介が100m平で日本新で優勝してるじゃないですか。

個人的に北島康介が大好きでして、彼のアスリートとしての輝きを崇拝してる感じなんです。

北京オリンピックが終わったあと、しばらく競技から遠ざかっていたようなのですが、

数ヶ月前からレースに向け本格的にトレーニングを再開して、

世界選手権では後輩に1位を譲りましたが、今回見事貫禄の返り咲き。

そのニュースを読んで、もう黙って家にいる気にはなれなかったのですよ。

凄い!凄い!って勝手に一人で大騒ぎで、また走りに行こうかなとも思ったのですが、

さすがにそれは無茶なので、それじゃ空手のお稽古にって行ってきました。

こちらの空手道場についても書かないといけませんが、

五十嵐先生(もともとは飲み仲間)がとても親切に指導して下さって、

格闘技を観るのは好きでも、やるのは大嫌いな私に、少しずつ空手の素晴しさを教えてくれてます。

空手のセンスは全くないようなのですが、続けることに意味があるのかな?と思い、

何とか時間がある時にはお稽古に参加してみようと思ってるのですが、

走るにしても空手の稽古を続けるにしても、何か理由付けないと動き出さない自分がそこにいるんですよね。

今のところ走ることは、マラソンでサブ4目指してるので、そこの目標にして頑張ろうと思ってますが、

モチベーションをキープするのに、大変な苦労をしています。

去年もそうだったんですが、いくら目標があってもトレーニング中に心が折れてしまうこともあるし、

仕事や生活してて起こるさまざまな問題で、投げやりになってしまうことなんてしょっちゅうなんです。

そんな中で走り続けるとか、お稽古に通い続けるために、自分を奮い立たせる何かが必要になってくるんです。

でも、私のような凡人にはそれはとても難しいのです。

話が長くなってしまったのですが、そこでいつも疑問に思うことが、

トップアスリートの方々がどのようにしてモチベーションをキープしてるのかが、

不思議でたまらないのです。

マイケル・ジョーダンは名誉もお金も手に入れてるのに、毎シーズンあれだけ活躍し続けた。

タイガー・ウッズも、何百億、何千億というお金を稼ぎ、欲しいタイトルを総ナメにして、

それでも一線で活躍し続ける(このところ調子悪いですが・・・)。

2度のオリンピックで2種目金メダルを獲得してる選手が、

3度目のオリンピックを目指してトレーニングを積む。なおかつ結果が伴ってる。

勝ちたいとか、有名になりたいとか、お金であったり名誉であったり欲しいのもが何かあったと思うんですよ。

でも、それを手に入れてもまだその先を目指すことの出来るモチベーションって何なのでしょうかね?

私のようなものが思うお金や名誉では満足出来ないのでしょうね。

もちろん、お金や名誉のためだけにやってるとは微塵も思ってませんが、

どうすれば、あのようにモチベーションを保つことができるのでしょうか。

どなたか知っていたら教えて下さい。

サブ4達成するまで、マラソンやめられないんです。

何事も自分次第ってのは重々承知してるんですけどね。

本当に北島康介凄いです。ウルトラリスペクトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しいお知らせ

早朝5時前に電話が鳴り続けるのは何故?

とにらみをきかせながらとってみたら、なんとも嬉しいお知らせ。

先々週末ぐらいの予定できいてたのですが、なかなか連絡がこないと心配してたところに、
この吉報。

朝からテンションあがってしまい、この気持ちをどうしたらいいのかもわからず、

思わずブログをアップしてる感じです。

はしゃいでるバァバから電話があって、久しぶりにジィジの声を聞いて、

ナイス息子!頑張った嫁!って電話の向こうとこっちで叫びあい。

その後、その息子に叔父からも電話を頂き、なんかもう”こんなにも嬉しいものなの?”って騒いでたら、

あんたはいつになるの?って朝から突っ込まれてしまいましたが、

騒がずにはいられない気分。ほんと赤ちゃんが誕生するってこんなにもテンションあがるものなんですね。

これが自分の時だったらと考えると・・・もう怖くてたまりません。

大きくて元気でハンサムな男の子だそうです。

朝から祝杯あげたいところですが、さすがにこれからお仕事なのですよね。

もう夜が待ち遠しいです。乾杯する時にはまたジィジとバァバに電話しようっと。

ああ、嬉しいお知らせはいつ聞いてもいいものですね。

今日一日、ずっとハッピーな気分でいられます。ありがとう!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハンバーガー

本日、来週の仕事の最終段階の資料作成のために家に引きこもってます。

昨日は20℃ぐらいあったのに、今日は4℃って?というのにも疑問を感じつつ、

とりあえず、今日は一日家にいて資料を作ってしまいたいと思っています。

来週のお仕事は、日本のハンバーガーチェーン店の企業視察。

個人的にはファストフードもハンバーガーも大好きなので、

お仕事と言えどとっても楽しみなお仕事なんです。

アメリカのファストフード事情の資料なんですが、やはり興味があるだけに何でも楽しくデータを収集できますね。

ハンバーガーだけじゃなく、サンドウィッチもサラダもホットドッグも何でもかんでも調べまくってます。

以前の資料と大きな違いはありません、改めて調べるとNYならではの事に気付かせれます。

相変わらず楽しい街です。NYってやっぱり特別な街です。素晴しい!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

乾燥肌

去年のマラソン以来、体脂肪率が一桁台のままでいるせいなのかどうか、

とっても乾燥肌でかゆくて仕方ありません。

冬になると毎年の事なので、いつも気にしてないのですが、

さすがに今年のかさかさ加減はちょっと酷いです。

大陸気候ということで、日本の乾燥の仕方とは全く異なる渇きかたなんですよね。

東京辺りでは、2月の初めに38日連続の乾燥注意報があったそうですが、

ニューヨークの乾燥の仕方に比べたら・・・って思ってしまいます。

こういうときの乾燥肌に、この国の皮膚科の先生がこぞって薦める商品があります。

これは、本当にいいです。アレルギーがある方でも子供でも全く問題ないです。

乾燥肌で悩んでた女性も、”なんでもっと早く教えてくれなかったの!”と絶賛するほどです。

なんて、とっても大袈裟な言い方してますが、みなさんご存知のEucerinです。

これ本当にいいですよね。

普通のクリームよりかなりべとつき感があるので、じっくりゆっくりぬって頂きたいのですが、

本当に浸透していくのがよくわかります。

物凄く性質のいい化粧品とかはそれなりのお値段がしてしまうので、

それなりに限られた方しか使えないと思うのですが、これはどこにでも売ってるし、価格もお手ごろです。

乾燥肌で悩んでる人って多いと思うんですよ。だまされたと思って使ってみて下さい。

私がアメリカに来た20年以上前から、この商品は専門医からお墨付きを頂いてます。

安い割りに結構大量だから、一度買うと数年もちます。

個人的にべたつく物が大嫌いで、Hair Waxなんかもあまり好きじゃなく、

ハンドクリームなんて気持ち悪くて仕方ないのですが、

背中や脛の痒みに耐えられなくて我慢して塗ってみたらさぁ大変って感じでした。

何度も言いますが、オリジナルはべとつき感はハンパないっす。

最近はもう少し薄めのが出てますが、20年前に紹介してもらったオリジナルがどうしてもやめられません。

べとついて気持ち悪いのですが、気持ち悪いぐらいしっとりしてくる感がたまらないところです。

おっさんが一人で風呂上りにクリーム塗ってる姿は、想像するにはおぞましいですが、

今夜もべたべたを気にしながら脛にすり込もうと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (2)

Balaboosta

先日、Nolitaに行った時にふらっと入ったお店です。

Balaboosta というMiddle Eastern Trattoriaです。イスラエル料理が原型となってるのですが、

ヘルシーなのか濃いのかわからないようなメニューで、個人的にはとても面白いお店で好きなんです。

ふらっとと言ってますが、実を言うと近くにとてもお気に入りのイタリアンがあって、

今回もそこに行こうと思ってたのです。

でもそのイタリアンは予約を取ってくれないので、とりあえず行くしかないのです。

で、その日は満席で待ち時間1時間近いって言われて、それじゃここしかないって思って入ったお店です。

ヘルシーなのかどうなのかってのはですね、HummusやQuinoaのメニューがあったりするのですが、

私の好きなバーガーがLamでしかもGoat Cheeseが中に入っていて、

濃いのですが滅茶苦茶美味しいのです。

全部のメニューを制覇したわけではないので、偉そうにこれがいいですなんて言えませんが、

私の食べたGoat Cheese入りのLamburgerはお薦めです。(Lunch Menuです)

カジュアルダイニングですから、気軽にふらっと行ってみて下さい。

あの界隈、意外と隠れた名店が多いんですよね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

場の空気

突然ですが、私ブス専でもデブ専でもジャリ専でもありません。

その場の空気を壊したくないというか、盛り上がると思ってそうしてます。

それに見た目では判断しません。

”バカ”なのはさすがに嫌ですが、それ以外は見た目では絶対ないので、

雰囲気を壊したくないってだけじゃ本当はないのですが、

とりあえず、周りにはとっても勘違いされるぐらい楽しそうに話します。

本当に楽しんでるは確かですが、一推しみたいになってるわけじゃなく、

たまたまその場に居合わせたんだから、仲良くしようよって具合なんですが、

どうにもわたくし一推しとして捉えられてしまうみたいです。

他の人が話さないから、私と会話してるってだけで、その人達もとってもいい人達なんですよ。

なんか言えば言うほど、どっちにも誤解されそうなんですが、

とにかくブス専でもなくデブ専でもなくジャリ専でもありません。

あまりにも言われたので、どうしても言っておきたいことでした。

その場にいなければ、全くわからない話してすみません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Good Exercise

今週末、人生初の空手を体験してきました。

ご近所さん付き合いをさせてもらってる方が、空手道場を数ヶ月前から任されてるということで、

以前からお誘いを受けていたんです。

もともと空手の印象派あまりよくなくて、日本にいたころに観た試合やその後の処理の大変さから、

あくまでイメージですがk”恐い”しかなかったんですよね。

もちろん、殴りあうからとかそういう意味じゃないですよ。

気合の意味合いが自分とは違う意味として存在するのではなかろうかという意味です。

空手だけではなく、格闘技全般見るのは好きでも自分でやるのは絶対に嫌なのです。

高校時代には、体育の授業で柔道があり、何よりも得意な科目にも関わらず、

その時の成績は最低の評価。だって、まともに授業に出ないんですから。

まさに”ズル休み”です。あっちが痛いとかこっちが痛いって休んでて、

放課後の部活にはしっかり参加してるぐらいですからね。先生も諦めてたみたいです。

で、そんな私が何故この歳になってチャレンジしてみようと思ったかといいますと、

なんと”なんとなく”なんです。たまたま知り合った人がいい人で、

その友達も私の知り合いで、みんなで行ってみる?って感じだったのです。

兎に角、格闘技を自分がするのは嫌い。柔道、空手、ラグビーのようなぶつかり合うもの、

もう痛いのが嫌なんです。でも、自分に言い聞かせました。

食わず嫌いじゃいけません。やってみてから判断しましょうと。

初心者の体験入門なんで、そんなに痛いこともないだろうと思い、

やるなら精一杯ということで、先生の教えをそのまま全力で頑張りました。

およそ90分のお稽古は、そりゃもう大変でした。実際にやる蹴りや突きはあまりしたくはないのですが、

基本練習はとても興味がもてました。空手の知らない世界が見えて、

新しいことを知ることの喜びを感じてた90分だったのです。

詳しい用語が全く思い出せないので、なんと説明したらよいのか分かりませんが、

基本の立ち方、突きや蹴りの姿勢、、すりあしで前に進んで後ろを振り返るなど等、

結構汗だくになりながらのお稽古でした。

今後も空手を続けていくか?と問われれば、正直に言ってまだ分かりませんが、

自分の中で誤解を少しでも解けたことが一番だったように思います。

何でも変えてしまうアメリカ風に言うなれば、空手エクササイズなら続けれられそうかなってところです。


その空手のお稽古の前に、何を血迷ったか午前中に6マイルを走りに行ってしまったのです。

朝起きて、とっても気分がよくて我慢し切れなかっただけですが、

ウォーミングアップを兼ねてと思いしっかり走ってきました。

その後の空手初体験。そんでもって、今日は一緒に走ってくださいと頼まれ、

セントラルパークでの4マイルラン。4マイルでとてもゆっくりしたペースなんで、

今日に関してはさほど影響はないと思うのですが、

たくさん身体を動かした証の”筋肉痛”がきています。

特に上半身。マラソントレーニングをまだ始めてないので、上半身のトレーニングは全くしてないこの数ヶ月。

やはり空手でのダメージは大きかったようで、ミットをもって白人の大男のキックを(蹴りじゃなくてキック)、

受け止める衝撃は恐ろしく凄くて、想像をはるかに超えてました。

負けてられない!吹っ飛ばされたらみっともない!って、

勝手に日本男児意識が働き、必死にミットを持っていたのですが、

そのミットを持っていた腕が今日はボロボロになってました。

あまりの衝撃にむち打ちになってるような気がしないでもない感じ。

2日続けてのランで、背筋が少し痛くなってる気がしないでもない感じ。

いずれにしても、こういう痛みは嫌いではなくむしろ喜んで受けたい方なので、

とっても気持ちよくお酒が飲めた日曜日の夜だったのです。

みなさんも空手やってみませんか?

先生が優しい方なので、初心者でも問題なく入門できますよ。

ちなみに、走り始めたい方はお付き合いします。

今日、一緒に走った人が初めて4マイル走れたんです。(これまでは3キロが最高)

一緒に走ることで、走る楽しみを味わってもらえるなら、喜んで走らせて頂きます。

とは言っても4時間切れないへなちょこランナーですがね。そこんとこよろしく!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

Locanda Verde

ニューヨークにいる人のブログやTwitterを見てると、

やっぱり誰しも今年の冬の寒さにやられてる話が多いようです。

私も例にもれずにその寒さにすっかりやられてます。

仕事以外は、外に出る気全くなし。このまま引きこもりになっても構わないって思ってしまうぐらいです。

でもこんなに寒い冬なんですが、2009年の方が平均気温は低かったのだそうです。

もちろん降雪量は今年のほうがはるかに上回ってるのですが、

気温は2年前の方が低い・・・ってことは、あたくしがチョビ様の執事を仰せつかった年じゃないですか。

そういえば、毎日寒さと戦ってるのは私だけで、チョビが跳ね回っていたような気がします。

吹雪だろうが凍りそうな気温だろうが、”バルコニーで昼寝するからね!早く開けなさい!”って、

こっちの心配をよそにいつも言われてたような気がします。

今年もチョビは寒い日の方が元気みたいなので、やっぱり寒さには強い子なんだぁって、

ちょっと大袈裟かも?と思いながらも感心してしまいます。


先日、Twitterでつまらないことを呟いてしまったのですが、

丁度、そのときに行ったイタリアンがLocanda Verdeだったんです。

ってこんなこと言っても、Twitterフォローしてない人は全く何がなんだか分からないですよね。

その日はクライアントがイタリアンがいいと言うので、ご案内しました。(私自身も久しぶりに)

Greenwich Hotel内にあるお店です。(内と言っても外からも勿論直接入れます)

ここはクライアントにはよくご紹介させて頂くホテルの一つで、個人的にはとても好きなホテルの一つです。

騒がしくなく落ち着いていて、スタッフの対応も良く、いつ行っても心地よくさせてくれます。

トライベッカのあのあたりは、よく利用させてもらうお店がたくさんあるのですよね。

このお店は、ホテル内にあるので観光客や他都市から来てる人が多そうに思うのですが、

どちらかというと地元の人に愛用されてるレストランです。

ホームページの写真で分かるように、基本的にはカジュアルダイニングなんですが、

所謂、アメリカンなダイナー的なところでもなく、MPDのような軽い感じでもなく(御幣があるかもしれませんが、お許しを)、

上手く言えませんが、丁度いい感じなんですよ。

堅苦しくなく、カジュアル過ぎてワヤクチャな感じもない、大人のカジュアルって感じですかね。

夜にわざわざトライベッカまではちょっと・・・と思われる方は、ブランチもお薦めですよ。

プライベートでもビジネスでも使えるお店です。勿論、お味もよろしくサービスも問題ありません。

トライベッカのイタリアンで悩んだら、是非ここにして下さい。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

Japanese Restaurant

このところ、ジャパニーズレストランに行くと、

ちょっとがっかりすることがよくあるんです。

個人的に大好きな饗屋さんやKajitsuさんなどは安心して食べれますが、

意外にこのお店でも??っていうのが多いのです。

天丼はべちょべちょだし、カツ丼がやたら辛かったり、

刺身がこれ?焼き鳥が・・・?なんて、日本からのお客様にはご紹介出来ないようなものばかりです。

もちろん、こちらでビジネスする上で、多少日本で出すのとは変えないといけないものもあるので、

その辺はとってもよく理解してるつもりなんですが、まだまだ理解が足りないのですかね。

今ではそんなに極端に変えなくても、日本食が何かは理解されてるのですがね・・・

まぁ行くところさえ選べば問題ないのですが、それなりにお客様の方の都合があって、

行かなければいけない機会って結構あるんですよね。

なので、いつも15EASTにご一緒できるわけではないのです。

その度に、え?このサービス?、このお料理は・・・?って思ってしまうのですよ。

偉そうで申し訳ないのですが、お客様をお連れする立場としては、

お客様に「これが日本食と思われたら、ちょっと違うよね」と言われては、

私としてはとっても残念なんですよね。

片田舎にある日本食レストランじゃないんですよ。このNYにあるお店なんですからね。

しかも中国人がやってる”なんちゃって日本食”とは違う、

日本人が経営する日本食レストランなんですから、それはみんな期待しますよね。

なんとか薀蓄ならべて、何事もなかったことにして次に行くのも私の技量なのか?

いつもお世話になってるので、それぐらいのことは当たり前かもしれませんね。

文句言ってちゃバチがあたります。頑張ります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ過ぎ

このところ、およそ一ヶ月間ぐらいですが、毎日のように食べすぎの日々が続いてます。

仕事でご一緒させて頂く事が殆どなので、

食べたい物を好きなように食べてる訳ではないのですが、

少し落ち着きたいと思う今日この頃です。

昼からワインを飲み続け、そのままディナーに突入というのもしばしば。

別にインベストバンカーでもないので、接待の会食ではないのですが、

やはりその日に食べたいと思うレストランには行けませんよね。

でも希望の料理での美味しいところばかりにしかお連れしないので、

食べるととっても満足なんです。

満足すぎて食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまうんですよね。

色んなレストラン行き過ぎて、どこから紹介したらいいのか分からなくなるぐらいですが、

思い出した順にアップしていきたいと思います。

ってこんなこと前にも言ってたような気が・・・

今日もこれからランチに行ってきます。何をご希望かは会ってからのお楽しみ。

久しぶりに中華でも食べたいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くだ巻き

すみません。

前回の記事、削除しました。

やっぱりくだ巻いてる時は、ネガティブになってるものですね。

前向きに考えないと何も生まれません。

いけない、いけない。反省。


暖かいしいい天気だし、今日も元気に楽しく頑張りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ざっくり

今日は特別な会食もなく、何日か振りで家でご飯が食べれそうだったので、

買い物して何か作ろうと思って帰ってきました。

作ると言ってもわたしの料理など、炒めるか煮るかぐらいのもんで、

何も手の込んだことはしないのですが、それでも包丁ぐらいは使います。

で先ほど、頑張って夕飯の支度をしようと包丁を手にとった瞬間、

ざっくりといってしまいました。ほんと秒殺です。

殆どなにもしないうちに流血騒ぎ。

もともと血を見るのが恐ろしく嫌いなものでして、人の血でもダメなのに自分のになったらもう大変。

死んでしまうんじゃないかと思うぐらいに、一人で大騒ぎでした。

止血するのに、心臓より高いところにとかちょっと強くしばってみるとか、

冷静に考えれば色々な手段が思いつくところなのに、

もう血を見たくない一心で、ずっと洗面所で水にさらして血を流してました。

もう凝固作用とかそんなの全く無視してる状態です。

兎に角、血が見たくないんですよね。水で流がしてると冷たいしなんとなく痛みもなくなってるように思えるんです。

もういいかなと思って水を止めると、また血が流れ出す。もう眩暈しそうでした。

そんなことを繰り返すこと30分。

少し冷静になってきて、”そうか!ちょっと縛って血を止めればいいのか!”ってようやく気付きました。

今はまだ縛ったままでズキズキが続いてますが、とりあえず血が止まったみたいなので一安心です。

酔ってもいないのに何で切るかね?

料理なんて偉そうにしようと思ったのが間違いでしたね。







レストラン業界の集まりがどうのこうのと言うのが前回の話でしたが、

その夜はとっても楽しい時間でした。

獺祭で有名な山口県の旭酒造のぼんぼん(本人が言ってたので問題ないと思います)と、

酒ソムリエのおちずさんのお誘いで、厚かましくも参加させて頂いたのですが、

ニューヨークにいる酒好きの人達がたくさん集まっていて、

大いに盛り上がった夜でした。

皆さん、日本酒大好き、日本酒の為に何かしたい、日本酒万歳って人ばかりだったので、

たくさんの美味しいお酒を頂くことが出来ました。

こうして地道に活動を続けてきた成果が、アメリカで今の日本酒の地位が確立されているのでしょうね。

ほんと素晴しいです。

普段飲めないような珍しいお酒も振舞われ、酒好きにはたまらない夜でした。

桜井さん、おちずさん、また次回も読んでくださいね。よろしくです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

健康第一

またしても日本で嫌なニュースが流れました。

とても仲良くさせてもらってる方の病状が芳しくなく、

休養が長期にわたりそうだというものです。

あまりに心配で、それこそ色んなところに連絡をして状況確認してみたのですが、

なかなか連絡がとれずに気をもんでいたんです。

大きな病気じゃないのは知っていたんですけど、こんなに長引くとは知らされてなかったので、

勝手に心配してあたふたとあっちこっちに連絡してしまいました。

先ほど義理の弟さんから電話をもらい詳しい状況を聞かせてもらって、

ひとまず今は安心してるところです。

まさか?!って人だったもんで、とにかく気になって仕方ないのですよね。

自分も気をつけなくてはいけないですよ。

本当に健康第一です。とくにお子さんのいるお父さん、しっかり健康管理したほうがいいですよ。

身体と心の健康を保つって、意外に難しいのかもしれませんね。

「快楽美」「健全な心と身体」

私の基本なのですが、改めて意識しながら生活しないといけないと思いました。

みなさんも、身体と心が健康であれますうに心から祈ってます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »