« BierHaus | トップページ | 春なのかな・・・? »

20周年

足の痛みが少し良くなってきたので、この頃やっと出歩くことが出来るようになりました。

外に出るってやっぱり必要ですね。

引き篭もってると、落ち込むばかりですよね。

先週末から、日本から知り合いが来まして、お食事なんかのお誘いを受けて、

出るタイミングを作ってくれたのでなんとか出てますが、もしそういうのがなかったら、

仕事以外で社交的な活動はしてないような気がします。

昨日はおよそ一年ぶりに、CathayPacificのクルーとお食事会。

殆どが”組合”の方なので、私一人を除いてほぼレディーストーク。

なんだかよく分からない会話も、人と話をすることが安息と元気を与えてくれます。

ちょっとした人の優しさに涙が出そうになる程、よわっちくなってる感じがします。

ちょっと情けない話になってしまいましたが、タイトルの20周年というのは、

ご存知の方も多くいらっしゃると思うのですが、

NYにはいわゆるピアノバーと呼ばれる飲み屋さんがたくさんあります。

その中でも老舗として知られるのが「クラブうさぎ」が20周年を迎えたのです。

実は、私はこちらのお店とはお客としてのお付き合いではなく、

どちらかと言えばプライベートなお付き合いの方が長いのです。

もうかれこれ18年ぐらい前になりますでしょうか。

うさぎがオープンしてまだ2年目ぐらいの時です。

近所にあったドッグランで会ったのが、今もマネージャーをされてる方で、

当時は若造の私がそんなところに遊びにいけるわけもないので、

お店の存在は知っててもどんなところかは全く知らず、

そういうところで働いてる方なんだと思うぐらいでして、

ようするに”ブンブン”っていう犬のパパとしか知らなかったんです。

もちろん最初は向こうも、レオのパパとしてのお付き合いでしかありませんでした。

で、その後に出会った方が、オーナーの弟さん。

実は家の姉がお店やってて「うさぎ」っていうんだけど知ってる?って。

そういえば聞いたことあるし、家の近くだなぁ・・・って思ってたら、

何か犬の話になりその人と同じ犬の名前だったりとかして、うさぎで働いてる人とも犬仲間なんて話して、急激に仲良くなったりなんかして。

それでお店の人を紹介してくれて、ご近所さんだったってこともあり、

まるで身内のように接してくれるのがとても嬉しかったんですよね。

もちろん、もともと全てのお客様へ心のこもったおもてなしをしてますので、

みなさんがそのように感じて20周年を迎えていられると思うのですが、

当時の私はまだまだ子供でそういうお店に出入りすることも出来ず、友達も少なくって感じでしたから、

近所に仲間が増えた気分で大喜びだったわけです。

それ以来、日本からオーナーさんが来るとゴルフ行ったりお食事したり、

そのままお店に行って飲んでみたり、お芝居観にいってみたり、買い物したりと、

いつも楽しくお付き合いさせてもらってるのです。

その昔からの知り合いの方々が心をこめて続けえきたお店が20年。

NYのピアノバーでこんなに長い歴史を刻んだお店はないのではないですかね。

毎年恒例でこの時期には記念パティーをするのですが、

いつも混みあうので無理に来なくてもいいよと言われるまま、その言葉に甘え、

前日にオーナーさんと飲みは行っても当日には行ったことがなかったのですよね。

さすがに、今回は1時過ぎたら空くからそれからおいでよってことになり、

初めてパーティーに顔を出してきました。

もちろん、私はバーの隅っこで一人ちびちびと飲むだけなのですが、

店内はもう大変な盛り上がり。それで話を聞いてると、わざわざインドネシアから24時間かけて、

このためにNYに来たというお客さんがいたり、出張をこの時期にあわせてNYに来てるというお客さんがたくさんいるんですよ。

いやぁ、ほんと自分のお店でもないのに嬉しい限りでした。

こんな素敵なお店の方々とこうしてお付き合いしてもらえてるって、

本当に有難い事なんだと改めて実感しながら一人ごちてました。

どうぞこれからもよろしくお願い致します。

行ったことがない方は、是非一度行ってみて下さい。

女性も歓迎してますから、奥様同伴でも全く問題ございません。

|

« BierHaus | トップページ | 春なのかな・・・? »

Dining」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20周年:

« BierHaus | トップページ | 春なのかな・・・? »