« Sandwich | トップページ | 母の日 »

ANPO #2

今日はとってもいい天気でしたね。

この陽気につられて、痛めてる足を忘れて走りだしたくなる衝動にかられます。

しばらくはこの陽気が続くようです。もう散歩するのにも飽きたし、ほんと早く走りだしたいです。

それよりも、やっぱりゴールデンウィーク中は、天気が悪いんですかね・・・(笑)

終わったとたんに、天候回復。気持ちのよい春のNYがやってきました。



昨日、リンダの映画「ANPO」を観てきました。

これまでにも何度かNYでの上映会があったのですが、仕事の都合でいけてなく、

今回初めて観ることができました。

Politicsの要素がふんだんにあるのですが、実はArtの映画なんだと最後には思わせてくれます。

何とも言い難い感じで、友達なだけに言いたいことは多少なりもあるけど、

客観的に観たらアメリカ人はどう思ってるんだろう?というのが一番の感想でした。

リンダが言いたかったことは、アメリカが日本にこれだけのことをしてきたんだ!ということではなく、

そういう状況の中で、こういう風に表現しようとしてたアーティスト達がいたんだよ!

絶望、苦しみ、悲しみ、孤独、狂気、そういうものを全て受け入れ、

それでも何か光を求めて、自分達の力を信じ続けた人達のドキュメントとでもいいますか、

そんな偉そうに批評できる訳ではないのですが、夕べ一晩感じたことを考えなおすとそういう感じかもしれません。

それでも答えは見つかりませんけどね。っていうような映画です。

テロ、震災、ボランティア、政策、チャリティー、戦争、

全てのことにおいて正しい答えなんて、見つけることは出来ないんだと思います。

でも、その時、その時の最善がそれだったということなんだと私は信じたいです。

東電の人達も、岸首相も、管さんも、オバマ大統領も、最善を尽くしてると信じたいです。

その上で、この結果なら仕方ないと納得したいです。

自分の人生も、そう考えたいです。分岐点で選んだ道は、自分にとっては最善だったんだと信じたいです。

なんか、変なテンションです。リンダの映画がそうさせるのでしょうか。

後悔しないように、最善を尽くすことが大切だと、何故か今もう一度思いなおしているところです。









|

« Sandwich | トップページ | 母の日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANPO #2:

« Sandwich | トップページ | 母の日 »