« 気温差 | トップページ | Torrisi Italian Specialties »

乗り物オタク

この2日間は、とても涼しいお天気が続いてます。

ほんとにこの気温差で体調崩してしまいました。

今日もおとなしく家で事務処理やリサーチをして過ごそうと思います。

とは言っても、やらなければいけないことはたくさんあるので、

身体だけ休めて頭はフル回転させたいところですが、こういう時には絶対無理なのは分かってます(笑)

数年前から、うすうす気付いてはいるのですが、やはりわたくしは乗り物が大好きみたいです。

数年前に、お仕事をご一緒させて頂いた、とある外資系保険会社の会長が乗り物オタクで、

わざわざNY発の便で、機体を選んで搭乗便を決めてるってお話を聞いて、

”分かる~!”って突然思ったことがありました。

その時、一緒に仕事してた人も乗り物オタクで(彼は電車好き)、どちらかというと周りからは、

いわゆる”オタク”扱いされてたのですが、どうにも私は話が合いまして、

その人から、「その会長の気持ちが分かるんだったら、

国松さんはもう乗り物オタクで間違いないです」と太鼓判を押されてしまったんですよね。

飛行機が好き、普通列車でも何でも電車好き、新幹線が好き、船が好き、車が好き、

もう十分ですよね。のぞみに初めて乗った時の思い出話なんかは、まさにオタクの資格十分だそうです。

父親が国鉄に勤務してたので、子供のころから電車(田舎では汽車という)は大好きで、

よく父親が運転する汽車に乗せてもらったものです。

やっぱり、自分の親が運転する汽車に乗るのは、子供心にも最高の優越感を感じていましたし、

それと同時に、こんな大きなものを自由自在に操ってる父親を尊敬したものでした。

誰に自慢したことはないし、自分でも得意と思っていた訳でもないのですが、

今にして思えば、時刻表なんかの見方は同級生なんかより遥かに早く、正確に見ていたように思います。

未だに、日本の新幹線が一番好きな乗り物で、帰国した時にはRailPassが使えるのをいいことに、

目的の行き先もなく無意味に乗り回したりしています。

飛行機にいたっては、もう未だに信じられない乗り物なんです。

科学の上では理解しているのですが、空を飛ぶことにまだ本当に心底理解出来てないんです。

なので、いつも離着陸時には異常に興奮するんです。

どれぐらいのスピードで、どう風があたって上昇するのかとか、そんなことは聞いたり読んだりで分かってます。

でも太平洋の上にいる、アメリカ大陸の上を飛んでるという感覚は、

何度飛行機にのっても実感がわかなくて、夢のような時間なんですよね。

今時こんなこと言う奴も珍しいと思うのですが、当たり前のように乗ってる飛行機でも、

こういうこと思いながら乗ってるのでオタクって言われるのでしょうね。

車やバス、地下鉄、自転車に至るまで、何かにつけアガる瞬間が多々あります。

ドイツ行った時なんかは、とにかく電車で移動したくて、ベルリンからドレスデンまで、

みんな車移動だったのですが、私だけ我侭いって電車移動してみたりしてました。

TGVにも乗ってみたいですね。シベリア横断鉄道も。

ボーイング747-400なんかもう美し過ぎて、あれ以上の機体はもう出ることはないんじゃないかと思うぐらいです。

と、こんな感じの話をしてて”乗り物オタク”に認定されてしまったという訳です。

オタクというよりは乗り物好きだと思いますが、何はともあれ大好きなんです。

それで今回、飛鳥Ⅱクルーズを目の前にして、船乗りてぇ~~~!衝動を抑えるのに必死だったんです。

金スマなんかでも知られてる、地元でとっても有名な霊能者Kさんが言うには、

私の前世は船乗りだったらしいのです。

その言葉はとっても納得してまして、船に乗ってると不思議と落ち着く自分がいるんですよね。

時間があるとスタテンアイランドフェリーに、これもまた意味もなく乗ってる時があるんです。

大きな船を目の前にしてのこのアガり具合。本当に乗り物が好きなんだと、確信するに至った次第です。

ちなみに、赤ん坊の頃から可愛がってる親戚の子も乗り物大好きと最近知り、

異常に嬉しさを感じているところでもあります。

今からでも、新幹線の運転手さんになれないものですかね・・・?

|

« 気温差 | トップページ | Torrisi Italian Specialties »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗り物オタク:

« 気温差 | トップページ | Torrisi Italian Specialties »