« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

おはようございます

夕べ、遅くから雨が降り始めました。

昨日、お会い明日お客様に今日の天気を聞かれ、iPhoneでドヤ顔で調べたのですが、

その時は夕方から雨の予報だったんです。それが朝から雨だなんて・・・

なんかとっても申し訳ない気分です。

久しぶりのまとまった雨なんで、本当は嬉しいはずなのですが、今朝の気分はちょっと複雑。

嘘ついた訳ではないのですがね。





昨日は、残念なニュースが多かったように思います。

小松右京さん、デービット・グッドマンさん、レイ・ハラカミさん、伊良部さん。

伊良部さんって、悪役風のイメージが強かったですが、好きな投手だったんですよね。

以前プロとして登録してたことがある友達が、ずっと前に昔話しを聞かしてくれたのですが、

尊敬するのは江夏投手で、一番凄かったのは伊良部投手だったって話を聞いたことがあります。

それを聞いた後に、ヤンキースタジアムでの勇姿を初めて見たときは、特別な感動を覚えた記憶があります。

大袈裟に言えば、ランディー・ジョンソン(知らない方もいるかと思いますが)ぐらいに球が速かった印象です。


5万人の前で、あんなにふてぶてしい態度で三振をとる姿、今でもよく覚えてます。

本当にふてぶてしかったかどうかは分かりませんが、不思議と凄さを感じてましたね。

豪腕伊良部投手、かっこよかったなぁ。心からお悔み申し上げます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルカリ性

ようやく、私のご主人チョビ様の容態が快復してきたようで、

とってもご機嫌の月曜日となってます。

昨日の暑さとは打って変わって涼しい今日、張り切って仕事をしようと思ってはいるのですが、

こういうときに限って問い合わせが少ないんですよね。

あっという間にリサーチ終了。午後からのミーティングに備えます。


最近ちょっと気になってるのが、酸性とアルカリ性の違い。

人間の身体は、ちょっとだけアルカリ性傾向にあるのが理想なんだそうです。

もちろん色んな説があります。細かな数字を出すと批判されそうなので、

ややアルカリ性がいいってことにしておきますが、

自分の身体から発する臭いとかって、結構影響してくるものなんですよね。

口臭、体臭がそれです。

このところの猛暑で、自分の汗がどういう匂いを放ってるのか気になってたんです。

自分ではこんなに愛しい匂いはないのですが、人からしたらそりゃ異臭でしかないですよね。

それで、ちょっと調べたら、酸性になると匂いがきつくなって、アルカリ性に改善すれば、

少しはよくなるって見つけたんですよ。

食べ物が一番影響してきますが、一覧を見ると恐ろしく納得です。

NYには色んな人種がいますが(あくまでイメージですので、誤解しないで下さい)、

それぞれ、やはり匂いと繋がってるんですよね。

中東の方々の匂い、ヨーロッパの人達の匂い、韓国人の匂い、日本人の匂い、

それぞれ独特な匂いなんですよね。同じアジアで違うっていうのも珍しいのですが、

それこそお国柄なんですよね。

私なんかはきっと魚臭いんだろうなぁと思いながら、

匂いがあまりしないと言われてるアルカリ性に変えていこうと、訳のわからないことを考えてるところなのです。

アルカリ性食品って結構限られるのですが、一番の疑問は牛乳です。

牛乳はアルカリ性食品なのか?それともそうじゃないのか?

色んなサイトみても、結構ばらつきがあります。どなたか明確な答えをご存知な方いらっしゃいますでしょうか?

唯一、牛乳だけなんですよね。どうかどなたかお教え下さいませ。

よろしくお願い致します。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでとう!

今日も蒸し暑いですね。

昨日のほうが気温高かったのに、今日のほうが不快感がありますね。

湿度が高いとこうまで違うのですね。

今も昼に比べれば相当涼しくなりましたが、汗だくです。

どうも、この数年汗をかきやすい体質になったのか、冬でもエネルギーが燃焼してるような感じで、

火照るときがあるぐらいですから、夏なんか常に汗かいてる状態です。

特に走った後なんて大変。しばらく汗が止まらないどころじゃなくて、ずっと噴出してます。

昨日までの風邪っぴきがどこかにいってくれたので、調子にのって夕方走りに行ってしまいました。

シャワー浴びて、気持ちよくなったはずなのに、もうTシャツ換えてました。

代謝がいいのか汗っかきってだけなのか、燃費が悪いような気がしてなりません。



先週のなでしこJAPANに続き、今週は宮里藍選手が優勝しましたね。

数年前、演舞場の楽屋でお目にかかったことがあって、

まだその時は優勝のチャンスがなくて、相当頑張っていた頃でした。

優勝記念にボールとグローブをプレゼントなんてお話をしながら、笑っていたのを思い出します。

その藍ちゃんが、2年前この大会で初優勝を飾り、それ以後大活躍をしてる訳ですが、

今年のツアーではいまいち調子が出てなかったんですよね。

お目にかかって、お話したことがある方って、どうしても感情移入してしまう傾向にあってですね、

もちろん他の日本人プレーヤーも気にしてみてるのですが、なんだかんだ言っても藍ちゃん応援してしまいます。

251725_10150239091125684_4327910568
いい笑顔ですよね。

インタビューで、「やっと今季1勝だけど、自分を見失わずにやった結果が勝利につながった」って言ってましたけど、

本当にその通りですね。我慢強くプレーしてました。

281251_10150239091180684_4327910568
「日本は今大変な時期なので、ここで勝ててうれしい。グッドニュースを届けられた」

251643_10150239090790684_4327910568
みんなに祝福されて。

250177_10150239090970684_4327910568
最後は日本語で、「日本のみなさん、また力を合わせて頑張りましょう。私も一緒に頑張ります」

かっこいいなぁ、藍ちゃん。

いつも間にか、英語もすっかり話せるようになってるし、凄いですね。

苦しい時期を乗り越えて、この笑顔があるんですよね。

このような方々と比べるなんておこがましいにも程がありますが、

ほんと自分はまだまだどころか、へなちょこ過ぎてどうしようもないんだと気付かされます。

今週もとっても素敵な笑顔と、力強いパワーを頂きました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏風邪

暑いですね。記録的な猛暑です。

みなさん、熱中症にはくれぐれもお気をつけて下さい。

そんな猛暑の中、不覚にも風邪をひいてしまってました。

火曜日の夜ぐらいからですかね、なんとなく喉というか鼻の奥というかが痛みだして、
(火曜日は6マイルしっかり走った後だったんですけどね・・・)

夜が明けたぐらいに発熱開始。一昨日の夜からこの猛暑と同じぐらいの体温に。

昨日の朝が一番辛かったかもですね。

今日になって復活の兆しです。昨日までのミーティングや何やかんやは、

こちらでも一番強力な効果で有名なMortorinを服用しまして、時間限定で普通の人になってました。

気温が暑くてこうなってるのか、発熱してるからかがよく分からない状況だったので、

相当勘違いしたまま40℃の熱を過ごしてましたが、夏風邪が人生初体験だったので、

とっても不思議な感覚でした。(というか、まだ完治したわけじゃありませんが・・・)

暖かくして汗たくさんかいてってよく言われるけど、この暑さじゃクーラーかけないと黙ってても汗だく。

わざわざ布団に潜り込まなくていいぐらいなのですが、暑すぎて全く寝れない。

かといって、クーラー付けて布団にくるまってるのもどうしたもんかと・・・?

寝るのが一番なんで、クーラー付けてゆっくり寝るのがいいんでしょうが、

何か違うような気がして仕方なかったのですよね。

夕べ、結局クーラーを付けないと居れぐらいの気温になって、

ようやく涼しい中で久しぶりにゆっくり寝れて、快復に向かってる感じです。

普通に考えれば、それが一番だと思うのですが、

熱のせいか何故か変な考えが浮かんでしまい、意地になって”クーラーなしで汗をかいてよくなってやる”みたいになってました。

やはり睡眠は大切ですね。たくさん食べて、たくさん寝るのが一番の薬なんだと、

いつもながら改めて思うのでした。

健康って一番ですね。年に一度ひくかひかないかの風邪をこの猛暑にひいてしまうこのへなちょこぶりに、

密かにショックをうけております。

頑張ってまた走り出さないと。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Now Open!

いい天気が続いてますね。

ちょっと暑すぎる感じもしますが、寒い冬に散々寒いより暑いほうがいいと言ってしまった手前、

それを覆すこともならず、(事実、今でも寒いよりはいいと思っています)

暑さを楽しもうとしてました。

なのですが、何故か昨日の夜から体調がイマイチです。

ちょっと風邪気味みたいです。微熱があって、体中が気だるい感じです。

この暑い時の熱は結構辛いものですね。この十数年、暑い時に風邪なんてひいたことがなかったのですが、

布団かぶって体温めてっていうのがイメージなんですが、

何もしてなくても汗だくになってしまう感じなので、クーラーかけて涼しくして布団かぶるのもなぁ・・・?

なんて思いながら、どうしようもなくグダっと座ったままになってます。

Img_1814
セントラルパークの空はこんなに綺麗です。

こんな綺麗なんだから、ついつい外出たくなってしまいますよね。

明日は、夕方まで時間があるのでゆっくりしてようと思います。


うちの近所にあの有名なスーマーケット「Fairway」が、遂にオープンしました。

すみません、なんか”ご存知の”みたいな言い方してしまいまして。

NYを中心にこれまで6店舗出店しておりまして、山積みのディスプレーや、シーフード、肉売り場の広さやクオリティーが高いとか、

PBも豊富に取り揃えてあり、価格も所謂”Best Price"となっており、

お店の雰囲気が常に購買意欲を掻き立てられるような感じなんです。

Img_1816
86th street 2nd ave & 3rd ave
左下の白のノースリーブを着た方はNBCのレポーターさん。顔撮らしてくんなかった。

私のアパートの周りといいますか、このFairwayの周りは、正直に言ってスーパー激戦区。

そんな中、アッパーイーストに初めて出来た巨大グロッサリーストアーということで、

もの凄く話題になっていて、今日は、本当に人が多かったです。

あちこちから、”ありがとう!待ってたわよ”、”そうそう、これを待ってたのよ”って、

お店の人にいってる人いました。

実際、私も待っていました。この辺に出来るっていうプロジェクトはかなり前から知ってたのですが、

意外にも早くにオープンにこぎつけたようなのですが、店員のトレーニングもしっかり出来ていたし、

勿論、商品も充実してました。一つだけ、アッパーウエスト店に及ばないのが、サプリメントのコーナーですね。

どうしても、敷地が狭いところ利用してるので仕方ありませんね。

Img_1817
ディスプレーの仕方は他店と同じです。(写真撮ってたら、異常に怒られました。)

今日、オープニングですから、スタッフは一番気合が入っているでしょうからね。

商品だけでなく、スタッフもずっとあの新鮮さを保ってくれること願います。

繰り返しますが、今のところは、どこの店舗よりもちゃんとトレーニングされてる印象です。

顧客層が世界一お金持ちが住んでるエリアですからね。

それなりにちゃんとした対応しないといけませんから、その辺はマネージメントも気を使ってるのがよくわかりました。

Best Quality,Best Price, Best Customer serviceだそうですから、個人的には、このお店が出来てくれてとっても助かりました。

とりあえず、毎日通って余計なものばかり買ってしまいそうです。

Food EmporiumとかGristedesとか、誰も行かなくなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Congrats! 

一夜明けても興奮冷めやらぬ、昨日のなでしこ達の偉業。

夕べは、あまりの興奮で訳の分からない、大変失礼なことをアップしてしまい、

非常に反省しております。ごめんなさい。すみません。



今回、どれだけの人が勇気付けられて、感動の涙を流したことでしょうか。

わたくしは、もう途中から泣きっ放し。思う気持ちは人それぞれだと思いますが、

今まで全くと言っていいほど興味のなかった事が、一瞬にして心をひきつける事もあるのですよね。

これまで何もしてないのに、こちらばかりがこんなに感動をもらって申し訳ないぐらいです。

これからは、何か少しでも女子サッカーに協力しなければと思うのでした。

これって、先輩が言っていたのの受け売りなんですが、全くその通りだと思うので、

恥ずかしがらずに真似してみました。

だって、ほんとにこの決勝戦まで全く興味なかったんですからね。

選手の名前も知らないし、大体にしてワールドカップやってることも知らなかったぐらいですから、

それがあの数時間で号泣するぐらいの感動って、そりゃ尋常じゃないですよ。

ほんと凄いなぁ。嬉しいなぁ。

淡路屋さんからメールがあって、日本では神は居る!神は宿る!って言われてるよって、

教えてくれたんですが、本当にそう思います。

神がかり的なプレーの数々。もちろん偶然なんかではなく、

これまでのトレーニングの成果と実力が現れただけなんだと思いますが、

神を味方につけたような戦いぶりに鳥肌がたつ思いでした。

Obot662_0717ww_g_20110717174428

Obot664_wcup07_d_20110717180612

Obot669_japan__d_20110717191031
(写真はWSJより引用)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウンゼント・ハリス

最近、とってもいい天気ですね。

冬の寒さよりも、蒸し暑いほうが我慢できます。

どうしたことでしょうか、昔は暑いのがどうしてもダメだったんですけどね。

汗をかきながらの生活、嫌いじゃありません。

 

夕べは、とっても綺麗なお月様。いつものことですが、気持ちよく月光欲してまいりました。

Img_1808

ちょっと寒かったんですが、じっくりゆっくり月光欲。至福の時です。
この時ばかりは誰にも邪魔されたくはありません。

先日、20数年この街にいて、初めて知ったことがありました。

お仕事でお会いした方々なのですが、その方々のお陰でまた一つ、

日本とNYの繋がりを知ることができました。

その繋げてくれているのは、タウンゼント・ハリス氏です。

Img_1794

名前だけ聞いても分からないと思うのですが、あの黒船ペリーと一緒に日本に開港を求めてやってきた人です。

初めての駐日大使。日米修好通商条約を締結した人でもあります。
Img_1801
肖像画がこちらです。

今回は彼の子孫の方にもお目にかかり、お話をすることも出来て、

個人的には、とても勉強になるお仕事でした。

 


Img_1802

New York City Collegeのアーカイブにはたくさんの資料が保存されています。

彼が始めて、幕府との面談がかなった日のことや、日本滞在の状況と感想。

個人の趣味ですが、明治維新には興味はないのですが、江戸時代には尋常ではない食いつき方なので、

江戸時代後期のこの話。仕事を忘れて異常に興味深々で聞き入ってました。

ハリス氏の日本での活躍、帰国後の活動。全く知ることの無かったことを、

仕事とは言え、お墓参りもさえてもらい、子孫の方々とお話をさせてもらい、

CCNYのプロフェッサーの話を聞いたり、日本からいらして方々のお話を聞いて、

江戸後期に日本とアメリカの間で、実際に行われていたことが初めて明確になりました。

武士と”外国人”の違いを、その当時に理解して、条約を締結しようとした努力は、

想像をはるかにこえるものだったと思います。

勿論、武士と呼ばれたいた人達も大変な苦労を強いられてと思います。

双方の苦しみの中で見出した、お互いにいい”結論”が、今の日米関係に影響してると思うと、

ハリス氏や井伊直弼氏は命がけであったのだろうという思いに至る訳なのです。

異国の人間でも、お互いが信頼しあって、国の為に惜しみなく力を注ぐ。

弱肉強食の動物の世界とは一線を画す、人間の素晴しい英知の象徴のような気がしました。

もの凄く大袈裟な話をしてるとは思うのですが、それぐらい今回のお仕事は印象的だったのです。

日本からいらしてる市長さんも、そのスタッフの方々も、その意味をしっかりと理解して、

決して”便乗”することなく、心から友好、親善の意味を込めてご挨拶されていました。

こんなお仕事をさえてもらえることに、私も心から感謝の気持ちでいぱいです。

これからも、頑張って行こうと思わせて貰える、一つの機会でした。



 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zarkana

今日はいい天気ですね。

何故か5時ぐらいに起きてしまい、することないんでPCの前でウダウダしてます。

昨日の雨は結構降ってましたが、個人的にはとっても楽しい気分。

どうしたものか、雨が異常に好きなんですよ。ほんと不思議です。



何故か玲子さんとかぶってしまうのですが、私もZarkana観てきました。

私の場合、取材ではなくお付き合いで行ってきたのですが、玲子さんが書いてくれたので、

私が説明するよりとっても分かり易くなっていたと思いきや、

まだ説明の記事がアップされてないようで・・・

私の個人の感想は、一言でいうなら”楽しかった”になりますね。

Img_1783

Img_1781
こんな感じのステージで、
Img_1782
こんな人達もいたりとか。

シルクドソレイユの公演は、思い起こせば十数年前、

Saltimbanco公演がバッテリーパークシティーで行われた時に観に行って、

もう鳥肌がたつぐらいの感激を覚えてからというもの、時間の許す限り足を運んでおりまする。

今回は、日本の演劇プロデューサーと一緒に行くことになったのですが、

シルクドソレイユは、たくさん観てる人はお分かりだとは思いますが、

どこに価値を見出すかによって支払った金額が違ってくるんですよね。

一般の観客としては面白いと思いました。本当に素晴しい技術を披露してくれたと思います。

興行主の観点からみた場合は、ちょっと違うものになるのでは?と言う感想も否定できませんでした。

確かに技術は凄いので、もうそれだけで驚きの連発なのですが、

新しいものが何も観えてこないんですよね。

まぁ、こんだけシルクドソレイユを観てる人も少ないと思いますが、

さすがにあのテクニックには感服しますが、エンターテイメントとして観たら、

凄いんだけど何かが足りないって思ってしまうんですよね。

心のそこから楽しんでいたんですよ。

でも、冷静になってPlay Billを家に帰ってから読み直して、

実際の公演とを頭の中で妄想(?)してみるんですけど(結構これが至福の時)、

NYらしさと物足りなさが交差して、何とも言えない感じになってしまうんですよね。

そんなことを言ってますが、基本的にはとっても楽しんでますので、

みなさんも観劇してみてはいかがでしょうか? 観る価値はあると思いますよ。

でも、席は後ろの方がいいですよ。下手に前の席座ると、全体で何をやってるのが全くわからないのですよ。

ちなみにあたくし前から5列目ぐらいで観たのですが、近いから表情はよく分かったんですが、

全体で何が起こってるのかわからずに、ちょいとだけ寂しい思いをしました。

お薦めは、後ろの方の席か2階席ですね。

再度、チャレンジしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけ

今日は七夕だったんですね。

七夕の日って何してましたっけ?何か決まりごとってありましたっけ?

お月見する時のお団子みたいなのとか、願い事を短冊に書く意外何ですかね?

そんなことを考えていたら、今夜の知り合いのお店のパーティー行くのをミスりました。

一年に一度の出会いがあったかもしれないのに、ちょっとしくじりました。

ちなみに、そのお店はhachember(HPはまだ工事ちう)というところです。

オーナーのトシさんとは、共通の知り合いがたくさんいまして、初対面でも話題にことかかない感じだったぐらいです。

エンターテイメント関係のお仕事の方はよくご存知の人だと思いますが、

とってもエネルギーに溢れていて、厳しさと優しさをちゃんと使い分けてらっしゃるお人です。

そんな厳しいトシさんが始めたこのお店は、店名にBarとなってるのですが、ようは居酒屋ですので、

食べたあと飲みにいくんじゃなくて、食べながら飲めるお店です。

是非、一度行ってみて下さいな。







それで、タイトルのちょっとだけなんですが、管巻きをちょっとだけさせてもらおうと思いましてでなんですよ。

わたくし、こう見えても仕事は一生懸命やるほうです。(当たり前のことを声高に言ってすみません)

一緒に仕事をする人にもそれを望みます。でも、でもですね、お互いのミスには厳しくありません。

仕事上のミスは無いにこしたことありませんが、あって当然の事、むしろあることを想定しておかないといけないぐらいです。

それにミスなんてお互い様なんですから、みんなで補っていくのが「チームワーク」というもんじゃないですか。

そこで私が気に入らないのが、中途半端に謝ってる奴とか、自分は悪くないって態度とって来る奴なんです。

確かにNYじゃ謝っちゃ負けを認める事になるから、出来るだけ謝るな的なことを言われてますが、

自分が間違った事を、チームのみんなに謝るのは当然じゃないんですかね?

一人で仕事してる訳じゃないんですよ。みんなでバックアップし合いながら進めていくもんでしょ。

それを一人しれぇーとした顔して、「ああ、すんませんでしたね」みたいな態度とられたら、

もう二度と仕事したくなくなりますよ。

仕事が出来ないとか、仕事をミスするとかいうよりも、

その後の態度で、その人の人となりが分かるように思います。

間違ったっていいんだよ。私だって、みんなだって間違うんだよ。

その間違いをみんなで協力して助け合うんだから、その辺はちゃんとしようよ!って事なんです。

NYだろうが日本だろうが世界中のどこだろうが、そんなことは同じだとおもうのでありますよ。

NYにいると、”謝ったら負け”が変なプレッシャーになってるんですかね?

「人のふり見て我がふり直せ」 そうならないように気をつけようと心に誓う七夕の夜でした。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBQ

今夜は蒸しますね。

明日は暑くなるみたいです。しかも湿度も高そうで、昼間のお出かけは大変そうです。

こんな蒸し暑い夜は、キリリと冷やしたテキーラですね。

窓際で飲んでますが、外の匂いはいつでもいい香りです。その香りを肴に今夜のお酒です。


先週末の独立記念日のような時には、みんなで集まってBBQをするのが慣わしです。

わたくし、今年は前日の3日にやってしまったので、当日は何もなく静かに過ごしましたが、

今年はセントラルパークの96st以北でのBBQが許可されて(これまではセントラルパークでのBBQは禁止でした)、

たくさんのアミーゴ達が家族で楽しんでました。

その、所謂外でやるBBQとは違って、BBQ専門のお店がここ数年流行ってるんですよね。

もちろん、美味しいものでも健康的なものでもないのですが、アメリカ人はびっくりするぐらい大好きなんですよね。

Img_1703
こんな油ギトギトで、こってりしてるの子供の時から食べてたら、大きくなるわな。

先日、行ったところはHill Countryです。

BBQ食べ行くっていうとここになるのですが、いつ行っても大人気で待ち時間も結構あります。

このお店はよく視察で来たお客様に、アメリカの基本的な食生活をお伝えする為にお連れするところなんですが、

この他にもたくさんBBQ屋さんってありますよね。

どこが一番お薦めかとよく聞かれるのですが、このHill Countryですかね。

というか、どこも同じようなもんなんで、それこそ個人の好き嫌いになると思いますが、

混み具合とか味とかオーダーの仕方とかを見るなら、このお店がお薦めとなるんでしょうかね?

毎年、マジソンスクエアパーク辺りで開かれるBBQフェスティバルがあるんですが、

それも常に大盛況で世界中からたくさんの人達が集まるイベントです。

もちろん日本からもお肉屋さん業界の方が視察に来てますが、

このお店のBBQが一番美味しいと言って頂いてます。

数年前にブームを迎えたと思っていたんですが、未だに新店舗が出来てるみたいなので、

まだまだ根強い人気なんでしょうね。

個人的に好んで食べる物ではないですが、アメリカの食文化を語る上で、

避けては通れない類のものなので、いつも頑張って食べています。

このBBQから、今のNYの食事情がどれだけ発展遂げたかって事なんですが、

一度食べれば分かって頂けると思います。

ほんと、こんなBBQからよくも今の食事情に変化していったものです。

お時間と胃袋に余裕がありましたら、試してみてもいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーと

いつの間にか、独立記念日も終わってました。

いつもは時間があるのに、どうして何やかんやと同時期に重なってしまうんでしょうかね?

独立記念日のパーティーとかは、分かってるイベントなのでいいのですが、

仕事も何故か同じような日程でブックされたり、そんな時に限ってバーベキューだ送別会だなんてお誘いがあったり、

とってもとっても有難いことなんですけど、この忙しさが1週づつでもずれないものかな?と、
願ってしまうのですよね。

朝からミーティングして、夜の会食やらエンターテイメントなんかがあって、

その後、送別会に顔出して朝方まで飲んでるんですから、そりゃブログも更新できませんよね。

というか、送別会とか行かなきゃいいんだとは思うのですが、

どうしても誘われると断れないし、送別会とかって聞くと会っておかねばとかって、

妙な義務感にかられてしまい行ってしまうのです。

今週は少し落ち着いていれますが、気にかかることもいくつかあるので、なかなかゆっくりとは行かない感じです。



ちょっと、時間がたち過ぎて感がありますが、先日、知り合いのアーティストの方がユニオンスクエアでのイベントを開催しました。
Img_1768

Img_1769

Img_1772
こちらの恩さん、とっても凄い方なんですよ。

以前から何度も言ってるように、わたしには全く芸術のことに関して知識がないもんですから、

偉そうにこの方の事を書き連ねることは出来るはずもないのですが、

いつ話しても、とてもエネルギーがあって、でも”ギラギラ”してるんじゃなくて自然体で、

ほんとに素敵な方なんです。いつもイベントにお誘い頂いてるのに、時間が合わずに行けてなかったんですが、

今回は、お顔を拝見することが出来ました。快く迎え入れて頂いてありがとうございました。

素敵なアーティストのイベントって、本当にたくさんNYでは行われてるんですよね。

もう少し、勉強して楽しみを増やしたいものです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »