« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

いい天気

こんにちは。

NYにお住まいの方、ハリケーンの被害はなかったでしょうか?

日本のみなさま、マンハッタンはハリケーンなど何事もなかったような状態で、

心配して頂くのが申し訳ないぐらい普通に生活しております。

今回も、たくさんの方から連絡頂きました。

メール、Twitter、Facebook、電話、本当にありがとうございます。

「片手で避難とかなったら大変ですね。気をつけて下さい。」なんて、もう涙が出そうです。

火傷、地震、ハリケーンと、色々あった2011年の8月です。

起こってる出来事には意味があるとよく言われますが、

地震、ハリケーンはともかくも、火傷だけは意味あるものにしたいと思ってます。

というか、意地でも意味があったと言いたいと思ってます。

ルーマニアにいる知人からもお見舞いの電話があり、心から人との繋がりが(しつこいですね・・・)、

胸にしみる思いなのです。一人一人名前をあげて感謝したいぐらいです。






ハリケーンの影響なく、無事にUSオープンが始まりました。

始まったと言っても、本戦が始まったということなのですが、先週から予選が行われてました。

参加選手への差し入れのリクエストがあり、たっぷりとお届け物をしたあと、

予選会場へ行ってきました。(ハリケーン前の話なので、ちょっと古い話題ですが・・・)

個人的な好みなのですが、こういう予選会って好きなんですよね。

Img_1968
予選会のため、殆ど観客はいません。

Img_1969
綺麗にデコレーションされてます。

シード権を持たない選手達が、一生懸命プレーしてるんです。

頑張って、頑張って、やっと本戦に出れても、シード権のある選手には到底敵わないけど、

直向に頑張ってる姿に心打たれるんです。

練習コートで何時間も魅入ってる私は、周りからみたら変質者のように思われるかもしれませんが、

本戦のメインコートでは感じられない、別の熱い気持ちを感じることが出来るのですよね。

本戦の観戦予定はないのですが、もし行けたとしても練習コートを覗きに行ってしまいそうです。

ゴルフツアー観戦の時、ドライビングレンジでひたすら魅入ってるのと同じですね。

残念ながら、差し入れさせてもらって選手は、予選通過ならずだったのですが、

来年に繋がる試合が出来たことを願ってます。

みんなの頑張りが、元気をくれます。

日本人選手だけではなくて、世界各国の選手が頑張ってます。(予選だと、練習場出た後、話かけられるんですよね)

いつか本戦で、ランキング上位の選手を打ち負かして欲しいと応援してまいます。

シャラポアの美貌に惑わせれないように気をつけながら、

今年のUSオープンもフォローしたいと思っております。

ちなみに、生前のレオの遊び場でもあった公園で開催されてます。

Dsc00149

今日は、伊達さんのダブルスに期待ですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後2

今週は地震があったり、この週末には大型ハリケーンがくるということで、

非常事態宣言が発令されたり、今年の夏は色々とありますね。

これも自然の成り行き。我々には何の抵抗も出来ないです。そのままを受け止めるしかないのかと、

何か勘違いしてる今日この頃です。

とりあえず、土曜日は一日外にいないといけないので、なんとか夜までは持って欲しいものです。


あたくしの火傷のその後の報告ですが(そんなもん、誰も知りたくないかもしれませんが・・・)、

昨日、経過をお医者さんに診てもらいました。前回は「こりゃ酷い!」だったのですが、

今回はlooks goodとなってました。

私自身もだいぶ痛みは落ち着いたし、化膿したところも少なくなってきたし、

それなりに順調に治ってるとは感じてました。

なんせ片手で包帯巻くのが、芸術的に上手くなってるぐらいですから、

朝晩一日2回の塗り薬の塗布と、抗生物質がよく効いてるようです。

相変わらず、たくさんの方からメッセージを頂き、本当に嬉しく思っております。

NYの友達、日本の友達、その他の国に住んでる友達、本当にたくさんの方から連絡頂きました。

いつも友達いないからとか言ってたのですが、決してそれって嘘ではなくて、

友達少ないなぁ・・・と思っていたのは本当なんです。

でもですね、みんな優しいんです。本当に泣けるぐらい優しいんです。

なんでですかね?私、そんなに人に優しくしてないと思うんですけど、色々気遣ってもらってます。

まだ火を使うのがちょっと抵抗あるので、極力料理なんてしたくないもので、

食べるものはパンかシリアル(右手だけで何もしなくても食べれるもの)なんかが多いのですが、

それを知った友達は作ったものを届けてくれたり、お家に呼んでくれたり、

頭洗って、背中洗ってまでは言えなくても、そこそこの我侭聞いてくれちゃったりするんですよね。

もう付き合いも20年ぐらいになるので、お互いがそうなんですけど、

改めてそういう友達って大事なんだと知る機会になってます。

それに、街中で全く知らない人も声をかけてくれて、どうしたの?大丈夫?なんて、

面白いのはいかに左手が大事かよくわかったでしょ?なんて、

笑いながら言ってくれる人もいて、ああ・・・NYってやっぱりいいなぁ・・・って再確認させてもらってます。

怪我してる人に優しくするなんて当たり前の事なんだと思うのですが、

普段あまり優しさに接してない私としては、かなりびっくりしてるのですよ。(笑)

一日も早くよくなりたいと思ってるのですが、もう少しこのままでもいいかなぁ?なんて、

あまりの嬉しさにそう思うこともないこともないです。

火傷以来、凹み気味だった気分も、たくさんの方のお陰で少しは上向いてきたように感じてます。

本当に人との繋がりは大切なんですね。有難いことです。こうしてこのブログを見て連絡頂いた方もいらっしゃいますし、

会ったことがあるないに関わらず、繋がりってあるものなんですね。

いつまでも凹んでられません。元気に毎日を生きないといけません。

これが今回の学びの一つなのですかね。有難い。本当に有難い事です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

その後

先日の投稿から、たくさんの方にお見舞いメッセージを頂きました。

本当にありがとうございます。

結構、精神的にはとても凹んでるもので、とっても嬉しく感じています。

火傷して3日目に記事をアップした時には、痛みは落ち着いていて、

もう治るばかりかと思ってしまうぐらいだったのですが、そんな甘くはありませんでした。

5日目の夜、突然皮が剥け始めたんですよね。その人の昼には「この感じだったら、お酒の飲めそうだよ」って言ってたぐらいなんですけど、

皮が剥けてきた途端にもの凄い痛みに襲われたのです。

もう痛いのなんのって、火傷した夜と同等の痛みでのた打ち回ってしまいました。

でも、どうしてもERに行きたくない私は、今回は痛み止めを飲むという知恵を付けましたので、

もう必死になって痛み止めにすがってしまいました。

もともと薬を飲まないもので、何飲んでも即効なんですよね。

とりあず、薬で落ち着かせて、次の日朝一でお医者さんに。

看護士さんもお医者さんも見た瞬間、”こりゃ酷い!」って・・・

自分でもそう思ってましたが、専門家に言われると尚更凹みます。

確かに直後よりも見た目は恐ろしいほどに酷いです。痛みも種類が違うというか何と言うか。

今は心臓より下に手を下げられません。この記事も片手でタイプしてます。

パンツ履くにも靴下はくにも、何するにも片手でするために、いつもの倍の時間がかかります。

そうすると、だんだん何もしなくなるものなのですね。必要最低限のことしかしたくなくなります。

火が怖いので料理はしてませんが、食事の用意も片手で出来るものばかり。

切ったりするものは全くなし。ようするに外で食べるか買ってくるか。家ではパンかシリアル。

不自由なく動けることって、本当に有難いことなんですね。

Img_1942

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤケド

またやってしまいました。

どうしてこうなんでしょう・・・ もう自分が嫌になります。

ようやくランニングも調子が戻ってきたと思ってたところだったのに・・・

ちょっとした不注意で手に火傷を被ってしまいました。

一昨日のことなのですが、本当にちょっとした不注意だったんです。

お酒を飲んでいたわけでもなく、寝ぼけていたわけでもなく、

いつもの通り普通にしてたはずだったんですが、相当に熱された油が手に・・・

一昨日の夜は痛みと格闘して大敗。朝方になってから痛み止めを飲むことに気付き、

6時ぐらいになってようやく痛みから解放され、仕事へ行く準備開始。

フリーランスで仕事してる者にとってはこれが辛いところ。

よっぽどじゃないと当日キャンセルなんて出来ません。

そのよっぽど具合がいまいちよく分かってなくて、この火傷ももしかしたらよっぽどな事かもしれないのですが、

いつもの癖で、これしきのことで仕事を断ってたまるか!って息巻いてしまうのですよね。

でもさすがに、こんなに酷い状態の手を見せる訳にはいかないと、左手に手拭いを巻いて出かける事に。

周りからみたら非常に怪しい左手を隠した人になってるわけですが、

今時の火傷の対処法って、ガーゼを付けて包帯するってのじゃなくて、

ラップを巻いてなるべく乾かさないようにして、水ぶくれは絶対潰さないって感じなんですよね。

ツイッターで、火傷やばいみたいな感じでつぶやいたら、たくさんの対処法を教えて頂き、

殆どの方がこのラップ療法を教えてくれました。今や常識みたいですね。全く知りませんでした。

というか、こんなに酷い火傷を被ったのは人生初ですから、全くと言っていいほど知識はありませんでした。

とにかく冷やす。冷やして冷やして冷やしまくる。でも、Cool Waterはいいんですけど、

Cold Waterはダメらしいですね。後が残りやすいとかなんとか、色んなこと言われました。

そうとも知らず、しばらく水道水で冷やした後、慌てて氷を買いに行き、

すぐさま氷水に手を突っ込んで、恐ろしい傷みと戦ってしまった私はなんと愚か者だったのでしょう。

本当に知らないってことは怖いことです。お陰で今のわたくしの左のお手ては、

グリコ・アーモンドチョコが4つほど乗った、なんとも芸術的な手になってます。

この水ぶくれを潰さないように生活するのは至難の業だと思うのですが、

苦しさを味わうことに喜びを覚えてしまうド変態。

こうなりゃ、このパンパンにふくれあがったアーモンドチョコ達に指一本触れさせぬと張り切っております。

皆様、どうかくれぐれも熱い油には気をつけて下さいませ。

この痛み、絶対子供には味あわせたくないと、子供もいないくせに思っていた一昨日の夜中でした。

足がよくなったとおもったら、今度は手か・・・

厄年終わったはずなんだけどなぁ・・・お祓いしてもらおうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Reunion

このところ、本当にいい天気が続いてます。

天気がいいだけで、幸せな気分にしてくれます。ありがたや、ありがたや。

雨男としては、そろそろ雨も欲しい気分ですが、青い空にはやはり敵いませんね。

日に日に秋に近づいてる寂しさはありますが、残り少ない夏を楽しみたいと思います。




先日、2年ぶりの再会、仲良し3人で会うのは4年ぶりで、大好きな仲間と会うことが出来ました。

Img_1879
こんなに混んでるところで待ち合わせて、

Img_1887
見た目よりも相当美味しいパエリアを食し、お腹いっぱいになったのにも関わらず、

数年ぶりに顔をそろえて馴染みのBarで、いつものフレンチフライを頼み、
Img_1892

Img_1891
最後に、これまたいつものアップルマティーニで乾杯。

4年ぶりぐらいなのに、ここのバーテンダーさん、我らの名前覚えてくれたんですよね。

相当、酔っ払ってたのもあるけど、なんかみんなで感激してました。

周りの迷惑顧みず、それはそれは楽しい時間で大声で喋り捲ってました。

昔の同僚というだけの繋がりじゃないのですよね。男女の間柄を超えてる関係。

よく男女間で親友はあり得ないと言う人もいると思うのですが、

わたくしの場合、親友とか言うのを通り越してまして、本当に仲のいい人は性別関係なくなるのですよね。

男同士の裸の付き合いみたいなのが、この人達とは出来そうなんですよ。

(って私が言う前に向こうから言えわれてしまいました・・・)

人と人の繋がりって、本当に大切ですね。仲がいいとかそういうことだけじゃないのですが、

人にお世話になって、人と繋がって生かされてるんだと、改めて感じさせてくれてました。

いつなくなるかわからないこの世界。会えるときに会っておきたい。

話せる時に話しておきたい。伝えたい事は伝えたい。

「一日一日、大切にしないといけない」と、自分に言い聞かす今日この頃です。





今日、久しぶりに、”いちむら”の女将さんから電話があって、ちょっとした噂話に華が咲きました。

こちらも、同い年で仲良しの人達なんです。長年、NYにいる仲間です。

もしかしたら有名なE-3とか、Uアナウンサーとか、同い年仲間が意外に多くいるのですよね。

個人的には、この方々はとっても強い味方なんです。別に、みんなはそう思ってるとは思いませんが、

E-3が突然売れて、”いちむら”さんがNY No.1すしシェフになり、何かと話題のUさんがいたり・・・

そんな人達が、私のことを仲間として付き合ってくれるって、こんな有難いことはないのです。

昔ながらの友達がどんどん先に進んでるのを見てると、多少なりとも焦りは出るのですが、何故か嬉しく思うのです。

私も負けないように(かなり水は空けられてますが・・・)頑張りたいと、

いつもいつも思っています。

みんなで会いたいなぁ!みんなで会ったら、どんな状況になるんだろう・・・?


本当に、人との繋がりは有難いことです。

感謝の気持ちを忘れてはいけません。自分に言い聞かせる週末の夜でした。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hanah Country Resort

このところ、またしも、またしても更新出来てませんでした。

先日は、寝ぼけたままで書いてた記事が、間違ってアップされてしまったりと、

特別に仕事が忙しい訳ではないのですが、飲み過ぎとか、眠過ぎとかでアップできない記事が多くなってしまってました。

色んなところに行ったり、食べたり、楽しいだりしてるのですが、

どうにも、上手くかけなくてお蔵入りになってしまうのも多いこの頃です。



今週末は、キャッツキルのマーガレットビルにある、Hanah Country Resortに行ってきました。

行ってきたと偉そうにいえるものではなくて、実は金曜の夕方にマンハッタンを出発し、

土曜の3時過ぎには現地出発という、結構忙しい感じのスケジュールだったのですが、

いつもマンハッタンにいる私にとって、郊外にいくこと自体で十分な気分転換になるんですよね。

以前から、Hanah Countryとはお付き合いさせて頂くことが多く、

今回も社長からお誘い頂いて、短い時間でしたがお伺いさせてもらった次第です。

社長にご招待頂いてるのに、運転は社長任せで好き勝手なトークをしてしまって、

いささか反省してるところなのですが、それぐらい楽しかったのですよ。

数年前から、スタッフの方々と色々とお話させてもらってるのですが、

今回久しぶりに行ってみてかなり驚きでした。

サービスから、スタッフのモチベーションから、インターンの人達の活き活きした感じも、

以前には見えなかった光景をよく見ることが出来ました。

ここなら、お客様に紹介出来るなって思わせてもらえるぐらい、とても心地のいい場所になってます。

それもこれも、社長以下、現場にいるスタッフの方々がしっかりと厳しい目で管理されてるからなんでしょうね。

色々と意見を聞かれるのですが、私なんかがごちゃごちゃ言う必要はないです。

是非、皆様一度行って見てください。

とってもいいところですよ。気分転換には最高です。何も考えずにゴルフしたり、

レトロな汽車にのってみたり、釣りしたり散歩したり、両手両足をのばしてリラックス。

すでにまた行きたくなってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すみません

わぁわぁ、夕べ半分寝てる状態で書いてた記事がアップされてる。

ドラフトに残そうと思ってたんですが、間違ったみたいです。

すみません。

恐ろしく恥ずかしいものですね。

以後、気をつけます。


今日は、いい天気。

元気に張り切っていきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント

本当にいい天気が続いてます。

いい夏です。友達から海に行こうと誘いが来たのですが、残念ながらお仕事でいけませんでした。

こういういい夏と感じる時に限って、夏の遊びが出来てないんですよね。

今週末に、キャッツキルに行くので、今年初夏遊びを楽しみにしています。


このところ日本では、原発に関するコメントをしたり、韓流に関するコメントしたりで、

数人の俳優さんが騒ぎになっているようですね。

内容がよく分かってないので、そのこと自体に意見を述べるつもりは毛頭なのですが、

ソフトバンクの孫さんも仰ってたのですが、罵詈雑言、誹謗中傷など等、ネット上で批判的な意見や、

苦情などのコメントは、殆ど全てが名前も顔も隠してる人達みたいなんですよね。

孫さんは遂にブロックすることにしたようですが、これまではどれだけ汚い言葉を罵られてたことか。

ツイッターに限ったことではなくて、私のようなこんなブログにもたまに苦情が寄せられます。

勿論、私なんかが生意気なことを言ったせいで、気分を害する人が出てしまったのですから、

正直に、本当に悪いことしてしまったと反省してしまうのですが、

何度もすみません、私のようなこんなブログでさえも名前を伏せた人からのコメントです。

私は気分を害する事をしてしまったのなら、謝罪するつもりです。

これでも、名前もメールアドレスも検索すればHPで顔も見ることが出来るように曝け出してます。

先日、寄せられたコメントは「負け犬の遠吠えだ。偉そうなこと言ってんじゃねぇ」というような内容でした。

負け犬と称されても仕方ないかもしれません。偉そうなことを言ってると勘違いされたのかもしれません。

だとしたら謝りますので、匿名でなんてコメントしないで下さい。

などと私でさえも思うのですから、孫さんや今渦中の俳優の方々はもう大変なことになってるんだと思います。

実名を伏せることが出来るからこそ、楽しめる事もたくさんネット上ではあると思いますが、

酷い言葉を発するなら堂々として欲しいものです。信念があっての苦情や意見だと信じてますので、

どうか無駄な落書きのようなことではなくて、漸進的なやり取りが出来ることを願っています。

不特定多数の方々と交流を持ちたいと思っていますので、

誰か分からないと交流出来ませんってことではないのですが、

酷い言葉を発せさせてしまった事を、謝りたくても謝れない状況がとても消化出来ないところなんです。

文章力もない私のような奴のくせに・・・って、ご意見もあるかもしれませんが、

ご指導頂ければ本当に有難いことです。

お前のこの言い方が良くないから、こうした方が良く聞こえるぞとか、

後に繋がるような苦情でしたら、心底喜んで勉強させて頂きたいと思ってます。

今後とも、どうかよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »