« $500million | トップページ | 久しぶりの »

我侭な身体

今日は、どんよりとした日でしたね。

寒いし雨だしなんとなくだらっとした感じでした。

いくら雨好きでも、こんな感じな降り方だとテンションあがりません。


先日の風邪以来、会う人会う人に痩せたと言われます。

確かに、体重は落ちました。およそ4キロぐらいです。

185cmの私の身体で4キロってそんなに大きな数字ではない感覚なんです。

でも、そう思っていたのは私だけみたいで、人がみるととっても痩せてしまってるみたいなんです。

その表現で気になったのが「薄くなった」って言われたんです。

色んな意味で「薄い」は気になります。

個人的には問題ない髪の毛の事もありますが、存在が薄いなんて思われた日には、もう立ち直れません。

筋肉が落ちて、薄っぺらくみえてしまうのだと思うのですが、

「薄い」って言われてちょっと気になったしまいました。

で、この”薄い”身体なんですが、とっても我侭なんですよ。

身長は高いのですが横幅がないもので、いわゆるアメリカ人的な体型ではないのですよ。

これぐらいの身長があるアメリカ人であれば、200パウンド以上あるのが普通のような気がしますが、

私はそれよりも50パウンドぐらい痩せ細ってます。

ってことはですね、この国の標準からはかけ離れてしまってるってことなんです。

日本から来たお客様によく、痩せていてスタイルいいですね!って褒められることがあるのですが、

アメリカ人女性からは全くそんな言葉は聞きません。

もちろん好みにもよるのですが、アメリカ人女性は体格のいい筋肉質の人が好きなんです。

ってこんなこというと、とっても偏った意見になってしまいそうで怖いのですが、あえて勇気を持って言います。

痩せてるのよりも、筋骨隆々のほうがモテルんですよ。ほんとに。

痩せてても、俗にいう細マッチョってやつならまだまし。

私の場合は、ただ単にやせてるだけ。もう貧相な身体なんですよ。

で、その貧相な身体で何が一番困るかというと洋服です。

サイズが全くないんです。特にパンツ。

アメリカのブランドでは皆無です。ラルフローレン、ブルックスブラザーズ、バナナリパブリック、アバクロ...

W28or29でL34ってサイズなかなかないのです。

メーカーがもともと作ってないのですよ。アバクロで可愛い店員さんに話かけたいばっかりに、

このサイズあるって聞くんですけど、当然答えはNOです。

Denimだけは豊富にこのサイズがあるのがとっても不思議なんですが、

私の私服、仕事着共にDenimが多いのはこういう理由なんです。

チノパンとか履いてみたい。ちょっと洒落たパンツなんかも履いてみたい・・・

でもサイズが合わないんです。どれも全てつんつるてんなんです。

lengthが34インチ以上って、ウエストが32インチ以上じゃないと作ってないみたいです。

可愛いカーゴパンツも履いてみたい。ちょっと素敵なチノパンも履いてみたい。

でも、Denimしか履けない・・・

topsも似たような感じです。袖を合わせると幅がダボダボ。幅に合わせると袖がちんちくりん。

ユニクロなんてもってのほか、どこ行っても見つけられません。

細くて長い服。今日も一日、それを求めて探し歩くのでございます。

いつかお金持ちになったら、全部作ってもらいたいと思う、我侭な身体の持ち主です。

Mega Millions当たらなかったからなぁ・・・次回に期待しようっと。

|

« $500million | トップページ | 久しぶりの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我侭な身体:

« $500million | トップページ | 久しぶりの »