« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

勘違い

久しぶりに早めの時間に帰宅してます。

夜までお付き合いさせてもらえるなんて、嬉しいことです。

本当に有難いことです。

食事して、飲みにいって、ほんとはいけないんでしょうが、

一緒になって酔っ払ってしまい、調子に乗ってあっちこっちと連れ回し、

挙句の果てに酔いつぶれてる。って本当に有難いと思ってるのか疑問ですが、

あまりの嬉しさに調子乗っちゃうんですよね。反省しなければ。

私は比較的恵まれてと思うのですが、酔いつぶれてもお叱りをうけるお客様は全くいないのですよね。

逆によくそこまで飲んだ!って言ってもらうぐらいです。

それでも、それに甘えるようなことはないように気をつけてますが、潰れちゃいけませよね。(笑)


自分も他の都市に行ったら、多分同じようになると思うのですが、

現地の人は何でも知ってると勘違いしてしまう事って多くありませんか?

もちろん、私の仕事柄、知っておかなければいけないのですが

たまに自分の仕事とは全く違った、知り合いに頼まれてする仕事もあるんです。

(時間があれば、基本的に仕事依頼はどんなものでも断りません)

その仕事してる時に会うお客様は、私が普段どういう仕事をしてるか全く知らない人達なのです。

それでも、何でも知ってるだろう...て感じで、質問してくるんです。

別にそれが嫌だと言う訳ではないのですが、中には頓珍漢な受け答えをしてる現地の人もいるんだろうなぁ...って思うと、

質問したほうも、適切じゃない人に質問したことに気付かないと、その頓珍漢な情報が、

あたかも本当のことのように受け止められる訳ですよね。

最近、よく聞かれるのが天気のこと。

「明日、晴れますかね?」って、私天気予報士じゃないし・・・

言っておきますが、明日の天気予報知ってますか?って質問じゃないんですよ。

今朝テレビ見てたら、明日雨って言ってたんですけど・・・って話があってからの事です。

ん・・・って思うんですけど、きっと自分も他の都市にいって、現地の人にあったら聞いてしまいそうな事なんですよね。

定番の”お薦め”を聞いてしまうようなことですね。

自分達が分からないから、現地の人に聞けば何でも教えてくれるでしょって思っちゃいますよね。

質問されてる側ですが、何となく理解出来そうな感じなんです。

でも、先日答えに、もしくは理解に苦しんだのは、

アウトレットにお連れすることになって(自分が行きたいと言い出したんです)、

マンハッタンから1時間ぐらいかかりますから、お話しながら向かってたんです。

そしたら、何買えばいいですか?って質問がやってきました。

え?ん?何々?

何が欲しいのですかね?って聞いたら、「何でもいいんだよ」って・・・

ますます、え?ん?でした。

現地の人がいろんな情報知ってると勘違いするのは問題ないと思うのですが、

その人の欲しい物まで知ってる訳じゃないですからね。

先日の中国人の話じゃないけど、あくまで一つの例であって、もっともっと楽しい質問あります。

まぁ、旅行中の勘違いってことで、笑って済ましたいと思っています。

メーシーズを”マーシーズ”ってずっと言う人もいれば、高速道路わきで、轢かれて亡くなってる”鹿”を見て、

”カンガルー”が轢かれてましたねって言われて、思わず爆笑してしまったり、

本当に様々な質問があります。きっと普段だったらそんなこと言わないんでしょうけど、

旅行に来てる、海外にきてるってことで、思わずいつもと違う回路になってしまうんでしょうね。

って、人のこと偉そうに言ってますけど、私も全く同じです。

現地の人がいると、何でも聞いちゃうもんね。

自分のことを思い出すに、”勘違い”ってことで片付けちゃいけませんね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寿司

夕べの雨は、にやけてしまうようなぐらい、いい具合に雨が降ってました。

雨大好き、嵐大好きな私としては、もうたまらない夜でした。

雨眺めながら酒飲めますからね。

月と雨を眺めながらのお酒は、至福の時かもしれません。


タイトルの”お寿司”なんですが、よく考えたら日本でちゃんとしたお寿司屋さんに行ったことないんですよね。

子供の頃に地元のお寿司屋さんに行ったことはありますが、

なんせ子供なもんで、イカとかタコとかエビしか食べてない記憶です。

怒涛の10代なんて、何食ってたかって覚えてるのはセンター街の兆楽か江古田の洋包丁ぐらい。(まだあるのかな・・・?)

せいぜい行っても回転寿司。そんな状態でこっちきちゃったもんですから、

日本のお寿司ってよく知らないままに大人になってしまいました。

で、NYでお寿司屋さんに行くようになり、とっても美味しく頂いてるのですが、

日本のお寿司ってどんなんだろう?って、食べてる時にいつも思うんです。

帰国した時でも、蕎麦屋、うなぎ屋は足しげく通うのですが、

何故かお寿司だけは行ってなかったし、連れてってもらったこともなかったんです。

何処がいい?って聞かれると、いつも連れてってもらう神楽坂のお店か、

浅草の居酒屋、天現寺のイタリアン、洋食屋さんと、NYでは絶対食べられないところをリクエストしてしまうんです。

お寿司好きなんでうが、不思議と日本で食べ行きましょうってなったことがないんです。

なのでなんですが、私が美味しいと思ってるお寿司は、日本で美味しいというのと同じなのか・・・?って思ってしまうんです。

私の舌の感覚は合ってるのか?ってことなんです。

美味しいと思えば何でもいいと思うのですが、どこかで日本のお寿司をとっても凄いものだと勘違いしてるせいで、

もしかしたら何かが違うんじゃないかと思ってしまうんです。

日本からいらっしゃったお客様は、日本でもこういうのかなかなか食べれませんよと仰ってるので、

間違いはないと思うのですが、実体験したことないもので、どうも不安になってしまうのですよ。

先日もお客様とお寿司屋さんにいくことになり、何度もしつこいぐらいに聞いてしまいました。

私はとっても美味しいと思って食べてるこのお寿司は、日本と比べたらどうなんですか?と。

私の舌は間違ってませんか?と。

そしたら、しつこいぐらいに美味しいと言われて、ちょっと安心しました。

やっぱりNYのお寿司屋さんは美味しいのですよね。

ああ、よかった。

今度日本に帰ったら、絶対お寿司屋さんに行く! まだ予定がたたないのに、今から決心してます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYCマラソン

夕べは、管を巻いてしまいすみませんでした。

たまには、私自身も勘違いして、とんちんかんな事も書いてみたってことで、どうぞお許しを。

予報では天気がくずれると言っていたのですが、

いい天気だし、暖かいし、なかなかいい感じです。これだったら、昨日無理に走りに行くんじゃなかったと、

空を見上げながら思う土曜の朝です。

先日、ボストンマラソンの出場した方々とお目にかかたという話をしましたが、

なんとなくそれ以来、モチベーションがキープされているようで、走ることが更に楽しくなってきました。

今年のマラソンに出れるかまだ決まってませんが、すっかり出れる気分でトレーニングに励みます。

走るの苦手、嫌い、大嫌いって言う人が結構多いと思うんですけどね、

重々承知してるんですけどね、でもですね走ってみて欲しいと願うのですよ。

早く走る必要なんてないのです。短くてもいいのです。なんだったら1キロからでも。

自分のペースで走って、少しの時間、無心になるっていいですよ。汗をかくっていいですよ。

って、ことで今年のNYCマラソンの抽選、まだ間に合います。

23日までの申し込みで、25日発表です。是非、チャレンジしてみて下さい。

ちなみに全米のマラソン人口の大多数を40+の年齢層がしめているそうです。

年齢に関係なくいつまででも楽しめます。

http://www.nycmarathon.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管巻き

明日からお天気悪そうですね。

久しぶりに雨が降るというので、実は少し喜んでおります。

雨、嵐、大好きです。不謹慎ですみません。

去年のハリケーン騒ぎの時は、実は楽しくて仕方なかったです。

誰もいない土砂降りのマンハッタンを、ずぶ濡れになりながら彷徨ってました(笑)


管巻きっていうと聞こえが悪いのですが、何も誰かに管を巻こうってもんじゃなくてですね、

どちらかと言えば自分自身になんです。

毎日のように日本からいらしてるお客様と接すると、多少なりとも、色々な意味でズレを感じてしまいます。

長いことこういう仕事してますんで、そのぐらいは当たり前のことなんですが、

このところ、その”ズレ”がある発言に上手いこと言葉が出てこないのですよね。

はぁ・・・と思ってしまうことが多くて、ご機嫌とりなど出来ないので説明しようとしても、

時間が足りなかったりとか、上手く伝えられなかったりとか、全く理解してもらえないんですよね。

なんでなんですかね?あの勘違い。どう説明したら角が立たないんですかね。

例えばです、あくまで例えですよ。

最近、中国人の観光客がNYには多いのですが、その中国人に対して、もう自分の知識や素行を省みずに、

何だかんだと文句ばかり言ってくるのですよね。

私としては、今や中国人に日本人は馬鹿にされてるんですよっていいたくもなるのに、

そんなこと言ったら、確実にその方からの仕事はなくなります。

あくまで例えの話なので、こいうケースの対応はもう十分出来てるんですが、

本当にたくさんの”勘違い質問”が多すぎて困ってます。

悪気は全くなくて、それこそ”今”を、”時代”を知らないだけなんだと思いますが、

トンチンカンになってることだけでも知って欲しいなぁ・・・と思ってしまいます。

何でいつまでも日本が一番だと思ってるんですかね・・・???

日本はとっても素晴らしい国だから、日本が好きなのも分かるんですけどね。

ああ・・・どうしよう・・・

ちあみに私も日本大好きです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ボストンマラソン

いい天気が続いてますね。

本当にいい春です。こんなに早くに気持ちのよい春を迎えてるのは、

NYに来てから初めてのような気がします。4月中旬で桜が散ってるなんてねぇ・・・

昨日、ボストンマラソンに出場したランナーとお目にかかることが出来ました。

私のようなへなちょこランナーでも、少しばかり走ったことがあると思うランナーであれば、

ボストンマラソンがどれだけ凄いレースか、知ってると思います。

みなさん知ってました?ボストンマラソンって、オリンピックの次に歴史のあるスポーツイベントなんですよ。

それだけに、出場資格の基準が半端なく高いのですよ。オリンピックと同じレベルとはいいませんが、

年齢別に区分けされてる基準タイムは、もうわたしなんてどうしようも出来ないものです。

このタイムをクリアしないといけなんですよ。

素人ランナーじゃ絶対無理。逆立ちしたって無理。

友達がボストンマラソン目指してこの数年トレーニングしてたのですが、

なんと97秒の差でエントリーの資格がもらえませんでした。

それぐらい厳しいレースってことなんです。

ちょいとしたランナーにとっては憧れのレースです。

ボストンマラソンに出た事ありますなって言われたら、そりゃもうウルトラリスペクト。

今回お目にかかったランナー達、そしてそれを支えてる家族の方々、

もう後光が差すぐらいの眼差しで眺めておりました。

いつもボストンに行く度に、ゴール地点を確認して感慨に浸ってたものです。

そういえば、あの瀬古選手も優勝したことがありましたよね。

何が言いたいとか全くなくてですね、とにかくボストンマラソンで走ったランナーとあえたことに興奮してるってことですかね。

だって、2時間35分とかで走ってるんですよ。4月なのに真夏のような炎天下ですよ。

その方々のタイム表みながらお酒飲めるぐらい、感激してました。

女性の方もいらしたりして、トレーニング方法なんか調子にのって聞いてみると、

練習すれば早くなりますよ!って、ちょっと厳しく言われてしまったりしながら、

個人的にはとても楽しい時間をすごせました。

マラソンおたくとの会話はとっても楽しいものだと、改めて実感したのでございます。

ボストンマラソン走ってみたいけど、3時間20分はきれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルマガ

今日も一日いい天気でしたね。

天気がいいだけで、幸せを感じる自分を、どうしたものかと考えてしまう今日この頃です。


前回に続き、メルマガ配信しました。
全てではないですが、興味ありましたらよろしくお願いします。




毎日、次から次にニュースが流れ、
何をこのメルマガで取り上げようかと悩んでしまいます。
何もない街ではなくて、ネタに困ることはないので助かってます。
ここ数日のNYCでのニュースですが、まず、
4月1日から$110以下の洋服、

靴に関しての消費税が期間限定ですが、
免除となります。
2010年までは同様のことが行われてたのですが、
税収増加が不可欠となり、2012年3月31日まで続けられていました。
今回は1年間限定で行われる予定です。
この免税は、NY州の税金が免除となっているもので、
他の地域の税金はかかります。
NY市の税金はもともと$110以下は免税なので、
NYCでは$110以下であれば無税となります。
ちなみに、洋服と靴だけですので気をつけてください。
同じ布地のものでもタオルなんかは税金かかります。
お次は、
一年ぐらい前にNY市のイエローキャブが日産車になりますと決まったのですが、
本日、そのキャブが初お目見えいたしました。
なかなかカッコいいですよね。
NY中のイエローキャブが徐々にこの新しい日産車に変わっていきます。
ちなみに、こちらはNY市のイエローキャブ特別仕様となってるため、
他では買えませんし乗ることも出来ません。
最後に、
OWSウォール街を占拠せよのデモ隊がまたしてもブルックリン橋を占拠しました。
これは、去年のデモから半年を記念(?)して行われたものなのですが、
今になると、まだやってたのか?という雰囲気になってきてます。
現在はユニオンスクエアでこの方々、活動という名で寝泊りしてます。
添付の写真は、分かりにくいかと思いますが、
現在の彼らの状況です。
失礼な言い方ですが、殆どホームレス状態か、ヒッピーの現代版になってしまってるような感じです。
いつか自分も1%のお金持ちになれるかもしれないと思っていた人が、
それが勘違いであると気づき、そこから始まったデモなのですが、
NYには、確かに99%に数えられるような人達がたくさんいるので、
話題にはなりたくさんの人があつまりましたが、
他の都市に比べて圧倒的に違うのが、
1%と99%の間、しかも数字は上の方の人達が多く住んでることなんです。
その意味は、やっぱり1%にしかなれないと気付くのがもっと早かったので、
ずっと以前から99%側に近づこうとしてる人、近い人が多く事になりますから、
無理に1%の人達の後押しをしなくてもいいのです。
残念なことと言えば残念なのですが、現在ユニオンスクエアで居座ってる人達って、
NY市民とはちょっと違うような雰囲気なんですよね。
この前は、地下鉄の改札こじ開けて、フリー乗車させようとしたり、
地下鉄はタダでのれますよってビラ配ったり、
NY市民が起こしてる行動とは思えないような事になってきてるんですよ。
そりゃNYなんですから、無銭乗車なんてのは犯罪としてやってる輩はたくさんいますよ。
でも、犯罪行為をデモとして(ウソだったとしても)ビラ配ったりするのって、
どうも垢抜けた感じがしないのですよね。
彼らはこのあとどうしたいのだろう・・・?
結構、NY市民が思ってる疑問です。

こちらでも、少しですがオリンピックの話題が出始めました。
昨日は、個人的に大好きな北島康介選手の代表が決まったのには、
本当に感動してしまいました。
4大会連続、しかも4年前の日本記録を塗り替えてのこと。
本当にこのモチベーションはどうやってキープしてるのでしょう。
ちなみに、こちらも個人的に応援してる松坂大輔選手も、
151kmを出せるまで回復してるとのこと。
嬉しいお知らせが続いてます。
といいますか、それも大事なのですが、気になるのが猫ひろし選手。
何も気にする必要がないのかもしれませんが、
カンボジアからの代表選手に選出されたことが賛否両論みたいですね。
私個人の意見では、代表選手になれるまでよくやったなということで、
応援しています。私もマラソンを走るのですが、
私みたいな素人でもトレーニングって本当に大変です。
4時間りろうというだけで、ちゃんとしたトレーニングをしないといけないんです。
彼はオリンピックに出れるようになるまで、
必死で、死ぬ思い出トレーニングしたんだと思います。
生半可な気持ちじゃ出来ないですよ。
カンボジアの人達に失礼だという声もあるようですが、
国籍を変えた頃は、まだカンボジアの選手のほうがタイムがよかったはずです。
最初から、出れることが決まってる国を選んだのだったら、
それは問題かもしれませんが、決してそうではなかったはず。
世界レベルのタイムとしては2時間30分というのは、褒められたものではないと思いますが、
実際に走ってる側からすると、数年前まで3時間台だったランナーが、
突然2時間30分ってなったら、とてつもなく驚きますよ。
どんだけトレーニングしたんだろう?って。
猫ひろし選手に否定的な意見の方って、どうしたいんだろう?
オリンピックって、お国対抗ゲームなんだろうか?
団体競技は確かにそうですが、じゃ日本人選手しか応援してないのですかね?
日本人選手しか見てないのですかね?
ボルトの走りかっこいいですよ。マイケル・フェルプス選手の泳ぎ素晴らしいですよ。
カンボジアの人達が猫選手のことをとやかく言うのはまだ理解できますけど、
日本のメディアが猫批判は、ほどほどにしておいて欲しいように思います。
頑張って、死に物狂いのトレーニングしてオリンピック代表を勝ち取ったんですよ。
もっともっと頑張って、もっともっと感動を与えて欲しいと願います。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国

今日もいい天気です。

しかも、今夜は満月です。癒されるしエネルギーもらえるし、素晴らしい夜になりそうです。

昨日、月明かりの下、走ったのですが、やはりとっても気持ちがよかったです。

気のせいってのは分かってますが、いい感じで走れました。


このところ、一時帰国のスケジュール調整が楽しくて仕方ありません。

有難いことに、帰国予定をたてると仕事の話が舞い込んできたりして、なかなか予定が立てられません。

せっかく帰るんだから観たい芝居もあるし、会いたい人の予定もあるし、

なんてああだこうだと考えてるって、意外に楽しいもんなんですね。

5月末にハワイで仕事があるので、それに絡めて帰ろうかとか、

でも5月の芝居は面白そうだぞとか、今月も淡路屋さんからお誘い受けてるし・・・、

これまでは何も考えずに帰ってたような気がするのですが、何故か今回は何かと考えてます。

久しぶりに帰国するから、楽しみにしてるんでしょうね。

NY在住の方、日本で楽しみにしてることってなんですか?

やっぱり温泉とかなんですかね?

何しようかな?楽しみだ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの

今日も大変にいいお天気でした。

ゆうべ、どうしたものか全く眠くならず、ずっと起きてる羽目になってしまったのですが、

どうしたもの今日一日結構元気。

夕方に眠気Maxでしたが、それを通り越したら夜まで平気でした。

今、結構眠いですが、一晩寝てないような感じではありません。

何か身体がおかしくなってるのでしょうか?ちょっと不安です。ようは徹夜したわけですからね。

そんでももって今日一日普通に働いてたわけですからね。

もうこの歳で徹夜はきついとか言ってたのに・・・ですからね。絶対なんかおかしい。

ちなみに私は、眠くなるまでベッドには入らない方なんで、寝れないようぅとベッドでゴロゴロと出来ないのです。

ベッドに入る時は、3秒で寝れるって時じゃないと入りません。

なので、夕べは眠くなかったので、本当にずっと起きてたんです。

ゴロゴロとか、ウトウトとかしてません。



このところレストランの紹介と言えば、先日のどうしようもないラーメン屋さんの話だけでしたが、

ここ数週間でも結構レストラン行ってるんですが、どうにも印象が残らず、

紹介してもいいものかどうかって思ってました。

でも、よく考えたら(考えなくても)レストラン評論家でもなんでもないので、好き勝手言ってもいいんですよね。(笑)

このところ、食事をする機会よりも飲む機会の方が多いような気がしてます。

個人的には、”飲む”か”食べる”かどちらかしか出来なくなってしまい、

(昔のように飲みながら食べるっていうのが出来なくなってしまってます)

ご飯よりもお酒飲みながら、ちょっとつまめるお店に行くことが多いのです。

ですので、料理とかサービスとかに印象が残ってなくて、レストランの紹介をしちゃいけないのかな・・・?なんて思ってたんです。

でも多分、同じような人って日本人には多いんじゃないですかね?

そんなに食べたくないけど、ちょっとつまみながら飲みたいって人。

今回はあえてよく知られてるところを紹介しますが、

よく知られてても、いいもんはいいんですよ!ってことで、大きな心で受け止めて下さい。

The Modern
ここで、ちゃんとディナーを頂いたことはありません。
もっぱら、とりあえず一杯ってことでBarによくお邪魔してます。
5番街でお買い物疲れた方が、ちょっと休憩がてらに一杯っていう感じにはいいところですよ。

Lincoln Ristrante
個人的には、色々と思い入れのある場所なのですが、
オペラみなくても、Nyフィル聴かなくても、バレエに興味がなくても、
この辺に女の子といたら、ふらっと立ち寄るとカッコいいかもですよ。
もしここが込んでたら、目の前にある個人的にとってもとってもお気に入りの、

Boulud SudBar Boulud へどうぞ。ここだったら間違いないですよ。
男同士で行っては野暮というもの。女性をお連れ下さい。

Dopo Teatro
ここはそんなに有名じゃないかもしれませんが、タイムズスクエア辺りでイタリアンと言えばCarmine'sですが、こちらもなかなかよいお店ですよ。
あの辺りには、本当にたくさんのイタリアンがありますが、
個人的に好きなお店の一つです。ランチもいいし、ディナーもいいし。
ちなみにここは飲みにだけいくところではないです。
しっかりご飯を食べるところです。

何故か、ウエストサイドのミッドタウン近辺になってしまいましたが、

今回はこの辺りの特集ってことで。

また他の地区も載せますんで、そん時はよろしくお願いしますです。


今日からお友達が日本にしばらく帰国。

いいな、いいな。羨ましいなぁ。と子供のように駄々こねてる、恐ろしいオッサンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »