スポーツ

大相撲

私は相撲が大好きでなのです。

個人のブログなので、私自身の好みを書いてもいいのもと思い、

NYに全く関係ないことをトピックにしました。

今場所は朝青龍の復帰、進退をかけた大事な場所、新大関日馬富士など、

横審総見から話題になっていた場所なのですが、

把瑠都、豪栄道などの若手の活躍、両横綱中日全勝通過で、

場所前の予想以上の盛り上がりをみせています。

個人的にはそれ以上どころかこれ以上ない見せ場が、今日の放送でありました。

相撲界を追放されて23年。以来、約24年ぶりに解説者として出演したのです。

角界を追放されてしまった詳しい事情はわからないです。

金銭問題だけじゃなかったとも噂には聞きます。

でも一ファンとしては、もう今更そんなことはどうでもいいのです。

黄金の左の二つ名を持つ、あの輪島が相撲界に帰ってきた。

それだけで感激です。時代がそうさせたのか、NHKが物分りがよくなったのか、

相撲協会が人気取りのために画策したのか、そんなこともどうでもいいのです。

今の輪島の目線からみた相撲の面白さを十分に伝えてくれて、

相撲を心から楽しんでるのが言葉の端々から伝わり、

嫌味のない本当に爽やかな解説でした。北の富士なんかと大違い。

北の富士の解説は面白くもなんともない。それに比べて、はい。もう。

現役の頃の輪島は今の朝青龍どころじゃない破天荒な横綱だったので、

それが原因で追放の憂き目にあってしまったということなのかどうか分かりませんが、

多少控えめなコメントもありましたが、最後に”今日は本当に楽しかった”と聞いた時には、

ジーンときてしまいました。デーモン小暮に感謝です。

よくぞ輪島をその場に引き出してくれた。最後までサポートしてくれた。

NYにいながらなんでこんなに熱くなるんだろう?(しかも今は朝の5時)って、

自分でもとても不思議なんですが、

輪島が相撲界に帰ってきたことがとにかく嬉しいのです。

もちろん協会に復帰するわけではないので、帰ってきたというのは適切じゃないかもしれませんが、

出来ることならこれからも相撲解説者として出演して欲しいとせつに願います。

北の富士のあの偉そうな解説を聞いてると、確かに彼も相撲を愛してるのかもしれませんが、

解説者として視聴者に何も伝えられないのはいかがなものかと思います。

愛のある解説をお願いしたいと思います。

朝青龍、頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (5)