マラソン

NYCマラソン

皆様、ハリケーンのお見舞いメール、本当にありがとうございました。

心配して頂くのが、本当に申し訳ないぐらいに、全く影響がありません。

電気、水道、ガス、暖房、食料に水、全てが問題なくあります。

私個人よりも、やはり被害が大きかった海沿い、川沿いの方々を思うと辛くなります。

昨日、とあるボランティアに参加させてもらったのですが、

やはり私が住んでるところとは別世界なんですよね。もの凄い衝撃でした。

暖かい場所にいれる、暖かい物を口に出来る、家族や友と一緒にいれることが、

どれだけ有難いことなんだと気づかされました。本当に人は一人では生きていけないのですね。


そんな中、昨日の昼過ぎまで開催すると豪語してたNYCマラソンが中止となりました。

本当にショックなことです。テロの時でさえ、力を合わせて開催してきたのに・・・

とも思うのですが、さすがに今回は無理なように思います。

昨日のボランティアでも気づかされましたが、電気もない、食料も満足にない、家をなくしてる、

発電機のガソリンも手に入らない、今後の見通しが全くたたない、そんな状況の中での開催は、

やはり人道的にどうなのかって議論がなされてたみたいです。

それを承知で市長さんは開催しようとしてたみたいなのですが、

ここにきて無理だと言う判断になった模様です。

そりゃそうですよね。電気がない人達が何万人といて、ガソリンもないって時に、

多数のジェネレーターがガンガン運び込まれ、そこにガソリンが使われてて、

パスタパーティーなんかが行われてる。それだったら、そのジェネレーター貸してくれよ!

ガソリン供給してくれよ!温かいパスタ食わしてくれよ!ですよね。

いつの時でも、困ってる人はいるのでそれを一つ一つ気にしてはいられませんが、

今回ばかりはそうもいきません。

マラソンの際に必要な警察官やボランティアの人数を、リカバリーの注ぎ込んだ方が、

絶対いいに決まってる。それは誰もが納得なことです。

マラソン大好きな私でもそう思います。

本当にマラソンが中止になったのは残念です。でも、今は走るエネルギーを他に使ってもいいんじゃないか?って思えるのです。

走れるだけ幸せなんだから、走れない人の為に何か出来ることをしようって思います。

開催してほしかったけど、開催しなくてよかったと、なんとも複雑な気分の決定でした。

来年は派手に10万人の参加者ってことでもいいような気がします。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elite Runner

暑い日が続いてますね。

夏らしいお天気で海に行きたいところなのですが、どうも日焼けに怯えてるようで、

ゴルフやランニングで焼ける程度は許容範囲みたいなのですが、

海での日焼けってなると「火傷痕」がどうしても気になってしまうんですよね。

もう一年ちかく前になりますが、もう少し気をつけたほうがいいみたいです。

たくさんの人に日焼けを気をつけるように言われて、そんなに大袈裟なもんでもないだろうなんて高をくくってたのですが、

そんなことは”やっぱり”ありませんでした。

ちょっとの日焼けで「火傷痕」の色が変わってしまってます。日焼け止め塗りたくりますかね。

あのベトベト感がどうしてもダメなんですが、少し辛抱しようかと思ってます。


今日、セントラルパークを走ってる時に、大先輩のランナーに久しぶりにお目にかかりました。

走り始めてすぐにすれ違い、いつものようにちょっと言葉を交わしてまた走り始めました。

当然ながらすれ違ってるってことは、数マイル先でまた会うことになるのですが、

今日はその大先輩が私の為に立ち止まって方向転換して、隣で走り始めたではありませんか。

いや~もう~大変。もともとヘナチョコランナーなのに、

暑さと二日酔いでヘロヘロになってるこのアタシの横で走ってくれてるんです。

恥ずかしいやら嬉しいやら、とにかく会話を楽しもうと・・・

その方、市民ランナーとしては結構、かなり、とっても有名な方なんです。

以前から色々とお話をお聞きしたいと思ってんですが、なんてったって走ってる時にはすれ違うだけですから、

中々お話するって訳にもいかなったし、邪魔しちゃ悪いと思ってたんですよ。

それが、今日は向こうから方向転換して一緒に走ってくれるなんて、ほんと恐縮です。

で、色々とお話を聞かせて頂きました。

わずか30分ぐらいの間でしたが、とっても大切なトレーニング方法、その方のマラソンへの想い、

マラソンでの色んな経験など等、とっても興味深い内容でした。

50歳で本格的なトレーニングを始めて、54歳で自己ベストの2時間50分を記録したこと。
(だから、年齢関係なく個人のペースで頑張ればなんとかなるんですってことです)

毛細血管の話、LSDの話(変なドラッグのことじゃありませんよ)、

ツール・ド・フランスの覇者、あのアームストロングの前を走ってた時の喜び。

競技は違っても世界を制したアスリートに一般の人が勝てるって、

マラソンぐらいしかないんじゃないですか?って仰るんです。

もう時期60歳になるんで、もう歳には勝てませんよなんて言いながら、

3時間を切れないのがとっても悔しいみたいで、3週間しか空いてないのにレースに出てみたり、

本当に走るのが好きな方なんですよね。

教えて頂いたトレーニング方法も、根性論ではなくて科学的でとっても理にかなったものなんです。

走ってる姿勢も矯正してもらい、なんかとっても嬉しい時間でした。

というか嬉しいどころか、感激してましたよ。

本当にありがとうございました。今目標としてるタイムが実現できそうな気になってます。

もっともっとお話を聞きたいと思うので、その方の働いてるところに厚かましくもお邪魔しようと計画中です。

先人のお言葉って、本当に心に響きますね。有難いことです。

とっても楽しい日曜の朝でした。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYCマラソン

夕べは、管を巻いてしまいすみませんでした。

たまには、私自身も勘違いして、とんちんかんな事も書いてみたってことで、どうぞお許しを。

予報では天気がくずれると言っていたのですが、

いい天気だし、暖かいし、なかなかいい感じです。これだったら、昨日無理に走りに行くんじゃなかったと、

空を見上げながら思う土曜の朝です。

先日、ボストンマラソンの出場した方々とお目にかかたという話をしましたが、

なんとなくそれ以来、モチベーションがキープされているようで、走ることが更に楽しくなってきました。

今年のマラソンに出れるかまだ決まってませんが、すっかり出れる気分でトレーニングに励みます。

走るの苦手、嫌い、大嫌いって言う人が結構多いと思うんですけどね、

重々承知してるんですけどね、でもですね走ってみて欲しいと願うのですよ。

早く走る必要なんてないのです。短くてもいいのです。なんだったら1キロからでも。

自分のペースで走って、少しの時間、無心になるっていいですよ。汗をかくっていいですよ。

って、ことで今年のNYCマラソンの抽選、まだ間に合います。

23日までの申し込みで、25日発表です。是非、チャレンジしてみて下さい。

ちなみに全米のマラソン人口の大多数を40+の年齢層がしめているそうです。

年齢に関係なくいつまででも楽しめます。

http://www.nycmarathon.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボストンマラソン

いい天気が続いてますね。

本当にいい春です。こんなに早くに気持ちのよい春を迎えてるのは、

NYに来てから初めてのような気がします。4月中旬で桜が散ってるなんてねぇ・・・

昨日、ボストンマラソンに出場したランナーとお目にかかることが出来ました。

私のようなへなちょこランナーでも、少しばかり走ったことがあると思うランナーであれば、

ボストンマラソンがどれだけ凄いレースか、知ってると思います。

みなさん知ってました?ボストンマラソンって、オリンピックの次に歴史のあるスポーツイベントなんですよ。

それだけに、出場資格の基準が半端なく高いのですよ。オリンピックと同じレベルとはいいませんが、

年齢別に区分けされてる基準タイムは、もうわたしなんてどうしようも出来ないものです。

このタイムをクリアしないといけなんですよ。

素人ランナーじゃ絶対無理。逆立ちしたって無理。

友達がボストンマラソン目指してこの数年トレーニングしてたのですが、

なんと97秒の差でエントリーの資格がもらえませんでした。

それぐらい厳しいレースってことなんです。

ちょいとしたランナーにとっては憧れのレースです。

ボストンマラソンに出た事ありますなって言われたら、そりゃもうウルトラリスペクト。

今回お目にかかったランナー達、そしてそれを支えてる家族の方々、

もう後光が差すぐらいの眼差しで眺めておりました。

いつもボストンに行く度に、ゴール地点を確認して感慨に浸ってたものです。

そういえば、あの瀬古選手も優勝したことがありましたよね。

何が言いたいとか全くなくてですね、とにかくボストンマラソンで走ったランナーとあえたことに興奮してるってことですかね。

だって、2時間35分とかで走ってるんですよ。4月なのに真夏のような炎天下ですよ。

その方々のタイム表みながらお酒飲めるぐらい、感激してました。

女性の方もいらしたりして、トレーニング方法なんか調子にのって聞いてみると、

練習すれば早くなりますよ!って、ちょっと厳しく言われてしまったりしながら、

個人的にはとても楽しい時間をすごせました。

マラソンおたくとの会話はとっても楽しいものだと、改めて実感したのでございます。

ボストンマラソン走ってみたいけど、3時間20分はきれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Midnight Run

今日は寒かったですね。

とってもとっても寒かったです。個人的には普通の寒さじゃなくて、体感気温-10℃超えると、

逆にテンションがあがってしまい、何かしたくなるんですよね。

そんな時に一番なのが、セントラルパークへランニングに行くことなんです。

今日も、もれなく行ってまいりました。

何なのでしょうね?厳しい環境になればなるほど、向かって行きたくなるんです。

こんなに寒い日に誰も走ってないだろうと思っていたら、とんでもございません。

NYのランナーをなめちゃいけません。多くのランナーがいましてですね、

知り合いにもあったりなんかして、とっても嬉しくなるような状況でした。

こんなに寒くても、こんなランニングバカがたくさんいるんだなぁ・・・って思ったら、嬉し過ぎますよね。

手の先、足の先、指の先、全ての感覚を失いそうになって走ってるんですから、そりゃもう同士の気分です(笑)



そのマラソンの話で、一つ去年の年末に書いてた記事をアップするのを忘れてたんですよ。

大晦日の過ごし方ってので、色々ある中でMidnight Runはお薦めですよ!というのがあったんです。

タイムズスクエアのカウントダウンは、もうトンでもない人で、夕方5時ぐらいから場所取りしてないと、

全く近寄れない状態なので、オムツが必要になるんですけど、

このMidnight Runは予めNYRRのHPから申し込んでおけば、セントラルパーク内でのイベントに参加できて、

花火も見れて、仮装大賞のようにみんなでコスプレして、しかも走れて新年を向かえられる、

とっても素敵なイベントなんですよ。

Dsc00077
初めて参加した時のゼッケンです。レオもまだ若い。。。

申し込みすると、こんなのが貰えるんですよ。

ゼッケンみせれば、比較的遅い時間でもスタート地点にはいけますから、

大勢のランナーと一緒にカウントダウンして、新年の花火を見ながら走るって、とっても楽しいイベントなんですよ。

って感じの記事だったのですが、すっかり年を越してしまい、何の役に立たず終い。

でも今年の年末に思い出すか?っていえば、それも微妙なので、覚えてるうちにアップしておきます。

でもですね、本当にこのイベントは楽しいですよ。

2マイルぐらいの地点でシャンパンも用意してあるし、普通のマラソンと違って、

みんな仮装してきてるから、とにかく楽しもうって雰囲気が満載なんですよ。

まだ一月ですが、今年の年末にNYに来ようと計画中の人は、

是非走れる格好、もしくは仮装の用意をしてきてみてはいかがでしょう。

NYCマラソンで仮装して走るのは、非常識の大バカ者ですが(以前見たのは、阿波踊りみたいに鐘ならしてる、阿呆どもがいました)、

この日は何やっても問題なしです。阿波踊りでも何でもOKです。

(NYCマラソンでみた光景は、本当に酷いもんだったんですよ。こんなに日本人って世界を知らない田舎者なんだってね・・・)

とにかく走るより目立ちたいって人が多いので、真剣に走る必要は全くありません。

とにかくお祭り騒ぎをしたい人、タイムズスクエアじゃなくて、もう少しアクティブにしたい人、

そんなあなたにはお薦めです。

今年の年末まで覚えておいてね。お願いします。

もし人数が集まれば、私がツアーを組んでもいいですよ。

みんなで楽しく走ってカウントダウンをしましょう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

限界の向こう側

今日はThanksgiving Dayでした。

前にも言ったことがあるかもしれませんが、この日ほど盛大に祝う祝日の中で、

未だに何だかよく分からない休日なんですよね。

Holiday Seasonのお約束の休日ってのだけで、感謝祭と言われても・・・っていうのが、

どうにも抜けきらないんです。(汗)

知ってますよ。感謝祭が始まって由来も知ってますよ。

現代に置き換えれば、自分自身だってそうなるかもしれないんだから、

その気持ちになって・・・と思うんですが、ほんとに何だかよく分かりません。

パレードも楽しいし、ターキーも楽しみだし、みんなで集まれるのも楽しいし、

何も文句はなくネガティブな想いはないのですが、いつも自分はまだアメリカ人になれてないんだなぁと思うのです。

そんなに深く考えないで楽しむことだけしてればいいのですが、

クリスマスやお正月と違って、なんとなくそんな感じで過ごす休日です。

Img_22011

こんな風に、楽しく過ごすといいんでしょうね。

で、タイトルの限界の向こう側なんですが、

今日もセントラルパークに走りに行ってきたんです。

いつも思うことなんですが、走っていて苦しくなる時ってかなりあるんです。

私みたいなへなちょこランナーは、もうどうしようもなく息が上がったり、

足にきたり腰にきたりってことがよくあるんです。

今日改めて心に誓いました。

限界の向こう側の向こう側への挑戦がなければ、来年のマラソンの目標を達成出来ないということです。

限界の向こう側は行けるような気がします。これまでもそうしてきたように思います。

そのもっと向こうに行かないと、目標を達成出来そうにないってことに気付いてしまったのですね。

目標345となると、今10マイルを必死に走ってるタイムを持続しなければいけないのです。

今から相当ビビッてるんです。まだ一年先なんだからとも思うのですが、

自分のへなちょこさ加減を知ってますので、今から心しておかないといけないのです。

「限界の向こう側の向こう側」 頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYCマラソン

11月最初のイベントのNYCマラソンが終わりました。

今年は例年より暖かく、とてもいいコンディションだったのではないかと思います。

何度もしつこいようで申し訳ないのですが、わたくし今年は出場しませんでした。

ランナーのサポートすることで、なんとか自分の悔しさを紛らわそうとしてたんです。

ところがです、実際応援する側に回ってみると、

気付く事がたくさんあって、感動することもたくさんあって、

嬉しいこともたくさんあって、自分が走ってる時とは違う気持ちを味わうことが出来ました。

10キロ地点、20キロ地点、27キロ地点、34キロ地点、

バナナやあんぱん、冷却スプレー、マッサージ棒、いろんな物を持って待ち構えてましたが、

それぞれのポイントで見るランナーの姿には、本当に心に響くものがありました。

いかに自分がへなちょこランナーだったのか思い知らせれました。

偉そうにタイムがどうのこうのと気にしてる割には、

いつもトレーニングも十分でなく、マラソン後に後悔ばかりしていた自分には響き過ぎです。

タイムなんて関係ないんです。ゴールという目標に向かって、

前に進む力、諦めない心、42.195kmと戦う体力、

本当にもの凄い力が目の前を走っていくのです。

こんな感動ありません。心の底から元気付けられました。

出場出来なかったことに、半分ふてくされていた自分が恥ずかしいです。

サポートしたことで、来年へのモチベーションが一気に上昇しています。

出れなかったことにも、大きな意味があるんですね。

ランナーのみなさん、本当にありがとうございました。

最高の勇姿を見せて頂きました。

ちなみに、実際に走ったランナーの方に聞いたのですが、

やはりNYCマラソンは楽しいそうです。

きついコース設定だそうです。

簡易トイレ以外は完璧だそうです。

最高のマラソンだそうです。(



これは自分の意見がかなり反映されてますが・・・)

みなさま一度挑戦してみませんか?

限界の向こう側へのチャレンジです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYCマラソン

いよいよ街中、マラソン一色になってしまいました。

本当に悔しいですね。

出場もしないのに、テンションあがり過ぎです。

続々と知り合いがNYにやってきて、色々とアドバイスを求めてくるのですが、

調子にのって興奮しながら話してる自分を客観視してしまうと、自分で自分にどんびきしちゃってます。

来年は体調管理に気をつけて、怪我にも勿論気をつけて、

絶対に出場する!目標タイムをクリアする!って今から息巻いてます。

今年はみんなのことを全力でサポートしようと思います。

待ち合わせ場所決めて、最大の声援とエネルギー補充のお手伝い。

自分が走ってる時には本当に有難かったですからね。

とってもとっても大事なエネルギー補給です。

アンパンもってバナナもって、カロリーメイトのジェルもって、最大のエナジーを伝えたいと思います。

みなさん、頑張って下さい!!

Let's go Runners! You can DO it!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マラソン つづき

昨日のブログでたくさんの方から、コメントやメールを頂きました。

本当にありがとうございました。

みなさんの応援なくしては、完走は難しかったかもしれません。

本当に18マイル以降は膝の痛みが酷くなるばかりで、いつリタイアしようかと思うぐらいでした。

でも以前に言ってた様に、どこかで誰かが応援してくれてるかもしれないって思いながら必死にゴールを目指しました。

4:20:38 今年のタイムです。4時間きるとか大口たたいてたのが、とっても恥ずかしいですが、

この悔しさをバネに来年へ向けてトレーニング開始です。

何はともあれNYCマラソンは本当に素晴らしいレースですよ。

まぁ、他のレースに出たことないんで手前味噌感が否めませんが、

それでも本当に素晴らしいと心から思います。

ニューヨーク市も市民も協力して、たくさんのランナーに楽しんでもらおうとする気持ちが、

直に伝わってくるんですよね。

沿道の応援はもちろん凄まじいのですが、それよりもボランティアの市民の方々が本当に素晴らしいのです。

スタート地点までの道のりにもボランティアの人達、スタート地点ではバッグチェックやメディカル、

コーヒー、ベーグル、ゲータレードを配給してくれる人達にいたるまで、

全てがボランティアの人達なんです。

EXPOでもそうなんですが、そういう人達と触れ合うと何故か感激して何か特別なこともあるわけでもないのに、

妙にテンションがあがってしまいますね。

スタテンアイランドフェリーからのシャトルバスも、信号なんて関係なくノンストップで行っちゃうし、

ランナーは市バスを無料で乗れるし、(地下鉄は人がいるブースがなくなっちゃったんで無理なんです)

完走したランナー全員に街ですれ違う人が”congratulation!!”って叫んでくれるし、もう最高っすよ。

市民の人達の応援、ボランティアの人達の活躍、もうこんなに胸を打つことはないです。

NYCマラソンが世界のマラソンTop10に入ってる意味が分かります。

こんなに楽しいマラソンはないんじゃないかっていうぐらい、楽しいマラソンです。

みなさんも、来年どうですか?? 人生観変わるぐらい感動しますよ。

ちなみに、全く筋肉痛がありません。一体これは何なのでしょう???

例年だと多少痛みがあるのですが、今年はどうしたことか全くなのです。

トレーニングがそれなりに出来てたってことなのか・・・?

でも納得出来ない結果で悔しい思い。なんとなく複雑です。

まぁ、今年は今年。来年の目標も高く設定して頑張ろうと思います。

そうそう、友達のアキラさん、遂にボストンマラソンのタイムをクリアーしました。

それも他人事とは思えないぐらい嬉しい結果です。

お互い走る前に目標を改めて言い合い、Good Luckって切った電話の内容が、

私はダメだったけどアキラさんが達成できたって聞いて、

本当に嬉しかったんですよね。

アキラさん頑張ってたもんな・・・。おいらも頑張らなくちゃ。

Img_13221
みなさん、お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ING NYC Marathon 2010

皆様、応援本当にありがとうございました。

無事に完走しました。

本当に応援の声って元気がもらえるものです。

本当に嬉しかったです。本当に感謝してます。

しかしながら、残念なことに目標にははるか遠い結果となってしまいました。

これまでのマラソン経験の中で一番辛かったんじゃないかと思うぐらい、

しんどいレースでした。何がといいますと、魔の18マイル地点が今年は特に酷かったんです。

何が”魔の”かと言いますと、必ず18マイルぐらいで何かが起こるんです。

いつもそこまでは快調に走ってるんですが、何故か18マイル付近では膝が痛み出したり、

ふくらはぎがCrampし始めるんです。今年はその両方が一気に左足に来てしまいました。

勿論、これってトレーニング不足の言い訳に過ぎないのですが、

ストレッチしようがマッサージしようがどうしようもありませんでした。

特に膝の痛みはどうしようもないですね。

今年は結構トレーニングしたつもりだったのに、これでは何にもなってません。

そこからはペースをもどせずに落ちていくばかり。

塩を大量に含んでも、ゲータレードを飲んでみても何も変わりません。

もう取り返しのつかない落ち方でした。

結果が全てですから、ただ単にトレーニング不足だったってことですね。

やった分しか結果が出ないですからね。

あぁ、ほんと悔しい。悔やんでも自分が悪いんだからどうしようもないんですけど、

折角たくさんの方から応援してもらったのに、結果が出せないんじゃへなちょこもいいところです。

これで来年のトレーニングのモチベーションをキープ出来そうです。

この悔しさを忘れずに、明日からトレーニングを始めます。

みなさん来年もどうぞよろしくお願いします。

今はとにかく食べても食べてもお腹が満たされない感じです。

帰ってきて体重測ったら7LBも落ちてました。

もともと体脂肪8%で体重が148LBぐらいしかないので、もうかなりやばい感じです。

食べて食べた食べまくって、少し体重戻さないと。

で、肝心のマラソンなのですが、今年はなんとおよそ45000人が参加したんだそうです。

Img_13151
そりゃシャトルバスのるにもこんなに待ちますよね。

朝の地下鉄からランナーだらけ。フェリーなんかはもう座るところがまるでなし。

人、人、人。まぁみんな同じところ目指してるんだから当たり前ですが、

本当に参加者が多かったように思います。

だから、WAVEスタートが30分おきになってしまったんですね。

来年はWAVE1になれるようにがんばらなきゃ。

詳しいレポートはまた明日にでもしますね。

とりあえず、今日は自分の悔しい気持ちのっけてみました。

応援して頂いた皆様。

本当に、本当にありがとうございました。

見えてなかったと思いますが、涙を流しておりました。

自分をピンポイントで応援してもらえるって、こんなに胸が打たれるものなんですね。

皆様、この寒い中の応援で風邪などひかないようにくれぐれもお気を付けになって下さい。

ありがとう。ありがとう。本当にありがとうございました。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧