Dining

外食率

このところ、朝晩はすっかり秋のような気候になってきました。

走るにもとっても気持ちがよい感じです。

あまり調子はよくありませんが、続けてればいいことあること信じて、

頑張ろうと思う今日この頃。

仕事が忙しくて時間を作るのが大変ですが、一人者の有難さ。

時間を自分のためだけに使えるってことに感謝ですね。


いつもどちらかと言えば外食が多いほうですが、今月異常な外食率です。

出張いったのは3日間だけ。

それ以外はニューヨークにいるのに、ず~~~っと外食。

お客様とご一緒というのが一番の理由ですが、空いた日でも知り合いと会ってしまって、

結局外食だったりしてます。

ニューヨークにいる一人暮らしの人は、週平均3.7回の外食なんだそうです。

これって他の地区に比べればとっても高い数値です。

私もこれにもれずほぼ同じぐらいですが、今月は異常です。

自宅でご飯食べたのは僅か3日。

その他は全てレストランでのお食事。お客様とご一緒させて頂く時は、

それなりのお店になるので、それなりに美味しいところでお食事させてもらうことになりますが、

さすがにこれだけ続くと胃も追いついてきませんね。

お寿司、ステーキ、中華、イタリアン、フレンチ、アメリカン、韓国、シーフード、

毎日のローテーションの組み合わせに頭を悩ませます。

それぞれ違うお客様ですので、好みもその日の気分も違うのですが、

続かないようにアイディアを振り絞ってます。

行ったレストランで何処がよかったかというのを書いたほうがいいと思うのですが、

あまりに多過ぎて、どこから書いたらよいものやら・・・

とりあえず、今夜はDovetail.

いつ行っても安定感のあるとってもいいお店です。one of my favoritesです。

酔ってないときに、詳しく他のお店を紹介出来たらと思ってます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寿司

夕べの雨は、にやけてしまうようなぐらい、いい具合に雨が降ってました。

雨大好き、嵐大好きな私としては、もうたまらない夜でした。

雨眺めながら酒飲めますからね。

月と雨を眺めながらのお酒は、至福の時かもしれません。


タイトルの”お寿司”なんですが、よく考えたら日本でちゃんとしたお寿司屋さんに行ったことないんですよね。

子供の頃に地元のお寿司屋さんに行ったことはありますが、

なんせ子供なもんで、イカとかタコとかエビしか食べてない記憶です。

怒涛の10代なんて、何食ってたかって覚えてるのはセンター街の兆楽か江古田の洋包丁ぐらい。(まだあるのかな・・・?)

せいぜい行っても回転寿司。そんな状態でこっちきちゃったもんですから、

日本のお寿司ってよく知らないままに大人になってしまいました。

で、NYでお寿司屋さんに行くようになり、とっても美味しく頂いてるのですが、

日本のお寿司ってどんなんだろう?って、食べてる時にいつも思うんです。

帰国した時でも、蕎麦屋、うなぎ屋は足しげく通うのですが、

何故かお寿司だけは行ってなかったし、連れてってもらったこともなかったんです。

何処がいい?って聞かれると、いつも連れてってもらう神楽坂のお店か、

浅草の居酒屋、天現寺のイタリアン、洋食屋さんと、NYでは絶対食べられないところをリクエストしてしまうんです。

お寿司好きなんでうが、不思議と日本で食べ行きましょうってなったことがないんです。

なのでなんですが、私が美味しいと思ってるお寿司は、日本で美味しいというのと同じなのか・・・?って思ってしまうんです。

私の舌の感覚は合ってるのか?ってことなんです。

美味しいと思えば何でもいいと思うのですが、どこかで日本のお寿司をとっても凄いものだと勘違いしてるせいで、

もしかしたら何かが違うんじゃないかと思ってしまうんです。

日本からいらっしゃったお客様は、日本でもこういうのかなかなか食べれませんよと仰ってるので、

間違いはないと思うのですが、実体験したことないもので、どうも不安になってしまうのですよ。

先日もお客様とお寿司屋さんにいくことになり、何度もしつこいぐらいに聞いてしまいました。

私はとっても美味しいと思って食べてるこのお寿司は、日本と比べたらどうなんですか?と。

私の舌は間違ってませんか?と。

そしたら、しつこいぐらいに美味しいと言われて、ちょっと安心しました。

やっぱりNYのお寿司屋さんは美味しいのですよね。

ああ、よかった。

今度日本に帰ったら、絶対お寿司屋さんに行く! まだ予定がたたないのに、今から決心してます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの

今日も大変にいいお天気でした。

ゆうべ、どうしたものか全く眠くならず、ずっと起きてる羽目になってしまったのですが、

どうしたもの今日一日結構元気。

夕方に眠気Maxでしたが、それを通り越したら夜まで平気でした。

今、結構眠いですが、一晩寝てないような感じではありません。

何か身体がおかしくなってるのでしょうか?ちょっと不安です。ようは徹夜したわけですからね。

そんでももって今日一日普通に働いてたわけですからね。

もうこの歳で徹夜はきついとか言ってたのに・・・ですからね。絶対なんかおかしい。

ちなみに私は、眠くなるまでベッドには入らない方なんで、寝れないようぅとベッドでゴロゴロと出来ないのです。

ベッドに入る時は、3秒で寝れるって時じゃないと入りません。

なので、夕べは眠くなかったので、本当にずっと起きてたんです。

ゴロゴロとか、ウトウトとかしてません。



このところレストランの紹介と言えば、先日のどうしようもないラーメン屋さんの話だけでしたが、

ここ数週間でも結構レストラン行ってるんですが、どうにも印象が残らず、

紹介してもいいものかどうかって思ってました。

でも、よく考えたら(考えなくても)レストラン評論家でもなんでもないので、好き勝手言ってもいいんですよね。(笑)

このところ、食事をする機会よりも飲む機会の方が多いような気がしてます。

個人的には、”飲む”か”食べる”かどちらかしか出来なくなってしまい、

(昔のように飲みながら食べるっていうのが出来なくなってしまってます)

ご飯よりもお酒飲みながら、ちょっとつまめるお店に行くことが多いのです。

ですので、料理とかサービスとかに印象が残ってなくて、レストランの紹介をしちゃいけないのかな・・・?なんて思ってたんです。

でも多分、同じような人って日本人には多いんじゃないですかね?

そんなに食べたくないけど、ちょっとつまみながら飲みたいって人。

今回はあえてよく知られてるところを紹介しますが、

よく知られてても、いいもんはいいんですよ!ってことで、大きな心で受け止めて下さい。

The Modern
ここで、ちゃんとディナーを頂いたことはありません。
もっぱら、とりあえず一杯ってことでBarによくお邪魔してます。
5番街でお買い物疲れた方が、ちょっと休憩がてらに一杯っていう感じにはいいところですよ。

Lincoln Ristrante
個人的には、色々と思い入れのある場所なのですが、
オペラみなくても、Nyフィル聴かなくても、バレエに興味がなくても、
この辺に女の子といたら、ふらっと立ち寄るとカッコいいかもですよ。
もしここが込んでたら、目の前にある個人的にとってもとってもお気に入りの、

Boulud SudBar Boulud へどうぞ。ここだったら間違いないですよ。
男同士で行っては野暮というもの。女性をお連れ下さい。

Dopo Teatro
ここはそんなに有名じゃないかもしれませんが、タイムズスクエア辺りでイタリアンと言えばCarmine'sですが、こちらもなかなかよいお店ですよ。
あの辺りには、本当にたくさんのイタリアンがありますが、
個人的に好きなお店の一つです。ランチもいいし、ディナーもいいし。
ちなみにここは飲みにだけいくところではないです。
しっかりご飯を食べるところです。

何故か、ウエストサイドのミッドタウン近辺になってしまいましたが、

今回はこの辺りの特集ってことで。

また他の地区も載せますんで、そん時はよろしくお願いしますです。


今日からお友達が日本にしばらく帰国。

いいな、いいな。羨ましいなぁ。と子供のように駄々こねてる、恐ろしいオッサンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Welcome Back

おはようございます。

またしても、またしても、更新せずにすみません。

このところの早寝早起きで、すっかり健康的な生活習慣を身に付けてしまい、

夜になると、もう眠くて眠く。目が開けてられません。

そうなるともう頭も全く働かないもので、途中まで訳のわからないこと書いて、そのまま寝てしまう毎日です。

今日は、久しぶりにお休みなのですが、いつものように6時前には目が覚めてしまい、

朝食前にコーヒーを飲みながら、今日一日何して過ごそうか考えてるところです。

まずは洗濯、掃除からですかね。

私の友人が一人、密かにNYに戻って来てます。

今回は2週間だけの予定で、しかも多忙な方ですので、会えるかどうか・・・

って、私の方がタイミングが合わなくて、既に二度ほどミスしてしまってるのですが、

NYにいる間にぜひともお目にかかりたい。

そう、今日お休みなら行けばいいじゃないか!なのですが、あいにく夜は既に別件が・・・

出来ることなら、お店よりも仕事してないところで話したい感じです。

世界中で活躍するシェフはたくさんいらっしゃいますが、現在パリに滞在中のこの方のお料理を頂けるまたとないチャンスですよ。

って、そんなにもったいぶる事もないのですが、L’Atelier de Joël Robuchon             へ是非ご予約を。

絶対カウンターで。ワインはソムリエに適当にペアリングしてもらって、

ワインとつまみを気軽に食すって感じで(お値段は気軽じゃないですけど・・・)、

楽しいひと時を味わって下さい。

フレンチレストランってたくさんあるけど、テーブルで頂くところが殆どですけど、

こちらはカウンターの方が人気なんです。

個人的に、カウンターで飲んでるのが好きなもので、

こうして美味しいお料理とワインを、キッチンを覗いて、素敵なシェフと会話しながら頂ける。(シェフ達は忙しいのでそれどこれではありませんが)、

嬉しい限りですね。

NYにいる方は、もちろんご存知のこのお店ですが、出来ればあと一週間ぐらいの間に行かれると、

いつも以上にいいかもしれませよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PizzArte

今日は寒いですね。

風が強くて、昼には吹雪いたりもしてました。

色々あって(大袈裟ですね)引き篭もり気味だったのですが、

今日は久しぶりに大好きな晶子さまとランチをする事に。

話過ぎて、頼んだ物の写真を撮るのを忘れてしまったので、外観だけなんですが、
Img_23071

行ったお店はPizzArte

このあたりでちょっとしたPizza屋さんを探すのって大変なんですよね。

近辺だとSerafinaってのもありますが、ここの場所がちょっとした思い出がある所なので、

あえて二人して行ってきました。

この場所に昔Maristellaってイタリアンレストランがあって、

同じ職場にいた頃に、とっても、とってもお世話になったお店だったんです。

オーナーもいい人で、スタッフも本当によくしてくれて、シェフも素晴らしいお仕事されてました。

もう今から20年ぐらい前でしょうかね。

2000年ぐらいに閉店してしまい、スタッフはばらばらになってしまってのですが、

ウェイターだった人に偶然地下鉄で会い、みんなの近況を聞いたのが2005年ぐらいでした。

あの頃っていうと、まだまだ若くてNYも大変に危険だった頃の話です。

今みたいに、イーストハーレムに日本人の女の子が一人で夜に地下鉄のって帰れるような時代ではありません。

その当時は、NYも不景気でどこのレストランも苦戦してる中、ここのMaristellaだけはいつも繁盛してたんです。

本当に美味しかったんですよ。ボンゴレなんかもう絶品。

何かっていうと通ってたお店でした。

その場所に新しく出来たお店がまた評判がいいのですよ。

そういうことなら行かないわけにはいきませんよね。

Pizza屋さんなのですが、ちゃんとしたレストランなので、雰囲気はいいですよ。

ミッドタウンって、お客様をお連れ出来るPizza屋ってあんまりないのですよ。

それこそ前出のSerafinaぐらいです。

ここはお薦めですよ。今回頼んだのは、マルゲリータとトリュフのピザ。

サイズは、どちらかというと小さめなので、二人の場合、ピザだけ2枚か、

他の物を頼んでピザ一枚かって感じです。

我らは食いしん坊なので、たくさん注文しましたが、

スタッフに聞くと色々教えてくれますから、食べたい物を相談してもいいと思います。

ランチタイムは結構混んでますんで、出来れば予約したほうがいいと思います。

で、その美味しいランチをしながら、お互いの近況報告です。

もちろんランチタイムだけで終わるはずもなく、消化不良のような感じで終わってしまいましたが、

それでも、お互いの事をしゃべりまくり、結構すっきりしたような感じでした。

友達って、本当に、本当に有難い存在です。

特に晶子さまは、女性の代表のような(おばちゃん代表ですが・・・)人なので、

とっても分りやすく話し聞かせてくれます。

お嬢吉三の台詞ではないですが、”落ちた夜鷹は厄落とし”って、

別に夜鷹に関することではないですが、西の海より川の中って感じですね。

最後の台詞は「こいつぁ春から、縁起がいいわへ」ってなるんです。

仲良くしてくれる友達がいることに、心からの感謝の気持ちを持つ、

何でもない普通のランチタイムのはずが、ノスタルジックとリアライズの午後になりました。

これまでも何度も言ってきたんですが、本当に女性に助けられてます。

ホント女性って偉大ですね。勿論、男の友達にも助けられてますよ。

友達みんなになんですが、男じゃ分らないことを教えてくれるのが女子の友達で、

男にしかわからないことは男子の友達ですよね。

なんか、みなさんが知ってることをしつこいぐらいに言ってるだけのようなのですが、

また改めてそうおもうことを表現しておかないといけないと思ってる次第なんです。

晶子さまとはみっちり一時間半、ヤスとは電話で2時間。

こんなこと滅多にないんですけどね。

こんなに色んなことを考えてるのに、この人達がいたら一人でも暮らしていけるって確信してしまったんですよね。

こういう意味があった出来事だったのでしょうかね。

そうだといいのですがね。いや、そういうことにしておきたいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

饗屋 Kyoya

ついに冬がやってきましたね。

昨日の夜なんか、寒くて外歩くの嫌になりましたよ。

せっかく楽しく気持ちよく酔ってお店を出ても、すぐに酔いが醒めてしまうぐらいです。

今朝も朝ごはんを買いに出かけてみましたが、真冬並みの寒さです。

もう外には出たくなくなりました。今年の活動終了っていうぐらいの気分です。


昨日、日本から仕事で訪れてる友人と久しぶりに会い、

二人で仲良くセントラルパークをお話しながらゆっくりと走りました。

いつもゼェゼェいいながら走ってるのですが、ゆっくりと話ながらっていうのもたまにはいいものですね。

しかも、久しぶりに会う友人と懐かしい話とか、近況を話しながら走るって、

何ともいえず楽しい時間になりました。一人で走ってる時と違う景色に見えるのが不思議です。

そんでその友人とそのまま別れるのも惜しいねってことで、

その友人の夕方からの予定を待って合流することになりました。

イーストビレッジ界隈でふらふらしてたら、そう言えば饗屋の園さんはお元気ですかね?って話になり、

それじゃお邪魔しちゃおうってことで、饗屋さんに電話すると仲良しのYukoさんが気持ちよく対応してくれて、

何とか席を用意してくれました。しかも園さんの前で。

Img_22281
貫禄ありますよね。親分!

ここんとこ行ってもお目にかかれなかった園さんです。

夕べもかなり忙しそうで、挨拶もそこそこに、ずっとずっと下を見続けで、しばらく顔を上げることがないぐらい、

大忙しの店内でした。ほんと何を頂いても美味しいですもんね。忙しいはずですよ。

日本から久しぶりにNYに来た友人でさえも、懐かしくて味わいたくなる味、会いに行きたくなる場所って、

やっぱり素敵なお店の証のようなもんですね。

昨日も、美味しく頂きました。いつもありがとうございます。

最後ぐらいになって、ようやく落ち着いた園さんともゆっくりお話が出来、

とっても気持ちよく酔っ払い、いい再会の夜を過ごすことが出来ました。







最近、男同士の付き合いがたまらなく楽しく、ますます”GAY”疑惑がこくなりそうで怖いです(笑)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

お鮨

このところ、ずっと暖かい日が続いてますね。

今年は暖冬だと勘違いしてしまうぐらい、毎日暖かいですよね。

このままでは終わらないNYの冬ですが、今のところ走りやすくてモチベーションが保ててます。


このところ、お客様と一緒に色んなレストランに行く機会が多いのですが、

(基本的にいつもそうなんですが・・・)

昨晩はお鮨のリクエスト。しかもオペラ観劇後です。

もうそうなれば、お店は限られてしまいますよね。

お友達に色々聞いても、やはりお薦めは11時で終わってしまうようなところばかりで、

無理すればなんとかなるんだろうけど、単発じゃごり押しできないしってことで、

昨日はBleu Ribbon Sushiにおじゃましたました。

無理にお願いしなくても、夜中の2時まで営業してくれてるのはほんと有難い。

石さんのところも考えたんですが、今回のお客様は・・・ってことで、あえてのBlue Ribbon Sushiでした。

いつもだったら迷わず石さんのところなんですけどね。

あの時間にゆっくり座って、お鮨を食べれるって、NYならではですよ。

日本でも夜中の12時近くになって、ゆっくり座れるってところはなかなかないですよね。

生意気に味がどうのとか、サービスがどうのとか言う前に、

こうしてゆっくり食事を頂ける空間を提供してくれたことに、まずは感謝でした。

スタッフの皆様、すしシェフの方、とってもよくしてもらって大変に嬉しかったです。

ご一緒したお客様も喜んで頂けたみたいで、LASの支店にも行こうかとまで話されてました。

個人的に来週LASに出張なので、密かに行ってみようかと計画ちうです。

そんで、肝心のお味はといいますと、これまた美味しかったですよ。

数ヶ月前まで、玲子さんと共通のお知り合いの”まさるちゃん”(すみません。リンクがみつからず・・・)が働いてたとこなんです。

まさるさんんが辞めちゃった訳じゃなくて、ブルックリンのお店に移動してしまったんですが、

まさるさんがいたころもとっても美味しかったお店ですので、

そうそう簡単には変わろうはずもございやせん。とっても美味しく、おなか一杯頂きました。

最後には、ドライバーさんのお土産までも用意するぐらい、満足して頂いた様子です。

もちろん、わたくしも大満足。今朝になっても、まだお腹いっぱいです。

今日にでも、また行きたいなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Soba Totto

このところ、またしても更新してませんでした。すみません。

先日、偶然地下鉄で会ったYKEさんに、ブログの更新とお店に来て下さいって催促されてしまいました。

嬉しいことです。こんな私のようなものでも、そうやって声をかけてもらえるんですから、

頑張って更新もして、お店にもお伺い出来るようにしたいと思うこのごろでござります。

先週から、引き続きの風邪が長引いておりまして、

といいますか、ちょっと良くなったと思って走りにいってしまい、その夜からぶり返し。

もう若くはないんだから・・・と、痛感してしまいました。

そんな中、先日、古くからのお友達に誕生日をお祝いしてもらいました。

今年はFBの影響からか、たくさんの方からバースディーメッセージをもらい、本当に嬉しかったです。

毎年、誕生日に欠かさず連絡をくれるハワイのねーさんがいるのですが、
(そのねーさんの事、わたくしホント大好きなんですよね。とても信頼してる人なんです)

今年は、色々とご心配をかけてしまってると反省(?)してみたり、

いろんな国から連絡もらって、時代の凄さを実感したり、たくさんのメッセージに感謝していました。

で、その今回お祝いしてもらったお友達。もうかれこれ20年にもなる親友達です。

それこそ、人間扱いされていなかった、どうしようもないNY生活をしてた頃からの友達です。

そんな腐った縁の仲間はたくさんいるのですが、今回のメンバーは、一人はとあるレストランのマネージャー、

一人はUSPSで働くスーパーウーマン、一人はドSな女社長という面子です。

集まった場所は、これまた腐った縁がある奴が働くSoba Totto

料理長の小谷さんは、我々と違ってとても真っ直ぐで、熱い志をもつ、

我らなんか正視できないようなキラキラした人ですから、そんな縁が訳があるはずがなく、

関わり合いのあるのはずんぐりとしたおっさんなんですが、とても気の良い奴がいるお店。

わたくし個人的にはとっても大好きなお店です。

というのも、とにかく蕎麦が好きな私にとっては、小谷さんが打つ蕎麦はたまらなく美味しいのですよ。

もちろん、つまみを作るのは我らがG!(名前を出していいものかどうか・・・?本人の許可とかではなくて、社会に迷惑がかからないかと・・・)

お酒を飲みながらお蕎麦を頂くってのは、私にとって至福の時。

熱燗なんかで喉を熱くして、そこに冷たい蕎麦を流し込む。(日本じゃなくても、そんなことが出来るNYって凄いですよね)

でもそれだけじゃなんか物足りないから、ちょっとつまみが欲しいな・・・という時に、

塩辛、焼き魚、煮物、焼き鳥、Gが作るつみまはどれも絶品です。

そんな美味しい食事を頂きながら、4人でのアホ話。

それぞれが違ったフィールドで働いているんですが、やっぱり感じてることはみんな同じなんですよね。

同じような悩みを抱え、同じような目標をもち、それぞれが日々努力して、前に進もうとしてるんです。

私の誕生日という理由で集まりましたが、みんなが何かを欲しかったんだと思います。

一月に一度はみんなで会おうと約束をするぐらいですから、

やっぱり普段言えない、言わない、言いたくないことを、話せる仲間が必要なんだと、

よ~~~~~く分かりました。長く知ってるのに、昔の話を殆どしない不思議なこの仲間達。

私にとっては、大切な仲間です。貴重な時間です。

伺ったお店も、小谷さんが作り出す料理の数々、それに華を添えるGの技、素敵なスタッフ、

こんだけ揃ったら、居心地がいいのは当たり前ですよね。(お隣のYKEさん、今度絶対行きます)

NY在住の方なら、もう当然ご存知のお店だと思いますが、

いつでも安心して行ける和食屋さんとして、絶対お薦めに登録して欲しいところです。

またしても写真を撮るのを忘れてしまったと後悔すると同時に、

スタッフのAちゃんと写真を撮りたかった・・・って言う変態気質はまだ失われてない事を、

改めて気付かされるのも嬉しいことでした。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

饗屋(2)

今月は、本当に有難いことに自分の時間がとれないぐらい働いてました。

本当に、ものすごく有難いですね。

忙しい事が嫌になる人もたくさんいると思うのですが、私の場合、忙しいことが嬉しくて仕方ないんですよ。

いつまでも続くものではないのは分かってるのですが、ついついこのまま続くものと思ってしまいますよね。

現実はそんなに甘くない。来月は、ひたすら営業しないといけません。(笑)




昨日、ふたたび饗屋さんに伺いました。

ホストもゲストも大変なお気にいりようで、ゲストが和食がいいと言えば、

必ず饗屋さんにリクエストがあがります。

昨日も、運よく予約がとれて、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

本当に、とっても美味しいんですよね。

NYにしては・・・っていうのではなくて、日本から来てる方にも喜んでもらえる、

本当に素晴らしい和食なんですよね。

園さん、ありがとうございます。こういうお店がNYにあってくれて、ほんとによかったなぁ・・・




| | コメント (0) | トラックバック (0)

饗屋

秋ですね。

急に寒くなった感じですが、もう10月も下旬ですもんね。

走るのにちょうどいい感じの季節になりました。

今年はマラソンに出れないので(怪我でトレーニングが出来てない為)、かなり寂しい季節でもありますが、

知り合いが出場する予定なので、今年は一生懸命応援したいと思います。

これまでたくさん応援してもらいましたからね。本当にあの嬉しさったらありゃしない。

少しでも元気になってもらえるように、色々と用意しておこうと思います。



先日、久しぶりに、とっても久しぶりに饗屋さんに伺いました。

行こうと思っても予約がとれなかったりと、タイミングが合わなかったのですが、

今回はうまいこと予約もとれて伺うことが出来ました。

電話した時には園さんがいらっしゃるってお聞きしてたのですが、

ちょうどお休みだったみたいでお目にかかることは出来なかったのですが、

色々とよくして頂いて大変に感謝です。

お連れした方々も大変に喜んで頂いて、やっぱり饗屋さんは間違いない!と改めて思うのでした。

その時にご招待した方がとの出会いもとっても素敵なものとなり、

あまりの楽しさに長々と居座ったのにも関わらず、

スタッフの方々は嫌な顔せず頂いて、本当にありがとうございました。

ほんと美味しかったなぁ・・・

何食べても美味しいんですよ。

茶碗蒸し、銀だら、さんま、炊き込みご飯、焼きなす、ほんと何でもです。

絶対お薦め。というかこちらに住んでるかたは既に知ってますよね。

でも改めての紹介でした。

園さん、ありがとうございました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧